漬物の賞味期限切れはいつまで大丈夫?手作りは短い?腐敗の見分け方や保存法を紹介!

漬物の賞味期限の目安を知っていますか?今回は、漬物の賞味期限を〈市販・自家製〉別に比較して、期限切れでもいつまで食べられるのかなど紹介します。漬物の日持ちする保存方法や、賞味期限切れ・腐った場合の見分け方も紹介するので、参考にしてみてくださいね。

目次

  1. 漬物の賞味期限は長い?短い?
  2. 漬物の賞味期限はどのくらい?
  3. ①市販商品(未開封)の賞味期限
  4. ②市販商品(開封後)の賞味期限は3日
  5. ③自家製の場合の賞味期限
  6. 漬物は長期保存できない場合も?理由は?
  7. 塩分濃度によって保存期間が変わる
  8. 漬物の賞味期限切れはいつまで食べられる?
  9. 賞味期限の定義
  10. 賞味期限切れでも腐っていない場合は食べられる
  11. 漬物の日持ちする保存方法は?
  12. ①冷蔵保存
  13. ②冷凍保存
  14. 常温保存する場合は注意が必要
  15. 漬物の賞味期限に注意しよう

保存食のイメージが強く、腐りにくいと考えられることも多い漬物ですが、現代の減塩志向などから日持ちのする漬物の種類は案外少ないので、賞味期限・消費期限に関わらず、開封したら風味を損なう前に食べる事をおすすめします。自家製の漬物は塩分濃度や温度に気を付けて管理し、長期保存したい場合は、たくあんやらっきょうなどを活用しましょう。

関連する記事