きゅうりの食べ方は?そのまま生が美味しい?塩もみなど下ごしらえ方を紹介!

きゅうりの食べ方はそのまま生でも良いのでしょうか?危険か心配ですね。今回は、きゅうりはそのまま生で食べられるかを〈塩もみ〉など生食時の下ごしらえ・洗い方と紹介します。〈丸かじり〉など、きゅうりのそのまま生でおいしい食べ方も簡単レシピで紹介するので参考にしてみてくださいね。

目次

  1. きゅうりの食べ方はそのままでもOK?生で食べると危険?
  2. きゅうりをそのまま生で食べるのは避けた方が無難
  3. きゅうりを生で食べる際の下ごしらえ・洗い方は?
  4. 洗い方①流水に晒す
  5. 洗い方②塩もみする
  6. きゅうりのアク抜きも行う方がおすすめ
  7. きゅうりのそのまま生でおいしい食べ方は?
  8. 生きゅうりの食べ方は「丸かじり」がおすすめ!
  9. 生きゅうりは切り方によって食感のアレンジもできる
  10. きゅうりをそのまま生で使う簡単レシピ3選!
  11. ①きゅうりとイカの酢の物
  12. ②きゅうりとのりと明太子のおつまみ
  13. ③サンドイッチ
  14. きゅうりのそのまま生でおいしい食べ方を試してみよう

きゅうりの食べ方はそのままでもOK?生で食べると危険?

きゅうりはそのまま食べると、危険と言われるのは本当でしょうか。きゅうりの食べ方は生が多いようですが、噂が本当なら心配になるかもしれません。ここではきゅうりをそのまま食べるのは危険、と言われる理由について説明します。

きゅうりをそのまま生で食べるのは避けた方が無難

きゅうりはそのまま生で食べるのは避けたほうが無難とされており、食中毒を引き起こす危険があります。野菜は土からの汚れのほか、サルモネラ菌や大腸菌などの体に甚大な悪影響を及ぼす細菌が付着していることがあり、水で簡単に洗い流しただけでは落とすことはできません。

中毒菌とは限りませんが、生野菜には土などに由来する細菌が必ずついています。野菜
加熱ができない野菜は、流水で十分に洗浄して、汚れと一緒に細菌を洗い流しましょう。
葉物の場合は内側もよく洗いましょう。
キュウリやナスは、単に水で流すだけでなく、スポンジやブラシなどでこびりついた汚れを落としましょう。

腸管出血性大腸菌やサルモネラ属菌は、動物の腸管内に生存し、糞便とともに環境中へ排泄され、これらを含む農業用水や堆肥等を介して農産物を汚染する可能性があります。

きゅうりもナスも洗ってから調理を開始しますが、きゅうりの食べ方は加熱しないことが多く熱での殺菌が難しいため、よりしっかり洗い流す必要があります。特にきゅうりのイボの部分は細菌が付着しやすいため、念入りに洗うようにしましょう。

きゅうりを生で食べる際の下ごしらえ・洗い方は?

きゅうりを生で食べるのは危険と言われる理由について説明しましたが、具体的に下ごしらえや洗い方はどのようにすれば良いかを紹介します。より安全にきゅうりを食べられるように覚えておくと、子供に与える時にも安心です。

洗い方①流水に晒す

きゅうりを生でそのまま食べるときには、流水に晒して細菌や汚れをしっかり洗い流します。ボウルや桶にたっぷり水を張り、水を流しながらしっかり洗います。特にきゅうりはとげや凹凸があり、汚れが入り込みやすいので念入りに洗うようにしましょう。ただし、流水で洗い流すとビタミンなどの栄養素も流してしまうため、手早く行うのがポイントです。

洗い方②塩もみする

きゅうりは料理によってはあらかじめ塩もみすることで、より美味しく食べられるので一手間かけてみましょう。きゅうりは水分の多い野菜のため、塩もみすることで浸透圧で水分が抜け、そのまま食べるよりも味がなじみやすくなります。酢の物やマヨネーズを使うサンドイッチ、ごま油を使うような和え物での食べ方に適した方法です。

やり方はきゅうり100gに対して2%の割合で塩を振り、優しく馴染ませたら5分ほど放置したら、しっかり絞ってから使います。

きゅうりのアク抜きも行う方がおすすめ

きゅうりの下ごしらえとして、アク抜きをするのもおすすめです。必須ではないものの、渋みやえぐみが軽減され味も染み込みやすくなります。方法は塩もみしてからまな板に擦り合わせる板摺りと、きゅうりのヘタを切り、切り口をこすり合わせて白いアクを出す塩もみ不要の方法があります。

切り口を擦り合わせる方法は、塩気が邪魔になる食べ方に適しているので、活用してください。

(*きゅうりのアク抜きについて詳しく知りたい方はこちらの記事を読んでみてください。)

きゅうりのアク抜きは必要?やる意味ある?簡単なやり方や活用レシピのおすすめも紹介!

きゅうりのそのまま生でおいしい食べ方は?

きゅうりの美味しい食べ方は、何かないでしょうか。食べ方を知っておくと、おつまみや食事の献立のレパートリーが広がりやすくなります。ここではきゅうりの美味しい食べ方を紹介するので、普段食べたことがない方法があれば試してみましょう。

生きゅうりの食べ方は「丸かじり」がおすすめ!

きゅうりの食べ方は丸かじりがおすすめで、以下の調味料が良く合います。

・味噌
・マヨネーズ
・バーニャカウダソース
・カマンベールチーズ
・レモン蜂蜜に塩


きゅうりは淡白な味わいの野菜であるため、コクの感じられる調味料が良く合います。上記の調味料をベースに、ゴマや粒マスタードなどの他の調味料を組み合わせて食べても美味しいので、気に入ったものを作ってみるとよいでしょう。レモン蜂蜜に塩は意外に感じるかもしれませんが、甘酸っぱさと塩気が爽やかな風味のきゅうりに好相性の食べ方です。

生きゅうりは切り方によって食感のアレンジもできる

きゅうりは切り方によって食感が変わるため、同じ料理でもアレンジがしやすい野菜でもあります。輪切りを千切りにするだけでも食感のほかに見た目の雰囲気が変わっておしゃれな印象にもなるので、おもてなしの席に一工夫したい時にも試してみてください。

きゅうりをそのまま生で使う簡単レシピ3選!

きゅうりを生の状態で使う、簡単レシピを紹介します。きゅうりは野菜の中でも生での食べ方が多いですが、同じメニューになってしまいがちなら、食べ方を覚えておくのがおすすめです。たくさんきゅうりが手に入った時でも飽きることなく食べ切れるでしょう。

①きゅうりとイカの酢の物

出典:https://cookpad.com/recipe/7307833

脂濃い料理と組み合わせたいおかずが欲しいなら酢の物がおすすめで、こちらはイカと組み合わせた食べ方です。りんご酢を使うのがポイントで、ほんのり甘さを感じられるので酸っぱすぎず子供にも食べやすくなります。

きゅうりとイカの酢の物 by キタリツ 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが373万品

②きゅうりとのりと明太子のおつまみ

出典:https://cookpad.com/recipe/7306780

手早く作れるおつまみとしておすすめのきゅうりの食べ方で、のりと明太子が乗っています。明太子の塩味がきゅうりやのりと良く合い、お酒の進む一品となります。きゅうりの種は取り除くのがポイントで、きれいに具材が乗りやすく、時間が経ってもべちゃっとしません。

材料3つ★のり明太子のキュウリボート by 140㎝わんたるママ 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが373万品

③サンドイッチ

出典:https://cookpad.com/recipe/7195418

きゅうりをそのまま使う食べ方には、サンドイッチもおすすめです。こちらのレシピはかなりのボリュームですが、休日のブランチやお弁当にも活躍します。きゅうりのシャキッとした歯触りと爽やかな風味が他の食材とも良く合います。塩もみすることでマヨネーズなどの調味料が馴染みやすくなり、パンも水っぽくなりません。

ボリュームサンドイッチ by クック1WVJEK☆ 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが373万品

きゅうりのそのまま生でおいしい食べ方を試してみよう

きゅうりの食べ方は生であることが多く、手軽に食べられるため洗い方もおざなりになりがちです。食中毒を避けるためにもしっかり洗うことで、安心して食べることができます。美味しいきゅうりの食べ方は数多くあるので、ぜひ作ってみてください。

関連する記事

×