片栗粉の保存方法・期間は?冷蔵庫でOK?ダニ・カビ対策の容器の選び方なども紹介!

片栗粉の保存方法を知っていますか?今回は、<未開封・開封後>別の片栗粉の<常温・冷蔵・冷凍>での保存方法やポイント・注意点に加えて日持ち期間の目安を紹介します。片栗粉を保存する際の容器の選び方や、賞味期限が切れた場合の特徴も紹介するので、参考にしてみてくださいね。

目次

  1. 片栗粉の正しい保存方法や日持ち期間は?
  2. 未開封の場合は常温で保存する
  3. 開封後の場合は冷蔵庫で保存する
  4. 片栗粉は冷凍することで長期保存が可能
  5. 片栗粉の保存期間の目安は1年半くらい
  6. 片栗粉を冷蔵庫で保存する際の注意点は?
  7. ①温度差の結露によるカビ
  8. ②ニオイが移る
  9. ③粉ダニの発生
  10. 片栗粉を保存する際のコツは?
  11. ①小分けする
  12. ②密閉できる容器に入れる
  13. ③使うときだけ冷蔵庫から取り出す
  14. 片栗粉を保存する容器の選び方は?
  15. ①プラスチックケース&タッパー
  16. ②蓋がついていて密閉できる容器
  17. ③乾燥剤がついた容器
  18. 片栗粉の賞味期限が切れた時の見分け方は?
  19. 片栗粉の賞味期限が切れた時の特徴
  20. 片栗粉を冷凍保存して美味しく食べよう

片栗粉を保存する際のコツは?

片栗粉を保存する時、買った時の袋のままでゴムで縛ったり、クリップで留めたりするだけの人も多いのではないでしょうか。しかし、片栗粉はダニやカビが発生しやすいため、保存方法には気をつける必要があります。ここからは、片栗粉を保存する際のコツを紹介します。

①小分けする

片栗粉を冷凍保存する時は、ジップつきの保存袋に小分けするのがおすすめです。小分けすることで使う時に空気に触れる量を最小限に抑え、酸化による劣化を防ぐことができます。小分けした時には、乾燥剤も一緒に入れておくのがベストです。また、予め使いやすい量に計量して小分けしておけば、使う時の手間が省けて便利です。

②密閉できる容器に入れる

片栗粉を常温や冷蔵庫で保存する時は、密閉できる容器に入れて下さい。粉ダニは非常に小さいため、輪ゴムやクリップで袋の口を止めただけでは、侵入を防ぐことはできません。また、未開封の状態でも袋を食い破ることもあります。密閉できる容器に入れることで、ダニやカビの発生を防ぐとともに、空気に触れることによる劣化も抑えられます。

③使うときだけ冷蔵庫から取り出す

片栗粉は使う時だけ冷蔵庫から取り出すようにして下さい。低温の冷蔵庫から出した片栗粉を常温で放置しておくと、温度差によって結露が発生してしまいます。結露で発生した水分はカビを発生させる原因になります。片栗粉は使う時だけ冷蔵庫から取り出し、使い終わったら速やかに冷蔵庫に戻すようにしましょう。

片栗粉を保存する容器の選び方は?

片栗粉の保存にはジッパー付きの保存袋を使うこともできますが、冷蔵庫や常温保存の場合は、保存容器に移した方が使い勝手が向上します。ここからは、片栗粉の保存容器の選び方を紹介します。

①プラスチックケース&タッパー

出典:https://image.rakuten.co.jp/livingut/cabinet/maker_yamajitsu11/267989-3-re.jpg

片栗粉を保存するのに手軽な容器が、プラスチックケースとタッパーです。軽くて積み重ねもできる、うっかり床に落としても割れない、など取り扱いのしやすさが魅力です。選ぶ時は自分の冷蔵庫に合ったサイズを選んで下さい。容器のサイズが大きすぎると、冷蔵庫のスペースを圧迫してしまいます。

また、片栗粉を移す時や使う時にもこぼれにくいように、容器の口が広いものや正方形の形の容器がおすすめです。ホームセンターや100円圴一の店舗では、様々なデザインのプラスチックケースやタッパーが揃っていますので、好みのデザインを探してみて下さい。

調味料入れ 小麦粉&スパイスボトル タワー tower 山崎実業 小さじスプーン付き

②蓋がついていて密閉できる容器

出典:https://shop.r10s.jp/livingut/cabinet/maker_takeya3/4904776512599_5.jpg

片栗粉を保存する時は、蓋がついていて密閉できるものを選びましょう。プラスチック製以外でもホーロー製の容器は雑菌の繁殖を防いでくれる他、気密性が高く、他の食品からの匂い移りを防いでくれるので、おすすめです。また、ガラス製の容器は外から中身が見えるのが便利な他、湿気から片栗粉を守る効果もあります。

蓋にはパッキンがついているものを選ぶと、より気密性が高くなり、片栗粉の劣化を防止してくれます。他にも高い気密性が特徴の容器や、真空状態にして酸化を防いでくれる容器もあるので、チェックしてみて下さい。

保存容器 500ml フレッシュロック 角型 選べるカラー 白 緑 茶

関連する記事

×