塩麹は冷凍できる?保存方法や期間は?解凍のコツや賞味期限の見分け方も紹介!

塩麹の保存方法を知っていますか?塩麹の保存方法を知っていると便利です。今回は、塩麹の<冷蔵・冷凍>での保存方法・ポイントや日持ち期間の目安にくわえ、解凍方法を紹介します。塩麹の賞味期限が切れた場合の特徴も紹介するので、参考にしてみてくださいね。

目次

  1. 塩麹の保存方法は?冷凍できる?
  2. 塩麹は冷蔵保存できる
  3. 塩麹を長期保存する場合は冷凍がおすすめ
  4. 塩麹は常温保存に向いていない
  5. 塩麹の冷蔵での保存方法・期間は?
  6. 塩麹の冷蔵での保存方法
  7. 塩麹の冷蔵での保存期間
  8. 塩麹の冷凍での保存方法・期間は?
  9. 塩麹の冷凍での保存方法
  10. 塩麹の冷凍での保存期間
  11. 塩麹を解凍する方法は?
  12. ①自然解凍する
  13. ②電子レンジを使って解凍する
  14. ③凍ったまま加熱調理して使う
  15. 塩麹の賞味期限が切れた時の見分け方は?
  16. 塩麹の賞味期限が切れた場合の特徴
  17. 塩麹はうまく保存して使おう

塩麹の保存方法は?冷凍できる?

塩麹は食材を柔らかくしたり旨味をワンランクアップしてくれるので手作りしている方も多いことでしょう。炒め物や和え物、ドレッシングと様々な料理に使うためにも保存方法を知っていると便利です。塩麹の保存方法を冷蔵・冷凍・常温それぞれ出来るのか紹介します。

塩麹は冷蔵保存できる

塩麹は冷蔵庫で保存するのが基本です。塩麹は日持ちしやすいですが冷蔵庫に入れている間も発酵し続けるので、時間に比例して品質も下がってきます。また、塩麹を取り出すとき毎回清潔なスプーンを使わないと雑菌が入り塩麹の中で増えてしまうので気を付けてください。そうすれば冷蔵保存で栄養価も高い塩麹を毎日の料理に使っていただけるでしょう。

塩麹を長期保存する場合は冷凍がおすすめ

塩麹を長期間保存したい時は冷凍保存をおすすめします。市販で未開封ならそのまま冷凍で良いですが、手作りや開封した塩麹は密閉できる容器に入れて冷凍庫に保存すると発酵を止めることが出来ます。たくさん作った時や頻繁に使わないときは、冷凍保存をしておきましょう。

塩麹は常温保存に向いていない

塩麹は常温保存には向いていません。例外として冷暗所のような場所で常温保存は出来なくもありませんが、温度の変化や日が当たることがあると品質を保てなくなってしまうので、冷蔵か冷凍をおすすめします。

塩麹の冷蔵での保存方法・期間は?

塩麹を冷蔵で保存する方法や保存期間はどれくらいでしょうか?長持ちする食材ですが、冷蔵庫で保存する最適な方法や美味しく使える期間を説明します。

塩麹の冷蔵での保存方法

塩麹の冷蔵での保存方法を紹介します。

【方法・手順】
1、密閉できる容器と清潔なスプーンを用意する
2、これらを使って容器に塩麹を入れる
2、容器ごと冷蔵庫に保存する


【ポイント】
・必ず容器やスプーンは清潔なものを使い、水気を拭き取ってから使う
・スプーンを使わなくて済むドレッシングの容器に入れて保存する方法もある
・容器は保存状態が見えるように透明にする
・量が多いときは、タッパーに入れると使いやすい


手作りの塩麹や開封した市販の塩麹ではこのように保存しますが、未開封やキャップ付きのボトルや瓶に入った塩麹はそのまま冷蔵保存して大丈夫です。雑菌を防ぐために使うドレッシングの容器は100円ショップなどで購入したり、使い切った市販のドレッシングの容器を綺麗に洗い消毒してから使っても良いでしょう。

塩麹の冷蔵での保存期間

塩麹の冷蔵での保存期間ですが、蓋付きの容器に保存すると賞味期限は6か月程度です。継ぎ足しすれば1年以上使えます。ただし、塩麹は使うたびに新しい清潔なスプーンを使うことが大切なので、このことに十分注意してください。市販の塩麹は書かれている賞味期限を守るようにし、手作りなら保存した日付を記入して忘れないように気を付けましょう。


塩麹の冷凍での保存方法・期間は?

塩麹を冷凍保存することが出来ると助かります。塩麹の冷凍での保存方法はどうすれば良いのか、保存期間はどれくらいか紹介します。

塩麹の冷凍での保存方法

塩麹の冷凍での保存方法を手順、ポイントをあげて紹介します。

【方法・手順】
1、密閉できる容器と清潔なスプーンを用意する
2、これらを使って容器に塩麹を入れる
3、容器ごと冷凍庫に保存する

【ポイント】
・必ず容器やスプーンは清潔なものを使い、水気を拭き取ってから使う
・まめに使うなら最初から小さい容器に小分けしておく
・容器は保存状態が見えるように透明にする

塩麹は冷凍したものでも解凍時間が早いので小分けの保存は麹の力を保つためにもおすすめです。一つの容器でたくさんの量を冷凍すると冷凍・解凍・再冷凍と繰り返すことになります。品質が落ちるペースが早くなるだけでなく、解凍した時の温度が5℃以上だった場合雑菌が繁殖してしまうのです。

量が多いときはいくつかの小さな容器に分けて冷凍保存するようにしましょう。再冷凍を防ぐためにも大切なポイントです。

塩麹の冷凍での保存期間

塩麹の冷凍での保存期間は6か月迄です。密閉した状態で上手く保存でき、発酵は止まっても風味は徐々に落ちてきます。麹の力を活かすためにも早めに使いましょう。

塩麹を解凍する方法は?

冷凍した塩麹を解凍する方法は何があるでしょうか?3つの方法を紹介しますので料理に合わせて使い分けをしてみましょう。

①自然解凍する

自然解凍でも早く解凍できます。塩麹の性質が冷凍しても硬く固まらないからです。急いでいないときは自然解凍での解凍をしてみてください。麹の力を発揮させるためにも出来るだけ自然解凍をおすすめします。

②電子レンジを使って解凍する

電子レンジを使って解凍するのは、かなり急いで調理したいときにしましょう。解凍時間は自然解凍でも早いので短時間を心がけてください。電子レンジで急速に加熱すると麹が死んでしまうことがあります。その点を理解して電子レンジ解凍を行うようにしましょう。

③凍ったまま加熱調理して使う

凍ったまま加熱調理して使う方法もあります。スープやなべ料理なら、冷凍した塩麹をそのまま鍋に入れても全く大丈夫です。こういう時に小分けの冷凍保存をしておくと助かります。

塩麹の賞味期限が切れた時の見分け方は?

賞味期限が切れた塩麹はどのような状態になるのでしょうか?塩を使っているので細菌の繁殖や塩麹の傷みは少なくはなりますが、塩麹は生ものなので保存状態が悪いと使えなくなります。賞味期限が切れた特徴をあげて見分け方を紹介しましょう。

塩麹の賞味期限が切れた場合の特徴

塩麹の賞味期限が切れた場合の特徴は次の通りです。

【特徴】
・酸味が強くなる
・酸味の臭いもする
・アルコールの臭いがする
・表現しがたい強烈な臭いがする
・色が茶色っぽく変色する
・さらに色が赤やピンクになる


臭いや見た目で分かる明らかな特徴があるので、このような状態であれば、処分しましょう。

(*塩麹の賞味期限について詳しく知りたい方はこちらの記事を読んでみてください。)

塩麹の賞味期限は?期限切れはいつまで大丈夫?保存法や使い切りレシピなど紹介!

塩麹はうまく保存して使おう

塩麹は発酵食品ですので清潔に扱い、用途に合わせて冷蔵・冷凍とうまく保存すれば長持ちします。料理を美味しくするだけでなく栄養価も高いので積極的に取り入れて毎日の食生活に使ってくださいね。

関連する記事