チーズは賞味期限切れでもいつまで大丈夫?開封状態や種類別に比較し紹介!

チーズの賞味期限の目安を知っていますか?期限切れでもいつまで食べられるのでしょうか?今回は、チーズの賞味期限を〈開封後・未開封〉別や〈プロセス・ナチュラル〉などタイプ別に加え、〈カマンベール・ブリー〉など種類別に比較して安全に食べられる期間を紹介します。チーズの日持ちする保存方法や、腐った場合の見分け方も紹介するので、参考にしてみてくださいね。

目次

  1. チーズが賞味期限切れでも食べられる?
  2. 賞味期限の定義
  3. 賞味期限切れでも腐っていなければ食べられる
  4. チーズの賞味期限切れでも食べられる期間の目安は?
  5. ①未開封・開封後による違い
  6. ②チーズのタイプによる違い
  7. チーズ【種類別】の賞味期限はどのくらい?
  8. ①ゴーダチーズ
  9. ②カマンベールチーズ
  10. ③ブリーチーズ
  11. ④マスカルポーネチーズ
  12. ⑤ゴルゴンゾーラチーズ
  13. ⑥ブッラータチーズ
  14. ⑦パルミジャーノチーズ
  15. ⑧モッツァレラチーズ
  16. ⑨市販のチーズ商品
  17. チーズの日持ちする保存方法は?
  18. チーズを冷蔵保存する方法・期間
  19. チーズは冷凍保存に向かない
  20. チーズを日持ちさせる保存のポイント
  21. ①常温では保存しない
  22. ②チーズの水気を拭き取る
  23. ③乾燥させない
  24. ④匂いが強いものから遠ざけて保存する
  25. ⑤柔らかいチーズはアルミホイルで包む
  26. ⑥ラップはこまめに取り替える
  27. チーズの賞味期限に注意しよう

チーズが賞味期限切れでも食べられる?

チーズは一度にたくさん食べないので、気付かない内に賞味期限が過ぎている事もあるでしょう。今回は、チーズが賞味期限切れでも食べられるかについて紹介します。

賞味期限の定義

賞味期限とは、その商品を美味しく食べることのできる期限のことです。賞味期限は、一定条件で保存した食品を検査して、判明した可食期間に0.7~0.8の安全係数を乗じて設定されます。そのため、多少期限切れでも品質に問題なく食べられる場合が多いです。

また、似たような表記に消費期限がありますが、消費期限とは、安全にその製品を口にできる期限を指すので、賞味期限と間違えないようにしましょう。

賞味期限切れでも腐っていなければ食べられる

賞味期限の定義から多少賞味期限が切れても品質に問題ないことがわかりました。ここでは食べるべきではないチーズが腐っている状態について紹介します。

【匂い】
・カビによる腐ったような匂いがする
・アンモニア臭がする

【味】
・舌にピリピリとした感覚がある
・苦くなる

【見た目】
・カビが生えている


上記は、チーズが腐っている時に現れる異変の一例です。匂い・味・見た目は分かりやすい特徴なので、気付いた際は食べずに捨てるようにしましょう。まだ大丈夫と感じた時でも、味や匂いに異変が無いかしっかり確認しておきましょう。

(*チーズには元からカビが生えている場合もあり、腐敗か見分けにくいです。チーズにカビが生えた危険な場合について詳しく知りたい方はこちらの記事を読んでみてください。)

チーズにカビが生えたら?種類別の毒性や対処法は?食べたら害がある場合を解説!
チーズが臭いけど食べても大丈夫?原因は?臭みの消し方・対策を紹介!

チーズの賞味期限切れでも食べられる期間の目安は?

チーズは、ある程度の賞味期限切れであれば、問題なく食べることができます。賞味期限切れのチーズを食べられる目安とは、どれ位かを見ていきましょう。

①未開封・開封後による違い

チーズは、未開封か、開封後かによって食べられる期間が異なります。未開封のチーズの場合、冷蔵庫で保存なら長ければ1、2か月ほど賞味期限を過ぎても大丈夫と言われています。

ただ、開封後のチーズは菌が付きやすく傷みやすいので、最大でも2か月を目安としましょう。また、賞味期限は種類でも期限が異なるので注意してください。未開封でも開封後でも、賞味期限が過ぎている場合には状態に問題が無いか確認する事も忘れないようにしてください。

②チーズのタイプによる違い

チーズの食べられる期間の目安は、チーズのタイプによって異なります。タイプは大きく分けてナチュラルチーズとプロセスチーズの二つに分けることができます。ナチュラルチーズは熟成するにつれて味が変化し、多少なら賞味期限切れであっても食べることができます。

また、ナチュラルチーズの中でも水分を多く含み、熟成させないチーズをフレッシュチーズと言います。フレッシュチーズは風味が落ちやすく傷みやすいので、賞味期限切れのものは食べられない可能性が高いので注意しましょう。

プロセスチーズは加熱処理により発酵が止まっているため、ナチュラルチーズよりも保存期間が長く、賞味期限切れ後も数ヶ月間は食べることが出来る様です。

チーズ【種類別】の賞味期限はどのくらい?

チーズ名 賞味期限の目安
ゴーダチーズ 1ヶ月
カマンベールチーズ 製造後3ヶ月前後
ブリーチーズ 2週間前後
マスカルポーネチーズ 開封後3日~1週間程度
ゴルゴンゾーラチーズ 10日~20日
ブッラータチーズ 開封後3日~1週間程度
パルミジャーノチーズ 1ヶ月~12ヶ月
モッツァレラチーズ 開封後3日~1週間程度

チーズの賞味期限は、種類や冷凍、冷蔵時の保存方法によって異なります。上記の表を見ると分かる様に、最短3日のものから1年ほど持つものまでかなりの幅があるので、チーズを購入した際は賞味期限をあらかじめチェックしておくと良いでしょう。

①ゴーダチーズ

商品名 賞味期限の目安
オランダ産ゴーダ1kgパック(アイチーズ) 50日前後
クラフト無垢熟成ゴーダ味 6ヶ月
雪印北海道100芳醇ゴーダクラッシュ 4ヶ月
よつ葉北海道十勝100ゴーダ 3ヶ月
DNZゴーダ12 3ヶ月

ゴーダチーズはチーズ独特の臭みが薄く、比較的食べやすいナチュラルチーズです。また、未開封であれば、最長6ヶ月間味の落ちない商品もあります。

②カマンベールチーズ

商品名 賞味期限の目安
ロルフカマンベールチーズ(デンマーク産)125g 1年
雪印北海道100カマンベールチーズ 6ヶ月
雪印北海道100カマンベールチーズ切れてるタイプ(6個入り) 6ヶ月
あさぎりカマンベールチーズ 1ヶ月
よつ葉北海道十勝100カマンベールチーズ 6ヶ月

カマンベールチーズは白カビに覆われて中身は柔らかく、まろやかな味わいが特徴のナチュラルチーズです。半年から1年が賞味期限ですが、発酵は進んでいるため、開封後はなるべく早く消費するようにしましょう。保存する際は、温度管理に注意する事も重要です。

③ブリーチーズ

商品名 賞味期限の目安
ブリーエキストラ 2週間
ブリーチーズ:神戸物産 6ヶ月
ブリー・トリュフ 14日〜
コストコ・ブリーチーズ 2~3週間
イル・ド・フランス・ミニブリーチーズ 8ヶ月

ブリーチーズは白カビによって発酵されたナチュラルチーズで、癖が少なく、芳醇な味わいが特徴的です。脂肪分が少なく市販されている時点でだいぶ発酵が進んでいるため、賞味期限間近になるとアンモニア臭が混じってきます。賞味期限にかかわらず、開封後は早めに食べることをオススメします。

④マスカルポーネチーズ

商品名 賞味期限の目安
Latterie Venete Mascarpone マスカルポーネ500g 14日程度
雪印北海道100マスカルポーネ 3ヶ月
よつ葉北海道十勝マスカルポーネチーズ 4ヶ月
マスカルポーネ 14日以上
タカナシ北海道マスカルポーネ250g 41日程度

マスカルポーネチーズは、ティラミスやお菓子の材料として有名なクリーム状のナチュラルチーズです。マスカルポーネチーズは日持ちしにくく賞味期限が短いものもあるので、保存方法や賞味期限には十分気を配るようにしましょう。

⑤ゴルゴンゾーラチーズ

商品名 賞味期限の目安
ゴルゴンゾーラピカンテ 7日以上
キャトルフォイユ・ゴルゴンゾーラピカンテ 14日
ゴルゴンゾーラ・ブルーチーズ・ピカンテ DOP【200g】 14日
イタリア産ゴルゴンゾーラ・ピカンテDOP 300g 20日
イゴールゴルゴンゾーラダイス600g【冷凍】イタリア産チーズ 6ヶ月

ゴルゴンゾーラチーズは世界三大ブルーチーズの一つで、青カビや白カビの繁殖によって発酵が進みます。ゴルゴンゾーラチーズの保存期間は、冷蔵であれば1週間から1ヶ月程度、冷凍すれば数ヶ月程度となっています。

⑥ブッラータチーズ

商品名 賞味期限の目安
イタリア職人がつくるブッラータ 7日間
ブッラータチーズ ・イタリア産 7日間
イタリア産ブッラータ[冷凍]×125g 2ヶ月
ラッテリア・ソッレンティーナブラータ×2個セット 3ヶ月
ジョイエラ冷凍ブラータ 5日間

ブッラータチーズは生クリームをモッツアレラチーズで包んだフレッシュチーズで、ナイフで割ると中からクリームがとろけ出します。傷みやすい生クリームが入っているため、賞味期限が他のチーズと比べ短くなっています。

⑦パルミジャーノチーズ

商品名 賞味期限の目安
パルミジャーノ・レッジャーノチーズ D.O.P. 21ヶ月以上熟成 2ヶ月
パルミジャーノ・レッジャーノ100%フレッシュパウダーチーズ 30日
パルミジャーノ・レッジャーノD.O.P 24ヶ月熟成 チーズ ザネッティ社製 約500g 2ヶ月
パルミジャーノ・レッジャーノ 2ヶ月
イタリア産チーズの王様パルミジャーノレッジャーノDOP24ヶ月熟成パウダー1kg 45日程度

パルミジャーノチーズは、他のチーズに比べて冷蔵での保存期間が長く、多少の期間であれば賞味期限切れでも美味しく食べることができます。ただ、食べる前に味見や、匂いの確認をするようにしましょう。

⑧モッツァレラチーズ

商品名 賞味期限の目安
モッツァレラチーズ切れ端1kg(不揃い) 1ヶ月
花畑牧場生モッツァレラブラータ 10日
クラフトフレッシュモッツァレラ 1ヶ月
タカナシ北海道モッツァレラ100g 14日
タカナシ北海道チェリーモッツァレラ100g 14日

モッツアレラチーズはピザやカプレーゼに用いられるなど、身近なチーズでもあります。冷蔵で保存した場合、他のナチュラルチーズと比べて日持ち期間が短いことが特徴です。冷凍保存する場合は、一緒にパッケージされている水分と一緒に冷凍しましょう。

⑨市販のチーズ商品

商品名 賞味期限の目安
クラフトスライスチーズ(7枚入り) 9ヶ月
クラフトカマンベール入り6P 9ヶ月
雪印北海道100さけるチーズプレーン 4ヶ月
徳用キャンディーチーズ130g 9ヶ月
クラフト100%パルメザンチーズ80g 9ヶ月

スーパーなどで市販されているチーズの多くは、プロセスチーズです。プロセスチーズはナチュラルチーズを加熱して作るため、発酵が進むことはなく冷蔵状態でも長期間の保存が可能です。また、プロセスチーズはクセが少なく、チーズ初心者の方や子供でも食べやすいのも特徴です。

チーズの日持ちする保存方法は?

続いて、チーズが日持ちする保存方法について紹介します。

チーズを冷蔵保存する方法・期間

チーズを冷蔵保存する際の方法やその期間について紹介します。

1 開封後のチーズは切り口をメインに、外気に触れないように包装紙やラップ等で包む
2 包んだチーズを密閉容器もしくはファスナー付きの袋に入れる
3 容器に入れたチーズを、野菜室で保存する


1でチーズをで包む際にラップを使用するとプラスチック臭がチーズに付着するため、購入時にチーズを包んでいた包装紙や、チーズ専用の保存シート、クッキングシートを用いる方が好ましいです。また、2でチーズを容器や袋に入れる際、湿度調整のために野菜の切れ端や、消臭のための炭などを入れると良い場合もあります。

さらにチーズを保存する適温は5~10℃であるため、チーズを保存する際は冷蔵庫ではなく野菜室内で保存しましょう。上記の方法で冷蔵保存した場合、3日〜数週間の保存が可能です。

チーズは冷凍保存に向かない

チーズは一度冷凍してから解凍すると、その際にチーズの中の組織が崩れてボソボソとした食感になってしまいます。長期保存可能な冷凍保存ですが、冷凍されている商品を除き、チーズを冷凍するのは止めておきましょう。

チーズを日持ちさせる保存のポイント

賞味期限切れになってからでもチーズを美味しく食べるには、いくつか大切なポイントがあります。そのポイントについて紹介していくので、参考にしてみてください。

①常温では保存しない

プロセスチーズやナチュラルチーズは直射日光や高温に弱く、常温での保存には不向きです。チーズは高温になることで構成成分である脂肪が溶け出し、見た目が悪くなるだけでなく賞味期限も短くなってしまいます。常温下で保存することで有害なカビが生えてくるチーズもあるので、チーズは必ず冷蔵庫で保存するようにしましょう。

(*チーズの常温保存について詳しく知りたい方はこちらの記事を読んでみてください。)

チーズは常温保存でも大丈夫?放置しても腐らない?賞味期限や日持ちするコツを紹介!

②チーズの水気を拭き取る

チーズは、乳酸菌やカビの力を借りて発酵させた食品です。カビは水気を好むため、開封後のチーズに余分な水分が付着すると、そこからカビが繁殖してチーズを腐らせてしまう原因になります。チーズを保存する際には、カビが生えて腐らないよう、乾いた清潔な布などでしっかり水気を拭き取るようにしましょう。

③乾燥させない

プロセスチーズやナチュラルチーズを食べた時のしっとりした食感は、チーズの中に水分が十分に含まれていることによるものです。この食感はチーズのおいしさに大きく関わっているので、この食感を保持するためにも保存時はラップや包装紙に包んだり、室温湿度共に最適な野菜室で冷蔵保存するなどして乾燥から守りましょう。

④匂いが強いものから遠ざけて保存する

チーズを保存する際は、匂いが強いものから遠ざけることも重要です。チーズは匂いを吸収しやすいので漬物類や香味野菜、柑橘系の果物などの匂いを吸収してしまい、チーズ本来の風味を損なってしまいます。チーズはラップや包装紙に包んだり、タッパー等の密封容器に入れて保存するようにしましょう。

⑤柔らかいチーズはアルミホイルで包む

ブルーチーズなどの柔らかいのチーズはラップで包むと型崩れしたり、チーズが流れ出す可能性があります。アルミホイル等で包むことで、形が崩れるのを防ぐと同時に、チーズが匂いを吸収してしまうのを防ぐこともできます。

⑥ラップはこまめに取り替える

チーズは水分を多く含んでいるため、ラップ等に包んで保存していると余分な水分が生じてきます。水分があるとカビを繁殖させてチーズを腐らせてしまう原因になるため、チーズをくるんでいるラップはこまめに取り換えるようにしましょう。

チーズの賞味期限に注意しよう

チーズはある程度の期間であれば賞味期限切れでも美味しく食べることができますが、ずっと食べられる訳ではありません。匂いや味を確かめてみて、異変を感じたら食べるのを止めましょう。賞味期限に注意して、様々な種類のチーズを愉しんでみましょう。

関連する記事