ドナルド・マクドナルドが消えた理由とは?最後はいつ?どこにいるの?

ドナルド・マクドナルドが消えたと言われますが、本当でしょうか?今回は、ドナルド・マクドナルドが消えた・いなくなった理由や、いつ消えたのかを紹介します。ドナルド・マクドナルドに会える場所やドナルド以外にも消えた昔のキャラクターも紹介するので参考にしてみてくださいね。

目次

  1. ドナルド・マクドナルドが消えた…?
  2. ドナルド・マクドナルドが消えた理由は?
  3. ①見た目が怖い
  4. ②広告路線の変更
  5. ③アメリカの非営利団体による抗議
  6. ドナルド・マクドナルドはいつ消えた?最後にCMで登場したのは?
  7. 国内でドナルド・マクドナルドがCMに出演したのは2007年が最後
  8. ドナルド・マクドナルドにはもう会えない?どこにいる?
  9. ①イベント
  10. ②ドナルド・マクドナルド・ハウス
  11. ③一部の店舗
  12. ドナルド・マクドナルド以外にも消えた昔のキャラクターがいる?
  13. ①ハンバーグラー
  14. ②バーディ
  15. ③グリマス
  16. ④フライガイ
  17. ⑤フライキッズ
  18. ⑥ビッグマックポリス
  19. ⑦メイヤー・マックチーズ
  20. ⑧キャプテン・クローク
  21. ⑨プロフェッサー
  22. ドナルド・マクドナルドは完全に消えたわけではない

ドナルド・マクドナルドが消えた…?

ドナルド・マクドナルドは、マクドナルドのイメージキャラクターのピエロとして有名です。しかし、最近ではドナルドをテレビCMなどで見かけることはなくなってしまいました。ここではドナルド・マクドナルドが消えた理由について説明していきます。

ドナルド・マクドナルドが消えた理由は?

まずは、ドナルド・マクドナルドが消えた理由を説明していきます。ピエロのようなキャラクターで、見た目もカラフルで楽しそうな印象のあるドナルドですが、なぜ表舞台から消えたのでしょうか。

①見た目が怖い

ドナルド・マクドナルドはピエロのような見た目をしており、一見楽しそうなキャラクターをしていますが、白塗りで表情が分かりにくく怖いという人もいます。特に子供は相手の表情を読み取るのが未熟であるため、大人よりも怖いという印象を受けるようです。

また、ピエロというキャラクターはホラー映画の犯人として使われることもあり、そこから怖いというイメージに繋がりやすいキャラクターとも言えます。そのため、インターネット上ではドナルドに関する怖い都市伝説や、パロディー画像が多く出回ってしまっています。

(*ドナルド・マクドナルドの見た目について詳しく知りたい方はこちらの記事を読んでみてください。)

ドナルド・マクドナルドが怖い?恐怖のピエロ?都市伝説・うわさ話を調査!

②広告路線の変更

ドナルド・マクドナルドが消えた理由の一つに、広告路線の変更が挙げられます。ピエロの格好をしたキャラクターは基本的に子供に向けたものが一般的ですが、子供よりも経済力のある大人に向けて広告を出した方が、売り上げの向上につながりやすくなります。

また、ピエロをCMに登場させるよりも、販売している商品の情報を流した方が有意義であることも理由の一つです。

③アメリカの非営利団体による抗議

ドナルド・マクドナルドがCMから消えたる理由の中にはアメリカの非営利団体による抗議があったことも挙げられます。マクドナルドはアメリカでも体に悪い添加物や脂質が多いなど、体に悪い食べ物と言われてて問題視されています。

子供に人気のピエロをキャラクターにすることで、子供を誘導させて不健康な食べ物を継続的に食べさせるという理由から、ドナルドをなくすようにといった抗議行動があったようです。しかし、この抗議があった時には、すでにドナルドはアメリカでもCMなどに登場することが無くなっていたようです。

ドナルド・マクドナルドはいつ消えた?最後にCMで登場したのは?

ドナルド・マクドナルドは、昔はCMで見かけることが多くありましたが、いつの間にか消えてしまった印象があります。ドナルドがCMなどから消えた時期はいつ頃でしょうか。最後にドナルドがCMに出演した時期について見てみましょう。

国内でドナルド・マクドナルドがCMに出演したのは2007年が最後

日本でドナルド・マクドナルドがCMに登場したのは、2007年が最後であり、その後はテレビで見ることはありません。確かにこのCMを見る限りでは、マクドナルドの商品についての詳細が全くわからないと言えるでしょう。

また、殺風景な部屋や何もない白い空間でBGMもなく踊ったり突然しゃべりだしたりするピエロのドナルドが不気味と言った声も一部からありました。しかし、ドナルド自体は人気が高いキャラクターであるため、復活することもあるかもしれません。

関連する記事

×