数の子の塩抜きで失敗した時の対処法|苦い・しょっぱい場合別で紹介!

数の子の塩抜きに失敗した時の対処法を知っていますか?今回は、数の子の塩抜きに失敗する原因や、苦味を抜くなど対処法を、失敗しないポイントとともに紹介します。数の子の塩抜きで失敗しない正しい方法やリメイクレシピも紹介するので参考にしてみてくださいね。

目次

  1. 数の子の塩抜きで失敗する原因は?
  2. ①真水だけで塩抜きをした
  3. ②塩水を交換しないで塩抜きした
  4. ③数の子の塩を抜きすぎている
  5. 数の子の塩抜きに失敗したら?対処法は?
  6. ①数の子の苦味が強い場合
  7. ②塩を抜きすぎた場合
  8. 数の子の塩抜きで失敗しないポイントは?
  9. ①呼び塩で早く塩を抜く
  10. ②塩抜き加減を確認してから皮をむく
  11. ③濃いめ味付けにする
  12. ④米の研ぎ汁を使う手もある
  13. 数の子の塩抜きで失敗しない正しい方法を紹介!
  14. ①数の子の塩抜き方法【基本】
  15. ②数の子の塩抜き方法【時短】
  16. 数の子の薄皮の上手なむき方も知っておこう
  17. 数の子の塩抜きに失敗した場合のリメイクレシピは?
  18. ①数の子とキムチのマヨネーズ和え
  19. ②数の子の炊き込みご飯
  20. ③数の子入り京人参と水菜の炒め煮
  21. 数の子の塩抜きで失敗するのを防ごう

数の子の塩抜きで失敗する原因は?

お節料理には欠かせない数の子ですが、調味されていないものは塩抜きしてから味付けしなければなりません。しかし数の子の塩抜きに失敗するとしょっぱい、あるいは苦味を感じてしまいます。ここでは、数の子の塩抜きに失敗する原因について説明します。

①真水だけで塩抜きをした

数の子を真水だけで塩抜きすると、失敗しやすいので注意が必要です。真水を使うと塩水より塩抜きする時間は短縮できますが、塩分が抜けすぎて数の子の苦味が強まります。また表面の塩分は抜けても、中身がしょっぱいままになることも多いので、塩水で塩抜きすることをおすすめします。

②塩水を交換しないで塩抜きした

塩水を交換しないで数の子の塩抜きすることも、失敗の原因の1つです。なぜ塩水の交換が必要かというと、塩抜きの過程で数の子から塩が抜けて塩分濃度が増してしまうからです。塩水が一定の塩分濃度になると、いくら浸けていても数の子からは塩抜きされなくなります。

塩水の交換は6~8時間置いてからになりますが、この間は冷蔵庫で保存するのが基本です。同じ塩水に入れっぱなしにしておくと、塩が抜けずに数の子はしょっぱいままになるので必ず交換しましょう。

③数の子の塩を抜きすぎている

塩抜きした数の子に苦味を感じる場合は、塩を抜きすぎたことが原因です。数の子にはアミノ酸や塩化マグネシウムなど、苦味の成分が含まれています。その苦味を抑えるために、塩味をつけているのです。数の子を食べた時にしょっぱいと感じる程度にしないと、苦味を感じやすくなるので気をつけましょう。

数の子の塩抜きに失敗したら?対処法は?

数の子は決して安い食材ではないので、塩抜きに失敗したからといって処分するのは惜しいです。しかしそのままではしょっぱい、あるいは苦味を感じて食べにくいでしょう。ここでは、数の子の塩抜きに失敗した際の対処方法を説明します。

①数の子の苦味が強い場合

数の子の苦味が強い場合の対処方法は、以下の通りです。

①水500mlに大さじ1杯の食塩を入れて塩水を作る
②数の子を入れ1時間程度浸けておく
③塩水を捨てる
④①より塩分濃度が薄い塩水に③の数の子を浸ける


塩分濃度の異なる塩水に浸けることで、数の子から適度に塩が抜けます。苦味を抜くために塩水に浸ける場合も、蓋つき保存容器などに入れて冷蔵庫保存が原則です。また短時間で数の子の苦味を抜きたい時には、40℃くらいのぬるま湯で塩水を作るのもおすすめです。しかし水ではなくぬるま湯を使うと風味は若干落ちてしまうので、味が優先の方は避けましょう。

②塩を抜きすぎた場合

数の子の塩を抜きすぎた場合の対処方法は、以下の通りです。

①最初に塩抜きした3倍の濃さの塩水を作る
②数の子を入れて、1時間ほど浸ける


塩分濃度の高い塩水に数の子を浸けておくことで、抜けすぎた塩味が戻ってきます。浸けすぎるとしょっぱい数の子に戻ってしまうので、途中で味見をしながらほどよい味わいのところで取り出すとよいでしょう。また多少薄味に感じても、その後の調理で美味しく仕上げることも可能です。

数の子の塩抜きで失敗しないポイントは?

数の子の塩抜きで失敗しないためには、守るべきコツがいくつかあります。手順を守って数の子を塩抜きすることで、苦味やしょっぱい味になるのとは無縁にできるのです。ここでは、数の子の塩抜きで失敗した炒めのポイントを紹介します。

①呼び塩で早く塩を抜く

数の子に呼び塩をすることで、早く塩を抜くと失敗しにくくなります。塩分濃度が1~2%の塩水に数の子を浸けるとアミノ酸が分解されないので、苦味が出にくくなるのです。また塩水に数の子を入れることで、手早く均一に塩分が抜けることもメリットといえるでしょう。

②塩抜き加減を確認してから皮をむく

数の子の塩抜きは時間で行うのではなく、何度か味見をして塩加減を確認してから薄皮をむくようにしましょう。塩抜きが終わる前に薄皮をむこうとしても、はがれにくく表面がボソボソになってしまいます。また塩分が抜けすぎた数の子は身が崩れやすくなるので、型崩れを避けるためにも注意が必要です。

③濃いめ味付けにする

ポイントを守っても数の子の塩抜きに失敗した時には、濃いめの味付けに仕上げるのも方法の1つです。数の子はだし汁と薄口醤油で上品に仕上げることが多いですが、濃いめに味付けることで苦味を感じにくく、食感も気にならなくなります。また味付けした数の子に、乾煎りしたかつおぶしをのせても旨味が加わって美味しいです。

④米の研ぎ汁を使う手もある

数の子の塩抜き方法に、米の研ぎ汁を使うものもあります。米の研ぎ汁はたけのこのあく抜きに使われるものでもあり、含まれているぬかが数の子に含まれる苦味成分を吸着してくれるようです。しかし数の子の塩抜きに米の研ぎ汁を使う場合も、塩分濃度が1~2%になるように塩を加えることをおすすめします。

数の子の塩抜きで失敗しない正しい方法を紹介!

数の子の塩抜きに失敗したくないなら、基本の手順を守って行うことが大切です。短時間で塩抜きするのではなく、一晩かけてじっくり行うと失敗しにくいです。ここでは失敗しにくい、数の子の基本の塩抜き方法を紹介します。

①数の子の塩抜き方法【基本】

基本の数の子の塩抜き方法は、以下の通りです。

①水1リットルに小さじ1杯の塩を加えて塩水を作る
②数の子を入れて一晩浸す
③塩水を捨て同じ塩分濃度の塩水を作り再び数の子を入れる
④③を6~8時間ほど置く
⑤味見して数の子の塩加減がよければ出来上がり


数の子は蓋つきの保存容器に入れ、冷蔵庫に入れるとよいでしょう。年末に冬だからといって塩抜き中の数の子を部屋に置いておく人もいるようですが、冬でも冷蔵庫保存が基本です。暖房器具の使用の有無で、室温に寒暖差が起こる可能性があるからです。数の子を塩抜きする際には温度が安定しているのが望ましいので、冷蔵庫での保存を徹底しましょう。

また塩抜きした数の子は、冷蔵庫で1週間程度保存できます。ジッパー付き保存袋や蓋つきの密閉容器に入れてから、冷蔵庫で保存しましょう。

②数の子の塩抜き方法【時短】

時間をかけずに数の子の塩抜きをする方法は、以下の通りです。

①容器に40℃のぬるま湯1リットルと食塩小さじ1杯を入れて塩水を作る
②数の子を入れて1時間浸ける
③時間がきたら、②の数の子の薄皮を取り除く
④容器に常温の水を1リットル入れて、1時間浸ける
⑤④から前回取れなかった薄皮を取り外す
⑥再び容器に常温の水1リットルを入れ、再び1時間浸ける
⑦時間がきたら味をみて、塩加減がよければ出来上がり


数の子の塩抜きにぬるま湯を使う際には、40℃以上にならないようにするのがポイントです。高い温度のお湯に数の子を浸けてしまうと、薄皮を外した後で身が崩れやすくなるからです。途中で薄皮をはずそうとしてうまくいかない時は無理にむかずに一度常温の水に戻し、仕上げの際に再挑戦しましょう。

(*時間をかけずに数の子の塩抜きをする方法について詳しく知りたい方はこちらの記事を読んでみてください。)

数の子の塩抜きを時短できる簡単な方法は?味付けのコツも紹介!

数の子の薄皮の上手なむき方も知っておこう

数の子の薄皮の上手なむき方は、以下の通りです。

①数の子の丸い山型の方を上にする
②①の下から山側に向かって、指で皮を押し上げる
③反対側でも同じ作業を行う
④数の子の皮がトサカ状になったら、指で引っ張って取り除く


数の子には等間隔に、くし目と呼ばれる割れ目が入っているものです。このくし目にそって薄皮を引っ張ると、むきやすくなります。数の子の薄皮をむくタイミングは基本の方法でも時短のやり方でも、塩抜きが終わった後であることは共通しています。指だけで上手に薄皮がむけない時には、爪を活用しましょう。

数の子の塩抜きに失敗した場合のリメイクレシピは?

数の子の塩抜きに失敗してしまった時は、そのまま食べるのが難しいものです。しかし味付けが濃くなるリメイクレシピにすることで、美味しく食べることができます。ここでは数の子の塩抜きに失敗した時に試してほしい、リメイクレシピを紹介します。

①数の子とキムチのマヨネーズ和え

出典:https://cookpad.com/recipe/1682782

数の子の塩抜きに失敗した際には、濃い味のキムチを加えてマヨネーズ和えにしましょう。長ネギの千切りも加えているので風味がよく、ご飯のおかずにもお酒のおつまみにもなると人気のレシピです。しょっぱいあるいは苦い数の子も、辛みのある味付けで食べやすくなります。

おせちリメイク☆数の子のキムマヨ和え by ミマト 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが363万品

②数の子の炊き込みご飯

出典:https://recipe.rakuten.co.jp/recipe/1160022546/

おせち用に作った数の子の塩抜きに失敗した時には、昆布巻きやだて巻きなど他の材料と一緒に炊き込みご飯にすると美味しいです。材料を細かく刻んで研いだお米の上にのせ、ほんだしとめんつゆを加えて味付けして炊くだけと簡単に作れます。

おせちリメイク!炊き込みご飯☆ レシピ・作り方 by THANK YOU GOOD BYE♬|楽天レシピ

③数の子入り京人参と水菜の炒め煮

出典:https://cookpad.com/recipe/4280104

京人参と水菜を炒める際に失敗した数の子を入れて炒め煮にしても、美味しくリメイクできます。このレシピでは千切りにした京人参をごま油で炒め、数の子の漬け汁に砂糖と水を加えて味付けしていますが、めんつゆを使うと濃い味付けになります。

金時人参と水菜の炒め煮☆数の子リメイク by mot’z☆Lab 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが363万品

数の子の塩抜きで失敗するのを防ごう

数の子の塩抜きに失敗するとしょっぱい、あるいは苦味を感じるものですが対処方法はあります。しかし正しい方法で数の子を塩抜きすれば、そうした事態に陥ることもありません。数の子を美味しく食べるためにも適切な方法で塩抜きし、冷蔵庫で保存するよう意識してみてください。

関連する記事