ラムネ瓶のビー玉の取り方と栓の開け方|割らずに安全な方法・コツを紹介!

ラムネ瓶のビー玉の取り方や栓の開け方を知っていますか?割らずに安全な方法・コツを知りたいですよね。今回は、ラムネ瓶の〈ネジ式・打ち込み式〉別のビー玉の取り方を、栓の中身をこぼさない開け方のコツや玉押しがない時の代用品とともにを紹介します。ラムネ瓶のビー玉が詰まらない飲み方のコツも紹介するので参考にしてみてくださいね。

目次

  1. ラムネ瓶の開け方とビー玉の取り方を知りたい…
  2. ラムネ瓶の開け方のコツは?玉押しがない時の代用品は?
  3. ①ラムネ瓶の基本の開け方|玉押しあり
  4. ②ラムネ瓶の基本の開け方|玉押しなし
  5. ラムネ瓶を開ける時にこぼれないようにするコツは?
  6. ①ラムネをよく冷やす
  7. ②ラムネ瓶の側面を優しく叩く
  8. ラムネ瓶のビー玉の取り出す方法は?割らなくてもいいの?
  9. ラムネ瓶の飲み口の種類によって取り出し方が異なる
  10. ラムネ瓶のビー玉の取り出し方|キャップ・蓋を取る方法を伝授
  11. ①【ネジ式】ラムネの瓶のビー玉の取り方・キャップの外し方
  12. ②【打ち込み式】ラムネ瓶のビー玉の取り方・キャップの外し方
  13. ラムネのビー玉が邪魔にならない飲み方のコツも!
  14. ラムネ瓶を傾けた時にビー玉をくぼみに引っ掛ける
  15. ラムネ瓶の開け方・ビー玉の取り方をマスターしよう!

ラムネ瓶の開け方とビー玉の取り方を知りたい…

ラムネ瓶の独特な開け口は、意外と簡単には開けられません。小さな子供にとっては、非常に固いと感じてしまうこともあります。また中に入っているビー玉も、取れそうなのになかなか取れません。今回の記事では、ラムネ瓶を簡単に開ける方法や中のビー玉を取り出す方法などを紹介します。

ラムネ瓶の開け方のコツは?玉押しがない時の代用品は?

固いラムネ瓶も、コツを掴めば簡単に開けることができます。ここからは、誰でも実践できるラムネ瓶の開け方のコツと、開ける時に使う玉押しがない時の代用品を紹介します。

①ラムネ瓶の基本の開け方|玉押しあり

一般的なラムネ瓶の開け方は、玉押しという道具を使ってビー玉を落とす方法です。

【手順】
①キャップから玉押しを取り外す
②玉押しをラムネ瓶の入口に乗せる
③手のひらで押し込み、ビー玉を瓶の中に落とす
④玉押しを抑えたまま、炭酸が落ち着くまで約5秒待つ
⑤玉押しを取って飲む

ラムネが瓶から溢れ出てしまう失敗の原因は、主に玉押しから早く手を離してしまうことにあります。ビー玉が落ちることで空気が入り、炭酸の勢いが出てくるため、落ち着いて玉押しで抑えましょう。

②ラムネ瓶の基本の開け方|玉押しなし

ラムネ瓶から玉押しを失くした場合でも、以下の代用品を使えば瓶を開けることができます。

【玉押しの代用品】
・スプーン
・フォーク
・割り箸
・ドライバー
・鉛筆

【手順】
①キャップを外す
②玉押しの代用品を瓶の開け口から差し込んでビー玉を押し込む


ラムネ瓶は特殊な形をしているため、栓抜きや缶切りではなく細長い形状の道具を代用すれば開けることができます。ただし玉押しとは違って力をさらに必要とするため、小さい子供が開ける際には十分注意してください。

ラムネ瓶を開ける時にこぼれないようにするコツは?

ラムネ瓶を開ける時にこぼれることがよくありますが、開ける前に少し工夫をすることで防ぐことができます。ここからは、こぼれてしまうのを防ぐコツを2つ紹介します。

①ラムネをよく冷やす

ラムネがこぼれる原因となるのは、液体の中に溶け込んだ二酸化炭素が、開けた時の衝撃で液体と分離することにより引き起こされています。そのため、ラムネ瓶をよく冷やすことによって、二酸化炭素の動きを鈍らせるのが非常に有効的です。逆に液体の温度が高いと二酸化炭素の動きは活発になるため、常温で開封するのは望ましくありません。

②ラムネ瓶の側面を優しく叩く

もしラムネ瓶の中に気泡ができていたら、こぼれてしまう可能性が非常に高いです。開封した時にこれらの気泡が水分を含み、勢いよく噴き出してきます。未然に防ぐためには、開封前にラムネ瓶の側面を軽く叩き、気泡を上の方に移動させます。こうすることで気泡が水分に触れる面積が少なくなり、噴きこぼれを最小限に抑えることが可能です。

ガラスで作られている瓶の場合は、破損しないように十分気を付けましょう。

ラムネ瓶のビー玉の取り出す方法は?割らなくてもいいの?

関連する記事

×