ジンジャーシロップの日持ちは?長持ちする保存方法・作り方も紹介!

ジンジャーシロップ(生姜シロップ)の日持ち期間を知っていますか?自家製のジンジャーエールを長く日持ちさせたいですよね。今回は、手作りのジンジャーシロップの日持ち期間を<冷蔵保存・冷凍保存>別に紹介します。ジンジャーシロップの日持ちするレシピや、<作り方・保存方法>のポイントも紹介するので参考にしてみてくださいね。

目次

  1. ジンジャーシロップ(生姜シロップ)の日持ち期間はどのくらい?
  2. 自家製ジンジャーシロップの場合
  3. 市販製ジンジャーシロップの場合は商品ラベルの指示に従おう
  4. ジンジャーシロップの飲んではいけない状態は?腐るとどうなる?
  5. ジンジャーシロップがより日持ちする作り方・保存のポイントは?
  6. ①瓶は煮沸消毒する
  7. ②シロップを煮詰める
  8. ③常温で保存・放置しない
  9. ④シロップは清潔なスプーンで取り出す
  10. ⑤容器は密閉して開け閉めは最低限にする
  11. ⑥長期保存したい時は冷凍する
  12. ジンジャーシロップの日持ちする作り方・レシピを紹介!
  13. 材料
  14. 作り方・手順
  15. ジンジャーシロップを日持ち期間に注意

ジンジャーシロップ(生姜シロップ)の日持ち期間はどのくらい?

生姜と砂糖を煮詰めて作られた寒い時期に最適なジンジャーシロップは、生姜の成分で健康や美容に良いと注目を集めています。しかし生姜の量が多いこともあり、短期間では使い切るのが難しいかもしれません。今回は、ジンジャーシロップの日持ち期間はどのくらいなのか紹介するので参考にしてみてください。

自家製ジンジャーシロップの場合

自家製ジンジャーシロップの日持ち期間は、それぞれ以下の通りです。

【煮詰めて作った場合】
・冷蔵庫で1週間
・冷凍庫で1ヶ月

【煮詰めずに作った場合】
・冷蔵庫で2〜3日


自家製ジンジャーシロップを生姜と砂糖を煮詰めて手作りし、瓶などに密閉して保存した場合は冷蔵庫で1週間ほど保存が効きます。それ以上の時間をかけて食べたい場合には、冷凍で保存を行って、解凍しながら食べると良いでしょう。

また加熱せず、生姜や砂糖を漬けただけの状態のジンジャーシロップは、水分が多く腐りやすいので注意が必要です。冷蔵庫で保存し、長くても3日程度を目安に食べ切るようにしてください。

市販製ジンジャーシロップの場合は商品ラベルの指示に従おう

市販製生姜シロップの日持ち期間は、それぞれ以下の通りです。

【未開封の場合】
・約1年程度の賞味期限

【開封済みの場合】
・冷蔵庫で1ヶ月


手作りのジンジャーシロップと違い、ジンジャーエールなどに使用する市販の生姜シロップは未開封であれば1年程度日持ちします。水分量が少なく、生姜が十分に加熱されているため長期間の保存が可能です。これは目安なので、商品ラベルに記載されている賞味期限に従って確認すると良いでしょう。

開封後は、空気に触れることで劣化が進み、雑菌も繁殖しやすくなるので冷蔵庫で保存しましょう。生姜シロップを開封後、1ヶ月を目安になるべく早めに食べ切るのがおすすめです。詳細な開封後の保存方法は、商品ごとのラベルで確認することで、安全に美味しく最後まで食べ切ることができます。

ジンジャーシロップの飲んではいけない状態は?腐るとどうなる?

ジンジャーシロップの飲んではいけない状態は、以下の通りです。

・カビが生えている
・黒みがかったように変色している
・生姜の香りではなく腐ったような匂いがする
・生姜の辛味がなく酸味のある味がする

ジンジャーシロップの保存がうまくいかずに腐ってしまうと、見た目や匂い、味で大きな違いが見られます。見た目では、カビが繁殖しているのがわかりやすく、白カビや黒カビなどが保存瓶の中でみられる場合は食べるのをやめておきましょう。通常の匂いでは、生姜の爽やかな香りがしますが、生姜ではなく腐敗臭がする場合は劣化しているので危険です。

見た目や匂いで判断できず、口に入れて酸味がある場合や生姜の食感がおかしい場合も、腐っている可能性が高いので食べるのを中断してください。

ジンジャーシロップがより日持ちする作り方・保存のポイントは?

生姜と砂糖を煮詰めて作ったジンジャーシロップが日持ちせず、腐ってしまうのは避けたいでしょう。ここでは、ジンジャーシロップがより日持ちする作り方や保存のポイントについて紹介するので参考にしてみてください。

①瓶は煮沸消毒する

ジンジャーシロップを保存する時に、密閉できる瓶は優れていますが、煮沸消毒してからジンジャーシロップを入れて保存するようにしましょう。保存方法や期間に気をつけていても、瓶に雑菌や水分が付着したままだと、そこから劣化や腐敗が進んでしまうことが多いので注意が必要です。

②シロップを煮詰める

ジンジャーシロップを作る際、加熱せずに生姜と砂糖を漬け込むだけのシロップも人気ですが、劣化が早いのが特徴です。しっかりとシロップを煮詰めて生姜に火を入れ、劣化の原因になる水分を飛ばし、糖分濃度を濃くすることで、長期間保存できるジンジャーシロップにすることができます。

③常温で保存・放置しない

ジンジャーシロップの保存に最適な方法は、以下の通りです。

・密閉できる瓶に入れる
・冷蔵庫で保存する

添加物などを加えていない手作りのジンジャーシロップは腐りやすいため、保存方法には細心の注意を払う必要があります。常温では雑菌が繁殖しやすいため、カビや腐敗の原因になります。冷蔵庫で保存し、使用後は速やかに元に戻すようにしましょう。

④シロップは清潔なスプーンで取り出す

関連する記事

×