エビの種類別の特徴や食べ方のおすすめは?食用・鑑賞用別に一覧で紹介!

エビの種類について知っていますか?世界中のエビの種類は3,000種ほどと言われています。今回は、<食用・海水観賞用・淡水観賞用>別のえびの種類を画像とともに紹介します。エビの旬の時期、食べ方のおすすめなど特徴も紹介するので、参考にしてみてくださいね。

目次

  1. えびの種類は?
  2. えびの種類【食用】
  3. ①クルマエビ
  4. ②イセエビ
  5. ③ボタンエビ
  6. ④アマエビ
  7. ⑤サクラエビ
  8. ⑥プーバラン
  9. ⑦ブラックタイガー
  10. ⑧バナメイエビ
  11. ⑨ロブスター
  12. ⑩アカザエビ
  13. ⑪シバエビ
  14. ⑫ウチワエビ
  15. ⑬ぞうりえび
  16. ⑭セミエビ
  17. えびの種類【海水観賞用】
  18. ⑮テッポウエビ
  19. ⑯オトヒメエビ
  20. ⑰アカスジモエビ
  21. ⑱フリソデエビ
  22. えびの種類【淡水観賞用】
  23. ⑲ヌマエビ
  24. ⑳ビーシュリンプ
  25. えびの種類は様々

えびの種類は?

様々な料理に使用されるため日本での消費量の多いエビですが、その種類は3000種ほどと言われています。エビは大きく食用や観賞用などに分けられますが、どのような種類のエビが存在するのでしょうか。ここからはエビの種類を食用エビ・海水観賞用エビ・淡水観賞用エビに分けて紹介し、それぞれの種類の特徴なども併せて見ていきます。

えびの種類【食用】

食卓に様々な料理となって並ぶことが多いエビですが、身近な食用エビはどのような種類があるのでしょうか。それぞれのエビの体長・旬の時期・生息地などの特徴や、種類別のおすすめの食べ方を紹介していきます。

①クルマエビ

・体長:15〜25cm
・旬:夏
・生息地:日本、東南アジア


クルマエビは、見た目はブラックタイガーに似ている食用エビです。国内では北海道南部以南の各地の内湾に生息し、養殖の生産量が国内で最も多いのは沖縄です。旬は夏ですが、養殖物は年中を通して食べられます。新鮮な場合は刺身でも食べられますが、加熱すると甘みが際立つため天ぷらにも向くようです。また、おせち料理にもうま煮の具材として使われます。

②イセエビ

・体長:30cm
・旬:1年中
・生息地:千葉県、三重県、長崎県


イセエビは体長30cmほどにもなる大型の食用エビで、メスの方がオスよりもサイズが少し小さいのが特徴です。1年を通して獲れるエビですが、漁獲量を抑えるために漁の時期が決められていて10月〜4月頃しか漁が行われません。なお、イセエビは新鮮な場合は刺身で食べることができますが、焼き物や煮物・汁物にしても美味しく食べられるでしょう。

③ボタンエビ

・体長:10〜15cm
・旬:春、秋
・生息地:北海道、富山県


ボタンエビは甘みが強くアマエビに味が似ていますが、アマエビよりも食べ応えがあるエビです。旬は春と秋で、富山県や北海道などが産地として知られています。食べ方は刺身以外に、焼き物や汁物にするのもおすすめです。ボタンエビは身だけでなくミソも美味しく食べられるので、軽く焦げる程度まで頭を焼いてエビのミソを味わうのも良いでしょう。

④アマエビ

・体長:10cm
・旬:冬
・生息地:北海道、北陸地方


アマエビの本来の名前はホッコクアカエビですが、甘みが強いためにアマエビと呼ばれています。旬は冬ごろで、北海道や北陸地方で捕獲量されますが、海外からも大量に輸入されるため通年で食べられます。青色の卵も美味しく食べられるので刺身や寿司で食べる印象の強いアマエビですが、殻付きのまま唐揚げや塩焼き、天ぷらにしても美味しいようです。

(*甘エビについて詳しく知りたい方はこちらの記事を読んでみてください。)

甘エビの旬の時期はいつ?主産地や漁獲量は?選び方や食べ方のおすすめも紹介!

⑤サクラエビ

・体長:5cm
・旬:3月中旬〜6月初旬、10月下旬〜12月下旬
・生息地:静岡県


サクラエビは水深500mほどの海水の中を群で泳ぐエビで、動物性プランクトンを餌として生きています。サクラエビの漁の時期は1年に2度、3月中旬〜6月初旬・10月下旬〜12月下旬にあり、それ以外の時期は漁が行われません。流通しているサクラエビは乾燥しているものが多くかき揚げなどで食べられますが、新鮮な場合は生の刺身にして食べるのもおすすめです。

⑥プーバラン

・体長:12.5cm
・旬:通年
・生息地:インド太平洋の熱帯、温帯海域

プーバランは聞き慣れない名前のエビですが、フリーズドライされてカップヌードルのえびとして多く使用されるほか、日本ではむきエビとして飲食店などに流通しています。体長は大きくても12.5cmほどで、茹でると緋色がかかったオレンジ色になるのが特徴です。プーバランは日本では市販されていないようなので、自宅で料理をする機会は少ないでしょう。

⑦ブラックタイガー

出典:https://www.zukan-bouz.com/syu/%E3%82%A6%E3%82%B7%E3%82%A8%E3%83%93

・体長:30cm
・旬:通年
・生息地:日本、東南アジア、インド洋


ブラックタイガーはクルマエビの仲間で、体長が30cmほどまで成長する食べ応えがあるエビです。クルマエビに味が近くサイズも大きいですが、クルマエビよりも安価に手に入るので人気が高く流通量の多いエビの一つです。ブラックタイガーは天ぷらやエビフライとして調理されることが多いですが、煮物や炒め物、鍋に入れても美味しく食べられます。

⑧バナメイエビ

・体長:12cm
・旬:通年
・生息地:インド、タイ


バナメイエビもクルマエビの仲間で、ブラックタイガーよりも味は少し劣りますが安価に手に入ります。国内でも漁獲をされていますが、近年では養殖が主流になり、インドやタイで養殖されたものが輸入されています。旨味が強く歯応えがあるので、エビチリやグラタンなどの具材にすると歯応えや風味を楽しめるでしょう。

⑨ロブスター

・体長:50cm
・旬:4月後半~6月、12~1月
・生息地:ユーラシア大陸沿岸、大西洋アメリカ大陸沿岸


ロブスターはザリガニ系のエビで、大きいものは体長が1mを超える場合もあります。ロブスターは脱皮の際に内臓も一緒に入れ替わるため、老化することなく寿命が長いことで有名です。ロブスターは、ミソも身も非常に旨味が強く高級食材とされていて、オーブン焼きやグラタンにされる場合が多いようです。

⑩アカザエビ

・体長:25cm
・旬:9月〜6月
・生息地:太平洋沿岸域


アカザエビは別名テナガエビの名称で親しまれています。植物のアカザの新芽の部分の色味が、アカザエビのピンクの体に似ていることから、アカザエビと名付けられました。身に甘みがあり、鮮度が高ければ生で刺身でも食べられますが、美味しい出汁が出るのでスープにしても良いでしょう。

(*アカザエビについて詳しく知りたい方はこちらを読んでみてください。)

アカザエビとは?値段や旬・味わいなど特徴は?食べ方・レシピのおすすめも紹介!

⑪シバエビ

・体長:10〜15cm
・旬:7月〜9月
・生息地:東京湾、伊勢湾


シバエビはクルマエビの仲間で、芝と呼ばれる場所でよく獲れたためシバエビと名付けられました。身は少し硬いのが特徴で、比較的安価で手に入っていましたが、近年では捕獲量が減ったため少し価格が上がっているようです。おすすめの食べ方は炒め物や唐揚げ、エビチリなどです。

⑫ウチワエビ

・体長:20cm
・旬:7月〜9月
・生息地:東京湾、伊勢湾


ウチワエビはうちわのような見た目からその名がつけられた、水深100mほどに生息するエビです。イセエビにも劣らない美味しさと評価されていますが、イセエビよりも安価に手に入ります。旬の時期は7~9月で焼いても茹でても美味しく食べられますが、良い出汁が出るので汁物にしても良いでしょう。

⑬ぞうりえび

出典:https://aquamarinzu.ocnk.net/product/3459

・体長:15cm
・旬:7月〜9月
・生息地:房総半島から九州にかけての太平洋側、奄美群島から沖縄諸島


ゾウリエビもウチワエビのように変わった形をしていますが、非常に味の良いエビと言われます。漁獲量が少なく、体長も15cmほどと小さい希少価値の高いエビです。新鮮なものは生の刺身で食べられますが、ゾウリエビは加熱しても身が硬くならず特有の風味が出るので茹でたり焼いたりするのもおすすめです。

⑭セミエビ

・体長:30cm
・旬:5月頃〜夏
・生息地:四国、九州、沖縄


セミエビは体長30cmほどの大型種のエビで、セミのように見えることからセミエビと名付けられました。殻が非常に硬いのが特徴ですが、中には身がしっかりと詰まっていて味も非常に良いエビです。新鮮な場合は、刺身などにしてミソまで美味しく食べることができますが、焼物や汁物などにするのもおすすめです。

えびの種類【海水観賞用】

エビには食用だけでなく観賞用の種類もあり、海水観賞用と淡水観賞用とに分けることができます、ここでは、そのうちの海水観賞用のエビについて、それぞれのエビの特徴や飼育する上でのポイントなどを併せて見ていきます。

⑮テッポウエビ

出典:https://www.zukan-bouz.com/ebi/teppouebi/oniteppouebi.html

・体長:1〜数cm
・旬:夏
・生息地:東南アジア


テッポウエビは体長1〜数cmほどの小さな海水エビで、暖かくて浅い海のある東南アジアなどに生息しています。見た目にも特徴的な大きなハサミを閉じた時に鉄砲のような音が鳴ることから、その名前が付けられました。海の中ではハゼと共生しているのも特徴で、ハゼがエビを外敵から守り、エビがハゼの暮らす穴を作る役割があります。

⑯オトヒメエビ

・体長:5cm
・旬:夏
・生息地:熱帯、サンゴ礁域


オトヒメエビは可愛らしい色合いをした海水エビで、見た目が非常に美しく体長は5cmほどです。メスの方がサイズが大きいのが特徴で、海の中ではウツボなどの体を掃除する習性があります。オトヒメエビは攻撃的な一面があり、近縁種や同種のエビと争いを始めやすいため、その習性から別名ボクサーシュリンプとも呼ばれています。

⑰アカスジモエビ

出典:https://angelfish.at.webry.info/200807/article_1.html

・体長:5〜7cm
・旬:通年
・生息地:西部太平洋からインド洋、カリブ海から西部大西洋


アカスジモエビは白と赤のスジが特徴的な海水エビで、本来の名前はアカシマシラヒゲエビです。海中では魚の体に付いている寄生虫を掃除する修正があり、特にウツボの近くにいる場合が多いです。また、背中の模様が動物のスカンクに似ていることから、スカンクシュリンプの別名もあります。

⑱フリソデエビ

・体長:5cm
・旬:通年
・生息地:サンゴ礁


フリソデエビは外見が非常に特徴的な海水エビで、サンゴ礁に生息しています。見た目が和服の振袖に見えることからフリソデエビと名付けられました。オスの方がサイズが少し小さく、地域によって体の斑点の模様が違うのも特徴です。また、ヒトデを食べるエビとしても知られていて、小さなヒトデだけでなく大きなヒトデもメスとオスが協力して食べています。

えびの種類【淡水観賞用】

海水観賞用のエビは、魚と共生したり魚の体を掃除する習性を持っていたりといった様々な個性がありましたが、淡水観賞用のエビはどのような種類がいるのでしょうか。

⑲ヌマエビ

・体長:3〜5cm
・旬:冬の始め
・生息地:日本、マダガスカル、フィジー


ヌマエビは体長3〜5cmほどの小さな淡水エビで、やや透明な色をしている特徴があります。藻を食べる修正を持つため、飼っていると水槽内が綺麗になるほか、他の淡水魚と同じ水槽で飼育ができるので非常に飼育がしやすいエビです。ヌマエビは、ヤマトヌマエビとミナミヌマエビの2種類に分けられ、ヤマトヌマエビの方が大きいのが特徴です。

⑳ビーシュリンプ

・体長:3cm
・旬:通年
・生息地:アジア


ビーシュリンプはヌマエビ科の淡水エビで、体の縞模様が蜂に見えるとこから名付けられました。画像のように赤いものもいますが、白と黒の縞模様がビーシュリンプの一般的な色味です。生息地はアジアとされていますが、詳細は特定されていません。

えびの種類は様々

世界中で3000種ほどの種類がいると言われるエビですが、様々な個性や特徴を持ったエビがたくさんいました。食用エビは種類によって向いている料理が違うので、料理に合わせてエビを選んで見ると良いでしょう。また、観賞用エビも個性があるエビが多いようなので、自分の好みのエビを見つけて飼育を楽しんでみてはいかがでしょうか。

関連する記事