フランスパンの種類別に名前を一覧で!見た目・食感の違いも比較して紹介!

フランスパンにどんな種類があるか知っていますか?今回は、〈バゲット・バタール〉など、フランスパンの種類別に〈食感・生地〉の違いを比較して15種類の名前・画像を紹介します。フランスパンのアレンジレシピ紹介するので、参考にしてみてくださいね。

目次

  1. フランスパンは何種類ある?
  2. フランスパンとは
  3. フランスパンの種類による違い
  4. フランスパンの種類15個を紹介
  5. ①バゲット
  6. ②バタール
  7. ③カンパーニュ
  8. ④パリジャン
  9. ⑤フィセル
  10. ⑥ドゥ・リーヴル
  11. ⑦ブール
  12. ⑧シャンピニオン
  13. ⑨フーガス
  14. ⑩タバチュール
  15. ⑪エピ
  16. ⑫フォンデュ
  17. ⑬クッペ
  18. ⑭パン・オ・セーグル
  19. ⑮パン・オ・ルヴァン
  20. フランスパンのアレンジレシピのおすすめ
  21. ①フレンチトースト
  22. ②ラスク
  23. ③パンシチュー
  24. ④ピザトースト
  25. ⓹サンドイッチ
  26. フランスパンの種類は様々

フランスパンは何種類ある?

フランスパンといえば切れ目が入った長くて大きいパンを想像する方が多いですが、フランスパンは私たちが想像しているよりも種類があることを知っていますか?ここでは、フランスパンの種類と、材料の違いなどを紹介します。

フランスパンとは

本来、「フランスパン」はパンの種類の名称ではなく、フランスのパリ発祥のパンの総称を示します。ただし、日本で「フランスパン」と呼ばれているものは、材料としてバター・卵・砂糖などを使用せずに小麦粉・塩・水・パン酵母のみを使用したものを示す場合が多いでしょう。

このような材料から作られるフランスパンは、外側の生地が硬く、中は塩味がありしっとりと柔らかい食感のものがほとんどです。

フランスパンの種類による違い

フランスパンの種類は、以下の4つの分類に分けられます。

・パン・トラディショネル
・パン・ファンテジー
・パン・スペシオ
・ヴィエノワズリー


パン・トラディショネルは小麦粉・塩・水・パン酵母で作られる棒状のパンで、パン・ファンテジーはパン・トラディショネルと同様の材料で作る、形状が棒状でないものの総称です。一方のパン・スペシオは、小麦粉よりもライ麦粉や全粒粉などを材料としたパンが当てはまります。

なお、ヴィエノワズリーはクロワッサンやブリオッシュなど、砂糖・卵・バターなどを使って贅沢に焼き上げているのが特徴のおやつ向けのパンを示します。

フランスパンの種類15個を紹介

ここでは、上記で紹介した4つの分類のうち、ヴィエノワズリー以外の3つの分類のフランスパンを紹介します。使われる材料や切れ目の数、食感なども紹介するので、気になるものがあれば食べ比べをしてみるのもいいでしょう。

①バゲット

バゲットは最もポピュラーなフランスパンの1つで、フランス語で杖や棒を意味するそうです。長さはおよそ60~70cmで、クープと呼ばれる切れ目が7~8本あるのが特徴です。生地は小麦粉・塩・水・パン酵母と、良い香りや焼き色を付けるために、麦芽から抽出されたモルトエキスを入れることもあります。

細長い形状で火通りが良いため、外側の皮は歯触りが良い香ばしい出来上がりになります。

②バタール

バタールはフランス語で中間を意味する言葉で、バゲットとドゥ・リーブルの中間の太さである事からバタールと名付けられたと言われています。また、バタールは日本で最も好まれているフランスパンのひとつです。

バタールはバゲットと同じ生地で作られますが、長さは30~40㎝程でバゲットよりも短く太い形状をしています。パンは外側の焼き色がついた部分をクラストと、内側の柔らかい部分はクラムと呼びますが、バタールはバゲットと比べて中のクラム部分が多くなります。そのため、クラムのもちもちした食感を楽しむことができるでしょう。

③カンパーニュ

パリの近くの田舎で作られていた大きなパンを指し、それをパリ市内に売りに来ていたことから「田舎の」といった言葉が由来となってカンパーニュと呼ばれるようになったそうです。形はラグビーボールのような形や円形など様々ですが、一般的にはしっかりしたクラストと不揃いなクラムの気泡が特徴です。

生地は小麦粉・ライ麦粉・塩・水・パン酵母で作られていることがほとんどですが、今でも野生の酵母であるルヴァン種を使って発酵させて作る場合もあるそうです。ライ麦粉が使われているため、カンパーニュは酸っぱい香りと酸味を感じられる特徴があり、好みの厚さにスライスしてサンドイッチにすると美味しいと言われています。

④パリジャン

パリジャンはバゲットタイプの棒状のフランスパンで、生地はバゲットと同じものが使われています。長さは50~70cm程と、バゲットと比べるとやや太い印象があります。この特徴を活かして厚めにカットしてサンドイッチに使用したりディップを上にのせて食べたりと、食事用のパンとして扱いやすく人気のあるパンのひとつです。

通常4~5本の大きめの切れ目があるのが特徴で、太目に仕上げているためクラムの部分が多く、通常のバゲットよりも軟らかい食感となっています。

⑤フィセル

フィセルはフランス語で紐を意味しており、名前の通りバゲットなどよりも細い形状が特徴のフランスパンです。生地はバゲットと同じですが、パン自体が小さく細いため、クラストの硬めの食感を楽しめるパンとなっています。クラムの軟らかい食感よりもクラストの硬めの食感を好む傾向があるフランスの方々には、このフィセルは特に人気があるそうです。

フィセルの長さは、一般的にはバタールと同じ30~40㎝程と、バゲット系のフランスパンの中では短いのが特徴です。その小さなサイズから、多くの場合はカットせずに切れ目を入れて具材を挟んで食べられています。

⑥ドゥ・リーヴル

あまり日本では馴染みの無いドゥ・リーブルは、およそ800gとかなり重量のあるフランスパンです。長さは50~60㎝とバゲットより10cmほど短く、パリジャンより1回りほど太いサイズで焼いているため、水分が多めでクラムがもちもちとした食感に仕上がるのが特徴です。

パン・トラディショネルの中で最も大きいフランスパンのため、食べきれない分は冷凍保存して水分が失われないように工夫するといいでしょう。

⑦ブール

ブールはフランス語でボールを意味し、ブーランジェリー、ブーランジェなどのパン屋やパン職人を意味する語源となっています。バゲット系のパンと同じ材料が使われていますが、バケットのように棒状でなく厚みがあるため焼き上がるまで時間がかかります。

ブールの特徴はクラムがとても多くふっくらとしていることと、表面のクラストは薄いために食感も柔らかめなことが挙げられます。ブールはスライスしてサンドイッチにしたりトーストにして食べられるケースが多いパンです。またその形を活かして中身をくりぬき、中にシチューやポタージュを入れて食べることもできます。

⑧シャンピニオン

シャンピニオンはフランス語でキノコを意味し、名前の通りキノコのような少し変わった形をしたフランスパンです。生地の材料はバゲットとほぼ同じものが使われているので、プチバゲットと呼ばれる事もあるそうです。

シャンピニオンを形成するときは、上の薄いカサの部分と下の丸い部分は別々に作られ、窯に入れる前にこれらをあわせる事でこのような形に仕上げています。シャンピニオンは、幅・高さともに6~8cm位の大きさである事が多いようです。

⑨フーガス

フーガスは植物の葉っぱのような形に形成された、砕けるような歯ごたえが特徴のプロヴァンス地方発祥の伝統的なパンです。その起源は古代ローマの時代にまで遡り、ローマ人が囲炉裏の灰で焼いたパンがルーツとなっていると言われています。

生地には他のフランスパンと違って、小麦粉・塩・水・パン酵母以外にオリーブオイルが練りこまれています。また、同じ小麦粉でもフランスパン用の小麦粉ではなく強力粉が使われているのも特徴の1つです。フーガスは表面はさくさくとしていますが、中はもっちりとしており、フランスではステッィクタイプのパンのようにちぎって食べるのが一般的です。

⑩タバチュール

タバチュールはフランス語でタバコ入れを意味し、フランスではタバチェと呼ばれる事もあります。見た目がタバコ入れに似ていたことからタバチュールと名付けられたと言われており、クラストの上部の硬めの食感と独特でユニークな形が特徴です。

タバチュールは多くのフランスパンと同じ様に、バゲットやバタールなどと同じ材料や発酵方法で作られています。ただし、クラストやクラムのバランスが作り手によってかなり違うようで、形も必ずしも丸形ではないようです。

⑪エピ

エピはフランス語で麦の穂を意味し、名前の通り麦の穂のような形をしているパンです。この形は細長く作った生地を成形する際にハサミで切れ込みを入れて、それを左右に交互に開く事で作ります。エピの生地はバゲットと基本的には同じで、発酵方法などもほとんど同じです。

日本ではベーコンなどを入れたベーコンエピを多く見かけますが、フランスではバゲットと同じように何も入れないものが最も多い傾向にあります。

⑫フォンデュ

フランス語で双子や割れ目を意味し、真ん中の部分に切れ目を入れるのではなく麺棒で押さえて形成することによって写真のような形に焼きあがります。クープのような綺麗な切れ目は出ないものの、フォンデュ特有のもっちりとした食感を楽しむ事ができ、小麦の風味をしっかりと感じる事ができるとされています。

またフォンデュのクラムは密度が高くなる事が多く、ずっしりとした食感に仕上がるのも特徴です。

⑬クッペ

クッペはフランス語で切られたと意味し、その名の通り中心部分に1本の大きな切れ目が入ったバゲット系のフランスパンです。クッペは楕円形に太く短く作られていることから、柔らかく大きなクラムに仕上がります。また、表面の大きな切れ目によって程よい硬さのクラストに仕上がるので、柔らかさと程よい硬さを同時に味わえるパンと言えるでしょう。

クッペは日本発祥と言われているコッペパンの原型であるとも言われており、コッペパンのコッペもクッペから来ているとされています。。

⑭パン・オ・セーグル

パン・オ・セーグルは、65%以上の割合でライ麦粉を加えて作っているパンのことを示します。セーグルはライ麦のことを表す言葉で、この配合量の違いでパン・オ・セーグル、メテイユ、パン・ド・セーグルなどにわけられます。

ライ麦はやせた土壌や寒冷地でも育つため、小麦が広く出回るまではライ麦パンが主に食べられていました。フランスではオーヴェルニュやアルプス・ピレネー・ジュラ・ブルターニュなどの各地方でライ麦が栽培されています。

⑮パン・オ・ルヴァン

ルヴァン種と呼ばれる野生の酵母を使って作られるパン・オ・ルヴァンは、パン酵母ができるより前から作られたとされ、の中でも歴史が長い伝統的なフランスパンです。普通のパン酵母が使われたパンより味わい深く、小麦粉だけでなくライ麦粉も配合されているため淡い酸味が楽しめます。

パン・オ・ルヴァンは淡い酸味の他に、しっかりとした味わいと歯ごたえのある食感があるのも特徴です。この特徴からソーセージ、チーズ、燻製物の食品などの、味が濃いものや香りの強いものとも相性が良いと言れています。

フランスパンのアレンジレシピのおすすめ

フランスパンはそのまま食べても十分美味しいですが、大きさが大きいので食べ切れずに残ってしまうことも多いかもしれません。ここでは、アレンジレシピをいくつか紹介するので、残ってしまったフランスパンをアレンジして最後まで美味しく食べましょう。

①フレンチトースト

出典:https://cookpad.com/recipe/6270336

フランスパンの中でもバゲット系のパンはクラストが食パンよりしっかりしています。そのため、フレンチトーストを作る際に卵液をたっぷり吸わせても、焼くときに破れにくいでしょう。

フランスパンでフレンチトースト by のんびりさきちゃん 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが333万品

②ラスク

出典:https://cookpad.com/recipe/6287171

フランスパンを使って作るラスクは、甘く味付けしてお菓子にしても、塩などで味付けしておつまみにしても美味しい一品です。味を付けずに作って、ポタージュスープにクルトンの代わりに入れるのもおすすめです。

フランスパンで簡単!☆サクサクラスク☆ by アス。 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが333万品

③パンシチュー

出典:https://cookpad.com/recipe/4169125

ブールなどの丸型のフランスパンをくりぬいて中にシチューを注ぐだけでできる、簡単で美味しい一品です。ピザ用チーズなどをかけてからオーブンなどで焼くと、さらに美味しくなります。

パンの器にシチューを入れる派です♪ by マラガの空 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが333万品

④ピザトースト

出典:https://img.cpcdn.com/recipes/3449766/m/727832f0b2581dae03c06bb0151a6040?u=4897445&p=1444377845

フランスパンでピザトーストを作ると、食パンで作る場合に比べて歯ごたえのある食感が楽しめます。朝の忙しい時間帯にも、簡単に作れるレシピです。

フランスパン手抜きアレンジ♪ by Mmmmooo 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが333万品

⓹サンドイッチ

出典:https://cookpad.com/recipe/1633450

酸味のあるカンパーニュと相性の良いベーコンを使って作るサンドイッチは、ランチにぴったりの品です。他にチーズやトマト・卵など、好きな具材を挟んで楽しむのも良いでしょう。

*ベーコンエッグのカンパーニュサンド* by apple*tree 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが333万品

フランスパンの種類は様々

フランスパンは食感や風味、大きさも様々な種類があり、様々な食べ方で楽しむことができます。種類によって全く違った味わいを楽しむことができるので、自分好みのフランスパンを、ぜひ探してみてください。

関連する記事