塩麹の賞味期限は?期限切れはいつまで大丈夫?保存法や使い切りレシピなど紹介!

塩麹の賞味期限の目安を知っていますか?今回は、塩麹の賞味期限を〈冷蔵・冷凍〉保存別に比較して、期限切れでもいつまで食べられるのかなど紹介します。塩麹の日持ちする保存方法や、使用をさけるべき場合の見分け方も紹介するので、参考にしてみてくださいね。

目次

  1. 塩麹の賞味期限は長い?短い?
  2. 塩麹の賞味期限はいつまで?保存方法は?
  3. ①冷蔵保存の場合
  4. ②冷凍保存の場合
  5. ③乾燥米麹は常温でも長期保存ができる
  6. 塩麹の賞味期限切れはいつまで食べられる?
  7. 賞味期限の定義
  8. ①未開封の場合
  9. ②開封後の場合
  10. 塩麹の使用を避けるべき特徴とは?
  11. ①味
  12. ②匂い
  13. 自家製塩麹の作り方は?
  14. 材料
  15. 作り方・手順
  16. 塩麹を使い切るためのレシピ
  17. ①豚肉が柔らかい塩麹炒め
  18. ②塩麹でふっくらなブリ
  19. ③塩麹で漬物
  20. ④塩麹でスープ
  21. 塩麹の賞味期限に注意しよう

塩麹の賞味期限は長い?短い?

肉の下味や炒め物や漬物など、様々な使い方ができる塩麹は最近では常備している方も多いでしょうが、塩麹の賞味期限や保存方法などを改めて見ていきましょう。塩麹を自宅で手作りする方法も紹介しているので参考にしてください。

塩麹の賞味期限はいつまで?保存方法は?

様々な料理に使用できる塩麹ですが、賞味期限や保存方法が、わからないという方も多いのではないでしょうか。ここでは、塩麹の賞味期限と保存方法を解説していきます。

①冷蔵保存の場合

塩麹を未開封で冷蔵保存していた場合の賞味期限は、最大6ヶ月ですが商品によっては短いものもあるようなので、確認してください。未開封であれば、冷蔵庫の奥の温度変化のない場所に入れて下さい。市販品の開封後のものや手作りの塩麴は、空気に触れないよう密封できる容器に入れ替えて、遅くとも1か月以内には使い切りましょう。

②冷凍保存の場合

塩麹を未開封で冷凍保存していた場合の賞味期限は、6ヶ月程度です。冷凍と解凍を何度も繰り返すと、劣化が進んでしまうので、使う分だけ解凍しましょう。塩麹をジッパー付きの保存袋に入れ、しっかりと空気を抜き、菜箸などを使用して、線を入れてから冷凍すると、使いたい分だけ使用できます。

(*塩麹の冷凍保存について詳しく知りたい方はこちらの記事を読んでみてください。)

塩麹は冷凍できる?保存方法や期間は?解凍のコツや賞味期限の見分け方も紹介!

③乾燥米麹は常温でも長期保存ができる

乾燥米麹は、未開封で常温保存の場合、賞味期限は最大6ヶ月程度です。高温多湿な場所では品質の劣化が早まるので、夏の時期は冷蔵庫に入れて下さい。乾燥米麹は未開封なら冷暗所で常温保存が可能ですが、開封したものは水分を吸収しやすくなっているので、密封容器に入れて保存しましょう。

塩麹の賞味期限切れはいつまで食べられる?

塩麹を保存していた場合、賞味期限切れ後いつ頃まで食べられるのでしょうか。未開封のもの、開封済みそれぞれ別に見ていきましょう。

賞味期限の定義

賞味期限は、未開封の状態で記載された方法で保存した場合に、品質が変わらずにおいしく食べられる期限のことです。一方、消費期限は未開封で、表示された保存方法を守った場合に、安全に食べられる期限のことを指します。

賞味期限は、3つの検査をして算出された期間に、0.7や0.8といった1未満の安全係数と呼ばれるものを掛けて賞味期限が決められます。そのため、賞味期限を多少過ぎていても健康を害する可能性は低いでしょう。

①未開封の場合

関連する記事