白湯とお湯の違いって何?定義は?作り方・温度や効果など紹介!

白湯とお湯の違いは何か知っていますか?同じではないのでしょうか?今回は、白湯とお湯の違いについて〈定義・効果・作り方〉など比較して紹介します。白湯を美味しく飲めるちょい足しアレンジも紹介するので参考にしてみてくださいね。

目次

  1. 白湯って何?定義は?お湯との違いはある?
  2. 白湯の定義と発祥の歴史
  3. 白湯とお湯の違いは「沸騰の有無」
  4. 白湯の正しい作り方は?ポットのお湯でもいい?ダメ?
  5. 白湯の基本の作り方
  6. めんどくさい時はレンジ・ポットで白湯を作っても問題ない
  7. 白湯を飲む効果は?正しい飲み方って?
  8. 白湯を飲む効果・メリット
  9. 白湯を飲む際の注意点・デメリット
  10. 白湯を飲むタイミングは「起床後すぐ」がおすすめ
  11. 白湯のちょい足しアレンジおすすめ3選!
  12. ①はちみつ
  13. ②生姜
  14. ③レモン
  15. 白湯を飲んでみよう

白湯って何?定義は?お湯との違いはある?

ダイエット方法の1つに白湯を飲むことがあげられるものの、お湯との違いが分からない人も多いかもしれません。白湯の定義を理解すると、飲み続ける動機にもなります。ここでは、白湯の定義とお湯との違いについて説明します。

白湯の定義と発祥の歴史

白湯は水を沸騰させた後、飲める程度の温度までぬるく冷ましたお湯と定義されています。インドのアーユルヴェーダが発祥とされており、水を火にかけて沸騰させ空気を入れる3つのステップにより、体内の毒素を出すと考えられていました。白湯は5,000年前から飲まれており、現代でも様々な効果があるといわれています。

白湯とお湯の違いは「沸騰の有無」

白湯とお湯の違いは沸騰の有無で、水を沸かして40度以上になった時点でお湯と定義されます。白湯は水道水を沸騰させてから一定時間は加熱した状態を続け、煮沸することで不純物を取り除いているのです。ちなみに湯冷ましは沸騰させた白湯を常温まで冷ましたものを指し、温度は20~35度が目安です。

白湯の正しい作り方は?ポットのお湯でもいい?ダメ?

水道水には塩素などの不純物が含まれているので、正しい方法で白湯を作るのがおすすめです。しかし白湯を飲みたくても、手間をかけたくない時もあるでしょう。ここでは水道水を用いた白湯の正しい作り方とともに、ポットのお湯でも良いのかを説明します。

白湯の基本の作り方

白湯の基本的な作り方はやかんまたは鍋に水道水を入れて強火で沸騰させてから、蓋をとって弱火で10~15分ほど加熱してから飲める温度まで冷ますことです。沸騰して泡がたっても火を止めずに、一定時間加熱することで不純物がなくなります。

めんどくさい時はレンジ・ポットで白湯を作っても問題ない

やかんや鍋を使って水道水を沸かすのがめんどくさい時は、電子レンジやポットを活用して白湯を作っても問題はありません。しかし水道水に含まれている不純物を取り除きたい場合は、電子レンジやポットを用いて10分以上は沸騰させる必要があります。電子レンジやポットを使う際には浄水器に通した水道水か、ミネラルウォーターを用いるとよいでしょう。

(*白湯を電子レンジで作るのは意味がないのかについて詳しく知りたい方は、こちらの記事を読んでみてください。)

白湯を電子レンジで作るのは意味ない?まずい?正しい作り方を紹介!

白湯を飲む効果は?正しい飲み方って?

白湯を飲む効果を知り、毎日の習慣にしている人は少なくありません。しかし白湯の効果を引き出したいなら、正しい飲み方を実践する必要があります。ここでは白湯を飲むことで得られる効果とともに、注意点や正しい飲み方について説明します。

白湯を飲む効果・メリット

白湯を飲むメリットは、以下の通りです。

・冷えの改善
・ダイエット効果
・デトックス効果
・美肌効果


ダイエットを目的に水を飲む人も多いですが、体温が下がっている起床時や冬場は内臓を温めてくれる白湯の方がおすすめです。水とどっちがいいか気になる人もいそうですが、白湯の方が吸収率が高く内臓に蓄積した老廃物の排出を促します。また白湯には利尿作用もあり、むくみだけでなく便秘の解消にもつながるのでおすすめです。

合わせて体が温まると新陳代謝が向上し、便秘解消などのデトックス効果により肌がキレイになります。常温の水もよいですが、いち早く効果を実感したいなら白湯を飲んでみましょう。

(*白湯を毎日飲み続けた結果とメリットについて詳しく知りたい方は、こちらの記事を読んでみてください。)

白湯を毎日飲み続けた結果・メリット|口コミや効果的な飲み方も紹介!

白湯を飲む際の注意点・デメリット

以下のように白湯を飲むデメリットもあるので、注意が必要です。

・やけどしやすい
・胃痛や下痢の原因となる
・むくみやすくなる


沸騰直後の白湯を飲む際には、熱湯なのでやけどしないよう注意が必要です。また白湯は飲み過ぎると胃液を薄めてしまい、消化不良による胃痛や下痢の原因となります。前述した通り白湯は吸収されやすいので、飲み過ぎるとむくみを引き起こすのも注意点です。特に腎臓病を患っている場合は、医師に飲んでよい白湯の量を事前に相談しましょう。

白湯を飲むタイミングは「起床後すぐ」がおすすめ

白湯を飲むタイミングは起床後すぐがおすすめで、以下のポイントを守ると効果が高まります。

・人肌程度の温度にする
・一気飲みはしない
・10~20分ほど時間をかけて飲む

起床後15分以内に白湯を時間をかけて飲むと、夜間にたまった毒素を洗い流してくれます。また空腹時にコップ1杯の白湯を飲むと腸が刺激され、便秘解消効果も期待できそうです。その後は朝食を食べる30分前と、昼食と夕食を食べながら白湯を飲むと美容や健康効果が期待できます。

白湯のちょい足しアレンジおすすめ3選!

白湯を飲み続けると美容や健康に効果があるとわかっていても、味に飽きて挫折する人も少なくありません。ここでは白湯にちょい足しすることで別な効果が期待できる飲み方を紹介するので、ぜひ取り入れてみてください。

①はちみつ

インドのアーユルヴェーダでも用いられているのが、白湯にはちみつを加えるアレンジです。はちみつにはむくみを予防する効果があるので、ダイエット中の人にもおすすめの方法といえます。150mlの白湯にはちみつをティースプーン1杯入れるのが適量で、ほのかな甘みが楽しめると人気です。

②生姜

体を温めてくれる生姜を白湯に入れると、冷えの改善により効果的です。あらかじめ生姜をコップに入れておき、200mlの白湯を注ぎます。皮付きのスライスなら5~6枚、すりおろした生姜がスプーン1杯が目安です。白湯を注いでから10分ほど蒸らして、生姜の成分を十分に抽出させましょう。

③レモン

酸味があるレモンを白湯に加えと、腸に刺激を与え便秘解消にも一役買ってくれます。さらにレモンには脂肪を抑制する働きもあるので、ダイエット中の人におすすめです。白湯200mlに対してレモン果汁を5滴から大さじ1杯まで、好みで加えるだけと簡単です。レモンのビタミンCによる美肌、クエン酸の疲労回復などの効果も期待できます。

白湯を飲んでみよう

水道水を沸騰させて作る白湯には、美容や健康に役立つ効果があります。正しい方法で作った白湯を適量飲むだけで、ダイエットや美肌にもつながるのでぜひ一度試してみるようおすすめします。

関連する記事

×