片栗粉とは?原料は小麦粉・コーンスターチと違う?使い方や成分・性質なども紹介!

片栗粉は、あんかけなどのとろみづけに使用される粉類です。その片栗粉の原料を知っていますか?今回は、片栗粉の原料・成分や小麦粉・コンスターチとの違いを紹介します。他にも片栗粉の性質や使い方や保存方法も紹介するので参考にしてみてくださいね。

目次

  1. 片栗粉とは?
  2. 片栗粉の原料は「でんぷん」で主成分は炭水化物
  3. 糊化する性質がある
  4. 片栗粉の使い方は?
  5. ①とろみ付けに使う
  6. ②旨味を閉じ込める
  7. ③入浴剤にする
  8. ④ネイルに使う
  9. ⑤グリルなどの掃除に使う
  10. 片栗粉と小麦粉・コンスターチの違いは?
  11. 片栗粉と小麦粉の違い
  12. 片栗粉とコンスターチの違い
  13. 小麦アレルギーの場合は片栗粉・コーンスターチで代用がおすすめ
  14. 片栗粉の賞味期限・保存方法は?
  15. 片栗粉の賞味期限の目安
  16. 片栗粉は冷凍庫で保存するのがおすすめ
  17. 片栗粉をうまく使おう

片栗粉とは?

粉類はさまざまな種類がありますが、片栗粉にはどういう性質があるのでしょうか。まずは、片栗粉に含まれる成分から見ていきましょう。

片栗粉の原料は「でんぷん」で主成分は炭水化物

片栗粉の主成分は炭水化物で、その炭水化物の中のでんぷんが原料です。このでんぷんはじゃがいもからたくさん取れるもので、体内に入るとブドウ糖となります。また、すぐにエネルギー源となることから、昔は病に倒れた時に溶かして飲まれることもありました。


片栗粉はもともとはカタクリという植物の球根から取れるでんぷんで精製されていましたが、取れる量が少量であることから、明治以降は大量生産出来て安価であるじゃがいもを使用する事が多い様です。

糊化する性質がある

カタクリのでんぷんとじゃがいものでんぷんに共通した性質である「糊化」とは、水と熱を加えることで糊状になることを指しています。また、同じ炭水化物が主成分であるお米も、水と熱を加えることで独特の粘りが出ます。片栗粉は60度と低い温度で糊化し、強い粘度が出やすいので料理のとろみ付けに使われます。

片栗粉の使い方は?

糊化する片栗粉ですが、他にもさまざまな特徴があります。ここでは片栗粉の特徴を用いた便利な使い方を、料理や掃除など多岐にわたって紹介します。

①とろみ付けに使う

とろみをつける粉は他にもありますが、片栗粉はあんかけを作る際には必須とされています。とろみ付けとして使用する際は材料に触れたところが糊化してダマになってしまうため、水に溶かしてよく混ぜてから加えるのがポイントです。

②旨味を閉じ込める

片栗粉を肉や魚の表面にまぶして焼き調理や揚げ調理などに活用することで、カリッとした食感になります。このカリっとした表面の内側は水分を吸うことで膜ができるので、旨味が逃げ出しにくくなります。

また、唐揚げ粉の衣に使用すれば、焦げ付きにくく、時間が経ってもべたつきにくいといったメリットもあります。まぶすだけで口当たりが良くなるので、色々な料理に使えるテクニックです。

③入浴剤にする

片栗粉・重曹・水を使えば、バスボムをつくることもできます。作り方は簡単で、片栗粉と重曹、好みの香りの果汁を混ぜ合わせ、団子状になるまで少量ずつ水を加えるだけです。

片栗粉にはビタミンCが含まれているため、メラニンの生成を抑えたり、肌を保湿したりする効果も期待できます。ただし、ぬめりが残ったままになってしまうため、入浴剤使用後は必ずシャワーで洗い流しましょう。

④ネイルに使う

片栗粉を活用すれば、流行りのマットネイルにも挑戦出来ます。サロンでマットコートをするとどうしても料金がかかってしまいがちですが、家にある片栗粉を活用すれば安く済ませることができます。やり方も簡単で、好みのマニキュアに少量ずつ片栗粉を加え、つまようじで混ぜるだけで出来ます。

また、ジェルネイルに使用すれば、ぷっくりとした3Dネイルもできます。自宅ではなかなか難しいとされる3Dネイルですが、ジェルに片栗粉を混ぜることで堅さがでるため、自宅ネイルをする人たちの間で話題になっている様です。

⑤グリルなどの掃除に使う

片栗粉は、キッチン周りの掃除にも活用できます。例えば、あらかじめ魚焼きグリルに片栗粉を混ぜた水を入れておけば、冷えた時にゼリー状になります。このゼリー状のものを捨ててしまえば良いので、コンロ掃除も楽になるでしょう。

また、漂白剤と混ぜることでお風呂のカビ掃除にも活用出来ます。液体の漂白剤は壁だと流れやすいですが、片栗粉を混ぜてペースト状にすれば、密着するのでカビを落としやすくなるでしょう。

片栗粉と小麦粉・コンスターチの違いは?

片栗粉と似た調理に用いる粉類として小麦粉やコーンスターチがありますが、それぞれどうやって使い分ければ良いのでしょうか。ここでは、この三種類の違いについて説明します。

片栗粉と小麦粉の違い

片栗粉は低温で糊化し、粘りが強いためあんかけなどに使われます。一方、小麦粉には以下のような特徴があります。

原料:小麦
とろみ:90度前後の高温でとろみがつき、粘度が低い
使い方:カレーやグラタン、揚げ物の衣

小麦粉の衣の場合、片栗粉と違って外はガリッと、中はフワフワの食感になります。原料の違いが糊化の温度や状態を左右しているため使用用途は異なりますが、どちらでもとろみをつけることはできます。

片栗粉とコンスターチの違い

片栗粉は冷めると粘りがなくなるため、スープなどの温かい料理に使われます。一方、コーンスターチには以下のような特徴があります。

原料:とうもろこし
とろみ:冷めてもとろみが持続する。
使い方:カスタードクリームやチーズケーキなど

温かい料理に使用する片栗粉とは違い、基本的には冷やして食べるものに使用します。どちらでもとろみをつけることができますが、コーンスターチには独特の風味がある事、片栗粉のように無色透明ではない事に注意が必要です。

(*コーンスターチについて詳しく知りたい方はこちらの記事を読んでください。)

コーンスターチとは?片栗粉と違いは?役割・使い方や活用レシピのおすすめも紹介!

小麦アレルギーの場合は片栗粉・コーンスターチで代用がおすすめ

小麦粉、片栗粉、コーンスターチのどの粉でもとろみをつけることが可能です。小麦アレルギーの方がカレーやグラタンを愉しむ時は、片栗粉やコーンスターチの量を調整して代用しましょう。

片栗粉の賞味期限・保存方法は?

片栗粉は開封後の保存の仕方によって、保存期間が大きく変化します。ここでは片栗粉の賞味期限と、より長持ちさせるための保存方法を紹介します。

片栗粉の賞味期限の目安

片栗粉のおおよその賞味期限は、未開封の段階と開封後とで大きく異なります。

【未開封】高温多湿を避ければ約1年半くらい保存可能
【開封後】正しい保存方法(*)であれば2週間~3週間は開封直後と同じ状態で使用できる

袋に記載されている賞味期限はあくまで未開封の段階なので、開封後の場合は異常が無いか確認してから使用しましょう。

*‥‥次の見出しで解説しています

(*片栗粉の賞味期限について詳しく知りたい方はこちらの記事を読んでみてください。)

片栗粉の賞味期限切れはいつまで大丈夫?開封後は短い?保存で日持ちさせるコツも紹介!

片栗粉は冷凍庫で保存するのがおすすめ

片栗粉は他の粉類同様常温で放置するとコナダニが発生する事があり、体内に入るとアレルギー症状を引き起こす可能性があります。ただ、コナダニは高温多湿でなければ繁殖できないため、開封後は冷蔵庫で保存すると良いでしょう。

また、コナダニの侵入そのものを防ぐためにも、密閉された容器に小分けにする事も重要です。コナダニの侵入を防ぐだけではなく、冷蔵庫の臭い移りを防いだり、湿気も防ぐといったメリットもあります。

(*片栗粉の保存方法について詳しく知りたい方はこちらの記事を読んでみてください。)

片栗粉の保存方法・期間は?冷蔵庫でOK?ダニ・カビ対策の容器の選び方なども紹介!

片栗粉をうまく使おう

片栗粉は料理にとろみをつける時によく使われるもので、小麦粉の代わりとしても使えます。料理だけでなく美容や掃除にも活用できるので、これを機会に片栗粉をストックしておくと良いでしょう。

関連する記事