牛乳の賞味期限切れはいつまで飲める?未開封・開封後で経過日数を比較して紹介!

牛乳の賞味期限切れはいつまで飲めるのでしょうか?今回は、牛乳(未開封・開封後)の賞味期限切れて〈1日・2~3日・4~5日・1週間・10日〉後別の状態で比較して、何日目から腐るのかなど紹介します。牛乳を賞味期限切れ後に飲む際の注意点や日持ちする飲み方も紹介するので参考にしてみてくださいね。

目次

  1. 牛乳の賞味期限切れはいつまで飲める?
  2. 賞味期限の定義
  3. 腐っていなければ飲める
  4. 開封後は2~3日以内に飲み切るのを推奨
  5. 牛乳は賞味期限が切れるとどうなる?腐るのは何日目?
  6. ①賞味期限が切れて1日後
  7. ②賞味期限が切れて2日~3日後
  8. ③賞味期限が切れて4日~5日後
  9. ④賞味期限が切れて1週間後
  10. ⑤賞味期限が切れて10日以上
  11. 牛乳を賞味期限後に飲む際の注意点
  12. ①加熱して飲む
  13. ②傷んでいないか確かめる
  14. ③凍らせる
  15. 牛乳の日持ちする飲み方は?
  16. ①口をつけて飲まない
  17. ②パックの口をしっかり閉じる
  18. ③温度変化に気をつける
  19. ④匂い移りに気を付ける
  20. 牛乳を賞味期限内に使い切るレシピ
  21. ①杏仁豆腐
  22. ②シチュー
  23. ③ホワイトソース
  24. 牛乳の賞味期限に注意しよう

牛乳の賞味期限切れはいつまで飲める?

牛乳の賞味期限は、消費期限とはどう違うのでしょうか。牛乳の賞味期限が過ぎてしまった場合、飲んでも大丈夫なのはいつまでなのでしょうか。

賞味期限の定義

賞味期限は、比較的劣化の速度が遅い加工食品につけられます。賞味期限は検査によって客観的に未開封の食品の保存期限を決め、食品の特性に応じた1以下の安全係数をかけて設定するため過ぎても安全性には問題ありません。一方、消費期限は比較的日持ちしない加工食品が安全性が損なう恐れがない期限で、過ぎた場合は食べないほうが良い期限です。

腐っていなければ飲める

一般的な牛乳の賞味期限は、製造日から7日を目安につけられます。賞味期限は安全係数をかけているため、多少過ぎてしまっても安全性に問題ありません。したがって牛乳が賞味期限切れでも、腐っていなければ飲むことができます。

開封後は2~3日以内に飲み切るのを推奨

賞味期限は未開封の状態で所定の温度を守った場合に品質が保障されるものなので、賞味期限の前であっても開封後は2~3日以内に消費するのが推奨されます。牛乳の開封後は空気が入るため菌が繁殖しやすく、菌によって腐ってしまうので、開封したら口を開けたままにしないなど衛生面に気を付けましょう。

牛乳は賞味期限が切れるとどうなる?腐るのは何日目?

牛乳が腐ってしまうのは賞味期限切れから何日目なのでしょうか。牛乳の賞味期限が切れたときにみられる変化をのかを、開封前後で紹介します。

①賞味期限が切れて1日後

賞味期限切れから1日たった牛乳は、どのような特徴がみられるのでしょうか。

【開封後】
・匂い:開封した日にちによる
・見た目:開封した日にちによる
・味:開封した日にちによる

【開封前】
・匂い:変わらない
・見た目:変わらない
・味:変わらない

未開封の牛乳の場合、賞味期限切れ1日目ならほとんど品質が変わらなく飲むことができます。なぜなら、賞味期限はあらかじめ安全係数をかけてあり、切れても品質が損なわれない期限だからです。ただ開封後の牛乳の場合は、開封した日から3日過ぎていると賞味期限にかかわらず危険です。一方賞味期限間近に開封したものなら、空気と接触した時間が短いので問題ないでしょう。

②賞味期限が切れて2日~3日後

賞味期限切れ2~3日後の牛乳の特徴は、どのようなものなのでしょうか。

【開封後】
・匂い:開封した日にちによる
・見た目:開封した日にちによる
・味:開封した日にちによる

【開封前】
・匂い:変わらない
・見た目:変わらない
・味:変わらない

未開封の牛乳なら、冷蔵で保存していれば賞味期限切れ2~3日後でも問題なく飲めます。品質が気になるなら加熱して飲んだり、お腹を下しそうなら控えたほうが良いです。一方開封後の場合、賞味期限当日以降に開封したならば開封後2~3日しか経っていないので大丈夫ですが、それ以前に開封した牛乳は品質が変化している恐れがあります。

関連する記事