ペプシとコカ・コーラの違いは?味・カロリー・成分・人気度など比較!

ペプシとコーラの違いを知っていますか?みなさんはどっちが好きですか?今回は、ペプシとコーラの<カロリー・カフェイン・糖質>などの成分や、<発売元の会社・売上シェア・販売開始はどちらが先か>などの違いを比較して紹介します。ペプシとコーラの味の違いも口コミを元に紹介するので参考にしてみてくださいね。

目次

  1. ペプシとコーラの違いって何?どっちが人気?
  2. ペプシとコーラでどっちが好きと聞いたところ…
  3. ペプシとコーラの違い|カロリー・糖質・カフェインなどの成分を比較!
  4. ペプシとコーラの違い|会社や売上シェアなどを比較!
  5. ペプシとコーラの違いは?味の違いを比較!【口コミ調査】
  6. ペプシとコーラの違いを楽しもう!

ペプシとコーラの違いって何?どっちが人気?

出典:https://ameblo.jp/oggi2016/entry-12285238156.html

コーラは様々なメーカーが販売していますが、そのなかでも特に人気なのがペプシコーラとコカ・コーラです。いずれも似たような炭酸飲料ですが、ペプシとコーラはどのような違いがあり、どちらが人気なのでしょうか。ここでは、ペプシとコーラの人気度について紹介します。

ペプシとコーラでどっちが好きと聞いたところ…

Jタウンネットが全国の読者を対象に、ペプシとコーラのどちらが好きかアンケートを取ったところ、6割以上がコーラが好きと回答した結果が出ています。ペプシのほうが好きと回答した読者が多かったのは、愛知県以西の奈良県、大阪府などの5か所のみです。

1980年から1990年代には、ペプシとコーラの各メーカーによって、コーラ戦争と呼ばれるマーケティング競争が行われました。1980年代ではペプシがコーラのシェアを抜き、コーラが苦戦を強いられます。日本では1957年にコーラ戦争が始まり、1965年に缶入りのコーラを先行発売したコーラが長年高いシェア率を占めていました。

過去には、ペプシの売上を伸ばす目的として、アメリカと日本においてペプシチャレンジと称したキャンペーンが行われました。これは、商品名を伏せて参加者にペプシとコーラの飲み比べを行い、どちらが美味しいかを選ばせるといった内容です。その結果、コーラ派を含む多くの人がペプシを選択し、会場のテキサス州ではペプシの売上が伸びたと言われています。

ペプシとコーラの違い|カロリー・糖質・カフェインなどの成分を比較!

100mlあたり カロリー 炭水化物(糖質) カフェイン
ペプシコーラ 48kcal 11.9g 約10mg未満
コカ・コーラ 45kcal 11.3g 約10mg

ペプシとコーラの原材料は、以下の通りです。

【ペプシ】
・糖類
・炭酸
・香料
・酸味料
・カラメル色素
・カフェイン

【コーラ】
・糖類
・炭酸
・カラメル色素
・酸味料
・香料
・カフェイン

上記は、ペプシとコーラの原材料を配合量の多い順に記載しています。どちらも同じ原材料で作られていますが、配合量が異なるため、カロリーや糖質、風味などに若干の違いがあります。カフェイン量はほぼ同じですが、500mlのペットボトルのペプシやコーラを飲むと50mgものカフェインを摂取することになるため、妊婦は飲むのを控えたほうがよいでしょう。

両者の原材料に含まれるカラメル色素とは、食品を茶色く色付けするための食品用の着色料のことを指します。コーラの方がカラメル色素が多いため、ペプシと比較すると見た目の色が濃いのが特徴です。カラメル色素にはがんの原因に繋がる見解もあるので、飲み過ぎには注意が必要です。

原材料の酸味料においては、コーラにはリン酸が、ペプシにはリン酸とクエン酸が配合されています。ペプシに使われているクエン酸は、レモンのような柑橘類に含まれている成分のため、コーラにはない爽やかでフルーティな味わいが楽しめます。

ペプシとコーラの違い|会社や売上シェアなどを比較!

ペプシコーラ コカ・コーラ
製造元 ペプシコ社 ザ コカ・コーラ カンパニー
販売開始 1893年 1886年
売上高 646億ドル 318億ドル

上記の売上高は、ペプシコ社とザ コカ・コーラ カンパニーの総売上高を示したものです。なお、ペプシとコーラの売上数は不明のため、どちらの売れ行きが良いのかは明確になっていません。ペプシとコーラはどっちが先に誕生したか知らない人も多いですが、実際はコーラのほうがペプシよりも7年早く発売を開始しています。

コーラはアメリカの大手清涼飲料水メーカーであるザ コカ・コーラ カンパニーが手掛けるドリンクで、日本での製造元は日本コカ・コーラです。ペプシはアメリカの食品や飲料を製造するペプシコ社の商品で、日本においてはサントリーフーズが製造および販売を行っています。

ペプシの原型は、1894年に薬剤師によって売り出された消化不良の薬です。この薬にはペプシンと呼ばれる酵素が含まれていたことから、1898年にペプシコーラに改名されました。コーラは、1880年に薬剤師がコカインを含むコカの葉とコーラの実で作られた飲み物から開発されたものですが、1903年以降はコカインやコーラの実を除去して製造されています。

ペプシとコーラの違いは?味の違いを比較!【口コミ調査】

ペプシとコーラの味わいは、どのような違いがあるのでしょうか。Twitterでは、ペプシとコーラの味の違いについて以下のような意見が寄せられています。

・コーラのほうが炭酸が強い
・ペプシのほうが甘味や香りが強い
・ペプシの香りが苦手


ペプシとコーラを飲み比べた人によると、ペプシよりもコーラの方が炭酸が強くキレのある味わいで、辛味を感じることがあると発言していました。これに対して、ペプシはコーラと比較すると炭酸の量が若干少なく、自然な甘味が強いのが特徴です。そのため、辛味や刺激的な風味が好きな人はコーラ、辛味が苦手な人はペプシを選ぶのがおすすめです。

柑橘系の香りをもつペプシについて、清々しい風味で美味しいと感じる人が多い一方で、保存料や着色料のような薬品に似た味わいを感じると発言する人もいます。また、ペプシを飲んだ後に爽快感が得られて体調がよくなったといった意見も見られました。

コーラに慣れ親しんだ人にとっては、ペプシの味に違和感を覚えるため受け付けられないことがあるそうです。一部のコーラ派の人のなかには、ペットボトルで買うならペプシを選ぶといったこだわりを持つ人もいました。

ペプシとコーラの違いを楽しもう!

ペプシとコーラはよく似ていますが、味や香り、炭酸の強さなど様々な点において違いがあります。甘口が好きで柑橘類のような爽やかな香りを楽しみたい人はペプシを、辛味の強い刺激的な味わいを好む人はペプシを選ぶのがおすすめです。普段ペプシかコーラばかり飲んでいる人も、両者を飲み比べて味の違いを楽しんでみましょう。

関連する記事