アボカドの保存方法・期間は?常温・冷蔵・冷凍で長持ちのコツを丸ごと・カットで状態別に紹介!

【野菜ソムリエ監修】アボカドの正しい保存方法を知っていますか?今回は、アボカドを〈丸ごと1個・半分カット・ペースト〉など状態別に〈常温・冷蔵・冷凍〉で保存する方法や日持ち期間を紹介します。アボカドの保存食レシピや腐った時の見分け方も紹介するので、参考にしてみてくださいね。

専門家監修 |野菜ソムリエ 春日爽花
Instagram
野菜ソムリエプロ。大学在学時に合格率30%の野菜ソムリエプロの資格を一発で取得。現在は多くの人に野菜の魅力を伝えるためにSNSを用いてイラストでの情報発信を行なっている。
Instagram
野菜ソムリエプロ。大学在学時に合格率30%の野菜ソムリエプロの資格を一発で取得。現在は多くの人に野菜の魅力を伝えるためにSNSを用いてイラストでの情報発信を行なっている。

目次

  1. アボカドの正しい保存方法は?
  2. 追熟させる場合は常温保存
  3. 半分カットした場合は必ず冷凍・冷蔵で保存する
  4. アボカドを保存する際に変色を防ぐには?
  5. ①温度管理に気をつける
  6. ②カット面にレモン汁・オリーブオイルを塗る
  7. ③新鮮なアボカドを選ぶ
  8. アボカドを常温保存する方法・期間は?
  9. 常温で保存する方法・期間
  10. アボカドの食べ頃の見分け方
  11. アボカドを冷蔵保存する方法・期間は?
  12. ①アボカド丸ごと1個を冷蔵保存する場合
  13. ②半分カットしたアボカドを冷蔵保存する場合
  14. アボカドを冷凍保存する方法・期間は?
  15. ①アボカドをカットして冷凍保存する方法・期間
  16. ②アボカドをペースト状にして冷凍保存する方法・期間
  17. 冷凍アボカドの解凍のコツ
  18. 保存したアボカドが腐った時の見分け方は?
  19. 腐ったアボカドの特徴
  20. アボカドの保存食レシピも紹介
  21. ①アボカドのめんつゆ漬け
  22. ②アボカドサーモンのレモンゼリー
  23. アボカドを正しく保存して日持ちさせよう

アボカドの正しい保存方法は?

アボカドは鮮度が落ちやすく、カットするとすぐに変色が始まります。アボカドの保存はどのようにするのが正しいのでしょうか。硬いアボカドを買った場合の追熟させる方法も一緒に紹介します。

追熟させる場合は常温保存

基本的にスーパーで販売されているアボカドは、熟す前に収穫されて出荷されているため少し硬いです。熟した柔らかいアボカドが食べたいのであれば常温で保存して追熟させましょう。アボカドの食べ頃は、皮が黒くなって指で軽く押すと少し柔らかくなった時ですが、ソースなどにする場合はもう少し追熟させて柔らかくするのがおすすめです。

なお、食べる予定のタイミングよりも早く完熟した場合は、常温から冷蔵庫に移すことで追熟を止めることができます。

(*固いアボカドを追熟させる方法について詳しく知りたい方はこちらを読んでみてください。)

アボカドが固いときの対処法は?柔らかくできる?そのままで美味しい食べ方・レシピも紹介!

半分カットした場合は必ず冷凍・冷蔵で保存する

半分だけカットしたアボカドを保存したい場合は、必ず冷蔵か冷凍で保存しましょう。保存する方のアボカドの皮は剥かず、空気に触れる部分をできるだけ減らすためにも種がついた方を保存するのがおすすめです。この後で、詳しい保存の仕方を紹介しているので参考にしてみてください。

アボカドを保存する際に変色を防ぐには?

食べ応えのあるアボカドは、一個丸ごと食べずにカットして半分ずつ食べることも多いかもしれません。しかし、アボカドは変色しやすいため、冷蔵庫に入れておくと次の日には変色してしまいがちです。アボカドを保存する時にできるだけ変色を防ぐ方法はあるのでしょうか。

①温度管理に気をつける

アボカドを冷蔵庫で保存する際には、温度管理に気をつけましょう。アボカドは27℃になると傷みやすくなりますが、温度が低過ぎても低温障害を引き起こし、変色しやすくなります。アボカドを保存する際の適温は8℃から12℃と言われており、低温障害になりやすい温度は5℃以下です。冷蔵庫の温度設定に気をつけて保存し、冷やしすぎないようにしてください。

春日爽花

野菜ソムリエ

アボカドを冷やしすぎや低温障害から守るためには保存する際にアボカドが冷えすぎないように、キッチンペーパーや新聞紙などで包んでから冷蔵することが大切です。

②カット面にレモン汁・オリーブオイルを塗る

アボカドの変色は、アボカドに含まれるポリフェノールオキシターゼと呼ばれる成分が、空気に触れて酸化することが原因で起こります。この酸化を防ぐためにも、アボカドをカットしたらレモン汁かオリーブオイルを塗っておくのがおすすめです。

レモンにはアスコルビン酸、オリーブオイルにはオレイン酸が含まれており、どちらもポリフェノールオキシターゼの酸化を防ぐ効果があります。なお、この際に使用するレモンは市販のレモン汁でもレモンを絞ったものでもどちらでも構いません。レモンを使うと若干味が変化するので、調理法に合わせてレモン汁とオリーブオイルを使い分けるのも良いでしょう。

(*カットしたアボカドの変色を防ぐ方法について詳しく知りたい方はこちらの記事を読んでみてください。)

アボカドの変色する理由は?防止できる?食べれない場合や保存のコツも紹介!

③新鮮なアボカドを選ぶ

アボカドの変色を防ぐためには、以下のような新鮮なアボカドを選ぶことも大切です。

・濃い緑色で黒みがかっている
・表面にシワがなく、ふっくらしている
・弾力があり硬すぎない

アボカド追熟すると、皮が緑から黒色へと変化していきます。アボカドは皮が緑色の段階で出荷されている場合がほとんどなので、あまりに黒いアボカドが売り場に並んでいる場合は、売れないまま追熟が進んだと考えたほうが良いでしょう。このようなアボカドは、その日のうちに食べる場合は買っても良いですが、そうでないなら避けたほうが無難です。

(*アボカドの選び方について詳しく知りたい方はこちらの記事を読んでみてください。)

アボカドの選び方のコツは?美味しい・まずい商品の特徴・見分け方を徹底解説!

アボカドを常温保存する方法・期間は?

アボカドを常温保存する場合は、どのように保存するのが正しいのでしょうか。ここでは、常温保存の期間とアボカドの食べ頃も一緒に紹介するので、参考にしてみてください。

常温で保存する方法・期間

アボカドを柔らかくして食べたいなら、以下のポイントに気を付けながら常温保存して追熟させましょう。なお、常温保存での日持ちは3日〜5日程度です。

・20℃前後で保存する
・風通しの良い場所に置いておく
・より早く追熟させたいならポリ袋などにリンゴと一緒に入れておく


エチレンガスを発生するリンゴは、アボカドの追熟を促すことに役立ちます。冬場の温度が低い時期は追熟の進みが遅くなるため、アボカドを早く食べたい場合はリンゴを活用すると良いでしょう。なお、夏場は部屋の温度も高くなる影響で熟すのが早くなるので、早めに使うか熟したら冷蔵庫で保存しましょう。

アボカドの食べ頃の見分け方

アボカドの食べ頃は以下のように確認します。

・皮の色が全体的に濃い茶色か黒い
・押してみて弾力があり柔らかい


アボカドのヘタがとれやすかったり皮と実に隙間が開いている場合は、熟しすぎているので早めに食べきりましょう。なお、上記の見分け方は加熱せずにサラダなどで食べる場合向けのものなので、炒め物に使ったりする場合はもう少し固いものを使用すると良いでしょう。また、ディップにする場合は柔らかいアボカドを使った方が、調理しやすく味も濃厚になります。

(*アボカドの食べ頃について詳しく知りたい方はこちらの記事を読んでみてください)

アボカドの食べ頃の見分け方は?色・形・硬さが重要?完熟にする方法も紹介!

春日爽花

野菜ソムリエ

アボカドの色が茶色や黒ではなく、赤っぽい色になっている場合は熟しすぎている可能性があります。購入する際にはあまり選ばないようにしましょう。

アボカドを冷蔵保存する方法・期間は?

冷蔵庫にアボカドを保存する場合、できるだけ長く保存するにはどのようにすれば良いでしょうか。ここでは、正しい冷蔵保存の方法について、丸ごと保存する場合とカットしたものを保存する場合とに分けて解説します。

①アボカド丸ごと1個を冷蔵保存する場合

アボカドを切らずに一個丸ごと保存する場合は、以下のようにすると3日から4日は日持ちします。

1.アボカドをポリ袋に入れる
2.冷蔵庫の冷えすぎない場所で保存する


常温保存にして追熟が終わった場合や、硬いままで使いたいときにはこの方法で冷蔵保存するのがおすすめです。ただし、アボカドは温度の変化に敏感なので、低温障害にならないように注意が必要です。冷蔵庫の中でも、冷気が当たりやすく低温になりやすい場所があるので、その部分は避けて入れるようにしましょう。

②半分カットしたアボカドを冷蔵保存する場合

カットしたアボカドを冷蔵庫で保存する場合は、以下の手順で保存しましょう。下記の手順で保存した場合は、2日から3日程度日持ちします。

1.切り口にレモン汁や、オリーブオイルを塗る。
2.ぴったりとラップで覆い、冷蔵庫で保存する


アボカドを半分にカットした場合は、固かったり追熟していなくても必ず冷蔵庫で保存しましょう。また、皮や種は取らないままにし、ラップで覆ってできるかぎり空気に触れないように保存することで酸化や乾燥を防げます。

アボカドを冷凍保存する方法・期間は?

アボカドは冷凍でも保存することができます。冷凍したアボカドは、サラダやそのまま食べる以外にもさまざまな使い方ができるので、新鮮なアボカドが大量に手に入ったときなどには冷凍保存がおすすめです。ここでは、具体的な方法や日持ち期間について解説します。

①アボカドをカットして冷凍保存する方法・期間

アボカドを以下の手順で冷凍すると、おおよそ2週間の保存が可能です。

1.アボカドを食べやすい大きさに切る
2.レモン汁をかけてラップでぴったりと包む
3.保存袋に入れて冷凍庫で保存する


アボカドは、上記のように保存しておくとすぐに使え、変色や腐敗もしにくいので非常に便利です。また、さまざまな大きさに切っておくと、味噌汁や炒め物などの幅広い料理に使うことが出来るでしょう。

②アボカドをペースト状にして冷凍保存する方法・期間

アボカドはペースト状にして保存すると、ディップなどを作る際に便利です。保存期間はカットして保存するのと同じく2週間程度になります。

1.アボカドの種と皮を取り小さく刻む
2.ペースト状になるまで潰したらレモン汁をかけるか、刻んだ玉ねぎを入れる
3.フリーザバッグに入れて空気を抜き、平らにならして保存する。


アボカドを保存するときは玉ねぎを一緒に入れておくと変色を防ぐことができます。アボカドと玉ねぎを混ぜなくても変色を防ぐことはできますが、ディップにして使うのであれば、予め混ぜておけば使うときにも便利でしょう。

冷凍アボカドの解凍のコツ

冷凍したアボカドは2週間程度保存可能ですが、解凍する際は以下の方法で行います。

・自然解凍
・そのままフライパンに乗せて加熱する
・電子レンジで加熱する


アボカドは、適切に温度管理ができていれば冷凍で1ヶ月ほど保存が効くと言われていますが、保存期間が長くなるほど味が変化し始めるのでなるべく早く使い切るのがおすすめです。

アボカドは自然解凍して使用するのが基本ですが、朝食で使う場合は凍ったままフライパンに乗せて焼くと、他の食材と一緒に蒸し焼きにできて便利です。また、急いでいるときには電子レンジで加熱しても構いません。

(*アボカドの冷凍保存について詳しく知りたい方はこちらの記事を読んでみてください。)

アボカドは丸ごと冷凍保存できる?カット・ペーストで変色防止&日持ちさせるコツも紹介!

保存したアボカドが腐った時の見分け方は?

アボカドが腐った時の見分け方を紹介します。腐った時の見た目で黒く変色する食品は多々あるものの、アボカドの場合は腐っていなくても黒く変色することがあるので、腐った時との違いを覚えておきましょう。

腐ったアボカドの特徴

腐ったアボカドは、以下の部分を確認して見分けましょう。

・カビが生えている
・触っただけで崩れる
・切ると全体が真っ黒になっている
・変な匂いがする

このようなアボカドは腐っおり、食べると頭痛や吐き気などを起こすことがあるため食べないようにしましょう。ただし、部分的に黒い斑点や筋がある場合は維管束と呼ばれる植物の組織なので、見た目は良くないものの食べられます。

(*アボカドの黒い部分やカビについて詳しく知りたい方はこちらの記事を読んでみてください)

アボカドの中に黒い斑点・筋が!ガビで腐ってるの?原因や食べられるか解説!
アボカドにカビが生えても食べられる?白・黒色など種類別の見分け方を紹介!

アボカドの保存食レシピも紹介

アボカドはうまく使うことで、保存食としても役立ちます。栄養価が高く体にも良いと言われるアボカドですが、傷みやすいので保存食にしておくことで、使い勝手が良くなるでしょう。ここでは、おすすめのアボカドの保存食レシピを紹介します。

①アボカドのめんつゆ漬け

出典:https://cookpad.com/recipe/5882381

アボカドは、めんつゆにつけておくと空気に触れにくくなり、冷蔵庫で1週間程度日持ちします。めんつゆだけでも美味しいですが、ニンニクを加えることで手早く料理に使え、おつまみにも最適です。残った半分だけのアボカドを使い切りたい時にもおすすめの一品です。

アボカドのめんつゆ漬け by KONOママご飯 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが334万品

②アボカドサーモンのレモンゼリー

出典:https://cookpad.com/recipe/4740614

アボカドは、変色を防ぐ効果があるレモンと一緒にゼリーにすることで、2日から3日ほど日持ちします。見た目にも爽やかなので、夏の暑い時期の一品としてもぴったりでしょう。

アボガドサーモンのレモンゼリー by melonchama 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが334万品

アボカドを正しく保存して日持ちさせよう

クリーミーな食感が人気のアボカドは変色しやすいのがデメリットですが、保存方法を工夫することで変色を防いで日持ちさせることができます。正しく保存をして、美味しいアボカドを長く楽しみましょう。

関連する記事

×