鎌倉時代の食事内容・回数は?貴族・庶民で違う?再現レシピも画像で紹介!

鎌倉時代の食事を知っていますか?平安時代からの変化はあったのでしょうか?今回は、鎌倉時代の食事内容・回数を〈貴族・武士・庶民&農民〉別に紹介します。加えて、鎌倉時代の食事の再現レシピも紹介するので参考にしてみてくださいね。

目次

  1. 鎌倉時代の食事の特色は?平安時代からの変化はあった?
  2. ①醤油のもととなる溜が誕生した
  3. ②農業技術が発展し二毛作が可能になった
  4. ③屯食が登場した
  5. ④平安時代から引き続き米が権力の象徴だった
  6. ⑤末期には武士や貴族を中心に赤飯の風習が始まった
  7. 鎌倉時代の食事内容・回数【武士】
  8. 食事回数は朝夕の1日2回が基本
  9. 主食は玄米で肉・野菜を副食で摂り入れた
  10. 鎌倉時代の食事・回数【貴族】
  11. 食事回数は朝夕の1日2回が基本
  12. 白米が主食で品数が多く保存食が中心だった
  13. 鎌倉時代の食事内容・回数【庶民・農民】
  14. 食事回数は朝夕の1日2回が基本
  15. 蒸した玄米・固粥が主食だった
  16. 鎌倉時代の食事の再現レシピを紹介!
  17. ①冷汁うどん
  18. ②醤
  19. ③鯛の昆布締め
  20. 鎌倉時代の食事を再現してみよう

鎌倉時代の食事の特色は?平安時代からの変化はあった?

歴史の長い平安時代から時代が下り、武士が力をつけると鎌倉時代に移行していきます。歴史の中でも力強い印象のある鎌倉時代の食事は、平安時代からどのような変化があったでしょうか。まずは鎌倉時代になってからの当時の食事の変化を見てみましょう。

①醤油のもととなる溜が誕生した

鎌倉時代になると、醤油のもととなる溜(たまり)が登場しました。溜とは味噌を作るときに底の部分に溜まる醤油のようなもののことで偶然、信州で味噌作りを僧侶が教えていたときに発見されたようです。鎌倉時代の食事は平安時代からの伝統的な食事が多く、食材の味付けに調味料は使われずにお膳の中に塩や醤が別に盛り付けられて提供されていました。

現代で使われている醤油も、その後の歴史の室町時代に入ってから作られ、各地方で確立していきます。

②農業技術が発展し二毛作が可能になった

鎌倉時代になると農業技術が発展し、二毛作が可能になります。以下の農業設備によって、作物が効率的な作業ができるようになりました。

・くわ
・すき
・灌漑設備
・こえ
・水車


こえとは牛や馬の糞を発酵させ肥料にしたもので、使用を開始したことで作物の質や量が大幅に向上しました。当時の武士は基本的に武士という役職ではなく、普段は農民として田んぼや畑を耕しており、出来上がった作物は年貢として納めます。自分の取り分を少しでも多くするために、さまざまな工夫を凝らして農業を行っていたことがわかります。

③屯食が登場した

鎌倉時代には屯食(とんじき・とんしょく)と呼ばれる食べ物も登場しました。当時は戦が多く、携帯食が登場した時代でもあります。屯食はおにぎりの原型ともなる食べ物ですが、握って焼いた玄米を竹の皮で包んで持ち歩いていました。

また玄米をそのまま持ち歩き、布に包んで濡らしてから土に埋めてその上で焚き火をすることで、玄米が炊き上がるという調理法も行っていたようです。

④平安時代から引き続き米が権力の象徴だった

日本の歴史の中で切り離せない食材の米ですが、鎌倉時代に入ってからも米は変わらず権力の象徴でした。平安時代までは、田んぼの土地の所有者である公家や貴族たちが権力をにぎっていましたが、鎌倉時代になると土地を守る者が力をつけ、土地を奪い合う形となっていきました。

⑤末期には武士や貴族を中心に赤飯の風習が始まった

鎌倉時代の末期になると、武士や貴族の間で赤飯の風習が広まります。赤飯はすでに平安時代からあり、枕草子の中でも登場していますが、当時の赤飯は小豆粥と呼ばれるもので現代の赤飯とは大きく違ったものでした。鎌倉時代後期から室町時代にかけては、製鉄技術の向上によって蒸したご飯から炊いたご飯へ炊飯の方法が変化していきます。

さらに精米技術が向上したため、武士の間でも玄米から白米を食べる習慣へと変化したことや農耕技術の向上から、赤飯を武士の間でも食べられるようになりました。赤飯は現代でもおめでたい席で食べられますが、赤は日本では古代から魔除けの意味を持っています。当時は乳幼児の死亡率が高く、元気に産まれたことへのお祝いとして用いられるようになりました。

(*平安時代の食事について詳しく知りたい方はこちらの記事を読んでみてください。)

平安時代の食事内容・回数は?貴族・庶民で違う?再現レシピも画像で紹介!

鎌倉時代の食事内容・回数【武士】

出典:http://www7a.biglobe.ne.jp/~gakusyuu/rekisi/busikurasi.htm

貴族に比べて力仕事や戦に赴くことの多い武士ですが、当時の食事はどのようなものだったでしょうか。ここでは当時の武士の食事について、具体的に説明します。後ほど紹介する貴族や庶民との食事と比べながら、参考にしてみてください。

食事回数は朝夕の1日2回が基本

鎌倉時代の武士の食事の回数は朝と夕方の2回が基本で、これは平安時代以前から変わりなく続きます。しかし、当時は戦が多く、体力を消耗するため1日5食とることもあったようです。いざ鎌倉と言うように、戦などの緊急時になると保存食が多いに活躍し、当時貴重だった味噌は手早くお湯に溶けて味噌汁になるため重宝されていました。

戦のときの武士の食事のカロリーは3000kcalとなり、現在の男性の摂取カロリーの2300kcalと比べるとかなりの量を食べていたことになります。

主食は玄米で肉・野菜を副食で摂り入れた

鎌倉時代の武士の食事は基本的には質素で、戦で食べるのものがない状況になっても、困らないようにしていました。画像では品数が多くありますが、一汁一菜のときもあったようです。武士の主食は玄米で、白米を貴族から下の身分が食べられるようになるのは室町時代からです。

基本的に食材に味付けをすることはなく、塩や梅干しなど塩気の強い食べ物と一緒に食べることで調味しており、食材に調味料を混ぜて調理するのも室町時代からでした。平安時代からの違いとしては副菜に肉を取り入れていたことで、訓練でイノシシやクマを捕まえたものを食べていたようです。

鎌倉時代の食事・回数【貴族】

出典:http://www.tamagawa.ac.jp/SISETU/kyouken/kamakura/otayori2.html

貴族の時代だった平安時代から時代が下り鎌倉時代に入ると、貴族の食事はどう変わったでしょうか。歴史の中でも鎌倉時代では貴族の活躍はあまり目立ちませんが、マナーや決まりが多くある貴族の食事の回数や内容を見てみましょう。

食事回数は朝夕の1日2回が基本

鎌倉時代の貴族の食事は1日2回が基本で、平安時代から変化はありません。貴族から庶民まで1日3食になるのは鎌倉時代よりも歴史が下った室町時代になってからで、二毛作が発達した鎌倉時代であっても、身分に関係なく基本的には1日2食だったようです。

白米が主食で品数が多く保存食が中心だった

鎌倉時代では農耕技術は発達したものの、白米を食べられたのは貴族だけでした。このころになると固飯から変わり、現在のご飯と同じような調理法で炊いた姫飯(ひめいい)と呼ばれるご飯を貴族は食べていました。貴族の食事は他の身分と比べて品数が多く食材も豪華ではあったものの、保存食が中心で塩漬けした食材が良く使われていました。

形式や伝統も多く、動かないため、不健康で食べ物に困っていなくても平均年齢は40~50歳で、栄養バランスの取れた食事をとっている武士よりも寿命は短かったようです。仏教の影響力は鎌倉時代に入ってからも貴族の間では強く、肉食は禁じられており食べないものの、武士が食べるのを見て時々こっそり食べていたこともあったようです。

鎌倉時代の食事内容・回数【庶民・農民】

出典:https://livedoor.blogimg.jp/kamereon1129/imgs/4/1/41a60009.jpg

鎌倉時代の庶民や農民の食事を紹介します。武士や貴族と比べ、歴史の流れの中でもゆっくりと変化していく庶民の暮らしはどのようなものだったでしょうか。他の身分との食事内容の違いについても、比較してみましょう。

食事回数は朝夕の1日2回が基本

庶民の食事回数も他の身分と同じように1日2回が基本でしたが、農業の繁忙期の頃は3回食べることもあったようです。この時代の身分はあまりはっきりしない点もあり、農民であっても武士になることもあるため一概には農民や庶民と言えず、記録にもほとんど残っていません。

蒸した玄米・固粥が主食だった

農耕技術が発達し、二毛作ができるようになったものの、米は年貢として納めることになるため庶民や農民が米を食べることはほとんどできませんでした。麦や粟、稗などを少ない米に混ぜて増やして食べていたようです。調理方法も貴族とは違って平安時代以前から変わらず蒸した玄米を食べており、使っている道具も鉄器ではなく土器を使っていました。

庶民の間で鉄器を使うようになるのは、製鉄技術が発達し庶民も姫飯を食べるようになる室町時代に入ってからです。地域によって変わるものの、食材は魚や野菜のほか山菜や木の実も食事に使われ、他にもイノシシやクマなどの野生の動物の肉も食材として食べられていたようです。

鎌倉時代の食事の再現レシピを紹介!

鎌倉時代の食事の再現レシピをいくつか紹介します。華やかだった平安時代に比べるとかなり質素な鎌倉時代ですが、現代とそれほど変わらない食事で身近に感じられるかもしれません。栄養バランスも良いため、普段の食事に取り入れてみるのも良いでしょう。

①冷汁うどん

出典:https://cookpad.com/recipe/1896082

冷汁は埼玉県の郷土料理で、鎌倉時代に僧侶によって広められました。質素ですが味わい深く、暑い夏にはさっぱりと食べられます。調味料を混ぜて冷蔵庫で保存しておけば手早く作れるので、食欲のないときにはおすすめです。

埼玉の郷土食!冷汁うどん~ひやしると発音 by ままともや 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが361万品

②醤

出典:https://cookpad.com/recipe/4875776

醤は鎌倉時代に塩と同じように料理やご飯にかけて食べられていました。発酵食品であるため腸内環境を整えてくれるので、健康食品として毎日食べるのもおすすめです。

発酵調味 醤ひしお by ひっしーくん 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが361万品

③鯛の昆布締め

出典:https://www.sirogohan.com/recipe/kobujime/

鯛の刺身が手に入ったら、鎌倉時代に作られた昆布締めを再現してみましょう。昆布締めは鯛の保存をしやすくするためと、旨味を加えてより美味しくするという二つの目的から作られました。現代なら冷蔵庫があり簡単に作れるので、ぜひ挑戦してみてください。

鯛の昆布締めのレシピ/作り方:白ごはん.com

鎌倉時代の食事を再現してみよう

歴史の中でも鎌倉時代は華やかな平安時代や室町時代に挟まれているため、あまり目立った印象はないかもしれません。しかし、当時の農業や食材に対する工夫が、現代の和食につながっていることがわかります。室町時代の食事も興味深いので以下の記事を読んでみることをおすすめします。

(*室町時代の食事について詳しく知りたい方はこちらの記事を読んでみてください。)

室町時代の食事内容・回数は?庶民・武士で違う?再現レシピも画像で紹介!

関連する記事