しいたけの賞味期限はどれくらい?見た目でわかる?日持ちする保存法も紹介!

【野菜ソムリエ監修】しいたけの賞味期限・消費期限はいつまでか知っていますか?今回は、しいたけの賞味期限を〈冷蔵庫・冷凍・乾燥〉など保存法別に比較し、賞味期限切れ・腐った時の見分け方も紹介します。しいたけの賞味期限を伸ばす保存方法や、新鮮なしいたけの特徴も紹介するので、参考にしてみてくださいね。

専門家監修 |野菜ソムリエ ふじかわなおこ
Ameba Instagram 野菜ソムリエ協会HP
日本野菜ソムリエ協会認定 野菜ソムリエプロ。冷凍生活アドバイザー。...
Ameba Instagram 野菜ソムリエ協会HP
日本野菜ソムリエ協会認定 野菜ソムリエプロ。冷凍生活アドバイザー。 野菜大好き長男(6歳)と野菜嫌いを克服しつつある次男坊(4歳)二人のボーイズママ野菜ソムリエです。自身の経験をもとに野菜嫌いのお子さんとそのママさんのサポーターとして、野菜嫌い克服メニューやちょっとしたテクニックの発信、地域の子育てサロンや幼稚園でこどもとママのためのお野菜教室などを行っています。

目次

  1. しいたけの賞味期限が書いてない…?いつまで?
  2. 生鮮食品のため賞味期限・消費期限は記載なし
  3. 常温保存はNG
  4. しいたけの賞味期限の目安①冷蔵庫で保存
  5. ①カットして保存する方法・期間
  6. ②1本丸ごと保存する方法・期間
  7. しいたけの賞味期限の目安②冷凍保存
  8. 保存方法と賞味期限の目安
  9. 解凍方法
  10. 生しいたけの賞味期限が切れた時の見分け方は?
  11. ①見た目
  12. ②匂い
  13. ③味
  14. しいたけの賞味期限は乾燥で伸びる?
  15. 保存方法と賞味期限の目安
  16. 乾燥しいたけの戻し方
  17. しいたけの賞味期限切れか心配な場合とは?
  18. しいたけに白カビがついている
  19. しいたけの賞味期限を伸ばすポイントは?
  20. ①水で洗わない
  21. ②パックから取り出して新聞紙で包む
  22. しいたけの新鮮だとわかる特徴とは?
  23. ①しいたけのカサ・軸での見分け方
  24. ②しいたけの色での見分け方
  25. ③その他
  26. しいたけの賞味期限に注意しよう

しいたけの賞味期限が書いてない…?いつまで?

スーパーなどに売られていている生しいたけは、どのくらい日持ちするのでしょうか。ここでは、保存期間と保存方法について説明します。

生鮮食品のため賞味期限・消費期限は記載なし

しいたけは生鮮食品に分類されるため、記載の義務があるのは商品名と生産地のみで賞味期限はほとんど記載されていません。そのため、自分でしいたけの状態をみて食べられるかどうか判断しなければなりません。(※1)

常温保存はNG

しいたけは比較的涼しい20℃以下の温度を好むため、常温で保存した場合、夏場だと半日程度で傷んでしまいあまり日持ちしません。その日に使い切る場合は常温でも大丈夫ですが、すぐに使わない場合は冷蔵庫等で保存することをおすすめします。

しいたけの賞味期限の目安①冷蔵庫で保存

しいたけを日持ちさせたい場合は常温ではなく冷蔵庫で保存する必要があります。ここでは、その場合の保存方法や賞味期限について説明します。

①カットして保存する方法・期間

しいたけをカットして冷蔵保存する方法を説明します。

【方法】
1、石づきを取り、使いやすい大きさにカットする
2、十分乾燥した保存容器やポリ袋にいれる


保存期間は2、3日が目安です。しいたけは水に弱いため、しいたけや容器に水分が残っていると傷む場合があるので注意が必要です。

②1本丸ごと保存する方法・期間

しいたけを切らずにそのまま冷蔵保存する方法を説明します。

【方法】
1、キッチンペーパーなどで余分な水分を取り除く
2、十分乾燥した保存容器やポリ袋にいれる
3、野菜室で保存する


約1週間を目安に使い切ると良いでしょう。こちらも同様に、しいたけや容器に水分が残っていないか十分確認してください。また、しいたけの胞子が落ちると傷みやすくなるので、軸が上になるように保存しましょう。

ふじかわなおこ

野菜ソムリエ

傷みやすいので当日使わない場合はできるだけ冷凍保存を。冷蔵保存の際は湿気がつかないよう、キッチンペーパーなどで包んでから保存袋に入れるのがベストです。

しいたけの賞味期限の目安②冷凍保存

しいたけは冷凍保存も可能です。ここでは冷凍保存の方法と賞味期限の目安、冷凍することによるメリットについて説明します。

保存方法と賞味期限の目安

保存方法は以下の通りです。

【方法】
1、石づきを落とし、使いやすい形にカットする
2、保存容器やポリ袋に入れて保存する

方法は冷蔵の場合と変わりませんが、保存期間の目安は約一ヶ月と長くなります。基本的に生のまま冷凍しますが、炒めたり茹でたりした状態で冷凍することも可能です。

また、冷凍保存は加熱調理の際にしいたけの細胞膜が破れやすくなり、旨み成分を作り出す酵素が働きだすことで、グアニル酸、グルタミン酸、アスパラギン酸などのアミノ酸が生しいたけの約3倍に増え、旨みや栄養価が高まるためおすすめの方法です。

関連する記事