アイスクリームの種類別の違いとは?成分など商品例とともに比較して紹介!

アイスクリームの種類について知っていますか?今回は、<アイスクリーム・アイスミルク・ラクトアイス・氷菓子>など、アイスクリームの種類別にそれぞれの乳成分の量の違いなどを紹介します。アイスクリームの種類別の商品も画像とともに紹介するので、参考にしてみてくださいね。

目次

  1. アイスクリームの種類は?
  2. アイスクリームは4種類に分かれる
  3. アイスクリームの種類①アイスクリーム
  4. アイスクリームの特徴
  5. アイスクリーム の商品例
  6. アイスクリームの種類②アイスミルク
  7. アイスミルクの特徴
  8. アイスミルクの商品例
  9. アイスクリームの種類③ラクトアイス
  10. ラクトアイスの特徴
  11. ラクトアイスの商品例
  12. アイスクリームの種類④氷菓子
  13. 氷菓子の特徴
  14. 氷菓子の商品例
  15. アイスクリームの種類は様々

アイスクリームの種類は?

アイスクリームと言っても、実は複数の種類があることをご存じでしょうか。乳固形分や乳脂肪分の割合によって名称が変わり、味わいだけでなく風味や食感も異なります。それぞれの特徴を理解した上で、よりアイスクリームを楽しみましょう。

アイスクリームは4種類に分かれる

アイスクリームの種類 乳固形分 乳脂肪分
アイスクリーム 15.0%以上 8.0%以上
アイスミルク 10.0%以上 3.0%以上
ラクトアイス 3.0%以上
氷菓子

アイスクリームは、食品衛生法に基づく乳および乳製品の成分規格に関する省令および食品添加物等の規格基準により、区分と定義が決められています。

ポイントとなるのは乳固形分と乳脂肪分の割合であり、この数値によって4つの種類に区分されるのです。乳固形分とは、乳製品の中に含まれる水分以外の部分のことで、無脂乳固形分と乳固形分に分けられ、このうちの乳固形分はバターやクリームになる部分を指します。それぞれはどのような違いがあるのか具体的に見ていきましょう。

アイスクリームの種類①アイスクリーム

アイスクリームの4種類の中で乳固形分と乳脂肪分が最も多くアイスクリームと示される商品の特徴と、具体的な商品を見てみましょう。

アイスクリームの特徴

アイスクリームの定義は、乳固形分15.0%が以上かつ乳脂肪分8.0%以上含まれるものです。アイスの中でも乳固形分と乳脂肪分が最も多く、コクのあるミルクの風味を存分に味わう事が出来るのが特徴です。

アイスクリーム の商品例

yuuuuto38さんの投稿
93815747 649447372574733 586779389024068215 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram

アイスクリームの表記に分類されるアイスには、下記のような商品があります。

”ハーゲンダッツバニラ”:乳固形分25.0%以上, 乳脂肪分15.0%以上
”Lady Borden”:乳固形分23.0%以上, 乳脂肪分14.0%以上
”パルム チョコレート”:乳固形分15.0%以上, 乳脂肪分8.0%以上

どれも、濃厚なミルクの風味が特徴の商品で、高級感を売りにしている物が多く、値段も高めに設定されている商品が多いです。乳脂肪分が多ければ多いほどミルクの風味が強いので、選ぶ際は表記を参考にしてみると良いでしょう。

アイスクリームの種類②アイスミルク

4種類の中でもアイスクリームの次に乳脂肪分と乳固形分が多く含まれるのが、アイスミルクです。アイスミルクの特徴と、具体的にどのようなアイスが当てはまるのか、紹介します。

アイスミルクの特徴

アイスミルクは乳固形分が10.0%以上、乳脂肪分が3.0%以上含まれているアイスの名称で、しっかりとしたミルクの風味がありながら、アイスクリームよりややさっぱりとした口当たりが特徴です。乳脂肪分と比較すると安価な植物性脂肪を使用することで、乳脂肪分を補っているケースもあります。

アイスミルクの商品例

chorotan123さんの投稿
106424489 287250552625872 3868599039504557221 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram

アイスミルクと表記されるアイスの具体的な商品名は、下記の通りです。

”雪見だいふく”:乳固形分13.0%以上, 乳脂肪分3.0%以上
”ジャイアントコーン”:乳固形分10.0%以上, 乳脂肪分3.0%以上
”タイ焼きアイス”:乳固形分14.1%以上, 乳脂肪分3.3%以上

アイスクリームのコクが濃すぎると感じる方には、少しさっぱりとした味わいのアイスミルクを選択するとよいでしょう。アイスクリームと比較すると低カロリーなものも多いので、ミルクの風味を味わいたいけれど、カロリーも気になる方はアイスミルクの表記の商品を選ぶのがおすすめです。

アイスクリームの種類③ラクトアイス

アイスクリームの種類の3番目は、ラクトアイスです。アイスクリームやアイスミルクと比べると更にさっぱりした味わいの印象がありますが、具体的にどのような商品が当てはまるのか見ていきましょう。

ラクトアイスの特徴

ラクトアイスは乳固形分が3.0%以上との決まりがありますが、乳脂肪分の基準はありません。乳脂肪分の基準が無いため、口当たりがさっぱりとしたアイスやシャリシャリした歯触りを楽しむものなど、数多くの種類があります。

ラクトアイスの商品例

nekotama_foodさんの投稿
105969046 136189641453323 1404619168726321350 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram

ラクトアイスの種類に分類されるのは、下記のような商品があります。

”爽”:乳固形分5.3%以上, 乳脂肪分0%
”スーパーカップ”:乳固形分9.0%以上, 乳脂肪分0%
”クーリッシュ”:乳固形分5.0%以上, 乳脂肪分0%

ミルクの味わいを残しながらも、氷などを混ぜてさっぱりとした風味や食感を売りに出している商品が多いのが特徴です。乳脂肪分は少ないですが、植物性脂肪分を多く含むものもあるので、カロリーを気にする場合は注意をして下さい。

また、アイスクリームやアイスミルクと比べるとリーズナブルな値段で購入出来るケースが多いので、アイスを食べたいけれど、値段が気になる方にもラクトアイスはおすすめです。

アイスクリームの種類④氷菓子

アイスクリームの種類の中で最後に紹介するのが、氷菓子です。名前からしてあっさりとした印象がありますが、どのような商品が当てはまるのか、特徴はどういったものなのかについて紹介します。

氷菓子の特徴

氷菓子は、乳固形分も乳脂肪分も基準が無く、シャーベットやアイスキャンディー、かき氷のような商品が多いです。他の3種類のアイスクリームと比較すると、かなり爽やかな風味に仕上がっているのが特徴です。

氷菓子の商品例

morlinntさんの投稿
106211211 989916154786005 6961578991662779359 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram

氷菓子の具体的な商品例には、下記のようなものがあります。

”あずきバー”:乳固形分0%, 乳脂肪分0%
”ガリガリ君”:乳固形分0%, 乳脂肪分0%
”サクレ”:乳固形分0%, 乳脂肪分0%

氷菓子には全くミルクの風味が無い商品も多数存在するためミルクの風味が苦手な方には、氷菓子はぴったりの商品と言えます。脂肪が含まれておらず、さっぱりと仕上がっているためカロリーを気にする方には是非選択してほしいアイスの種類でもあります。

アイスクリームの種類は様々

アイスクリームと一言に言っても、乳脂肪分と乳固形分の割合によって4種類に分けられ、それぞれに風味や食感が異なります。アイスクリームの種類とそれぞれの特徴を理解し、気分や状況に合わせてお好みのアイスを満喫しましょう。

関連する記事