練り物は冷凍保存できる?賞味期限は?解凍方法やアレンジレシピを紹介!

練り物は冷凍保存できるか知っていますか?今回は、<さつま揚げ・かまぼこ&はんぺん・ちくわ>など練り物を冷凍保存する方法・ポイントや日持ち期間の目安や解凍方法を紹介します。練り物の賞味期限が切れた場合の特徴やアレンジレシピも紹介するので、参考にしてみてくださいね。

目次

  1. 練り物は冷凍保存できる?
  2. 練り物を長期間保存する場合は冷凍がおすすめ
  3. 練り物を冷凍保存する際のポイント・注意点は?
  4. ①空気に触れないようにする
  5. ②急速冷凍する
  6. ③小分けして冷凍保存する
  7. ①さつま揚げを冷凍保存する場合は?
  8. さつま揚げを冷凍保存する方法
  9. 冷凍さつま揚げの保存期間の目安
  10. ②かまぼこ&はんぺんを冷凍保存する場合は?
  11. かまぼこ&はんぺんを冷凍保存する方法
  12. 冷凍かまぼこ&はんぺんの保存期間の目安
  13. ③ちくわを冷凍保存する場合は?
  14. ちくわを冷凍保存する方法
  15. 冷凍ちくわの保存期間の目安
  16. 冷凍した練り物を解凍する方法は?
  17. ①冷蔵で自然解凍する
  18. ②フライパンを使って解凍する
  19. ③オーブントースターを使って解凍する
  20. ④凍ったまま加熱調理して解凍する
  21. 練り物の賞味期限が切れた時の見分け方は?
  22. 練り物の賞味期限が切れた場合の特徴
  23. 冷凍練り物を使ったアレンジレシピ
  24. ①ちくわの味噌焼き
  25. ②さつま揚げの香草パン粉焼き
  26. ③かまぼこチーズピカタ
  27. 練り物を冷凍保存して美味しく食べよう

練り物は冷凍保存できる?

寒い時期やお弁当に大活躍する練り物は、賞味期限が短いためスーパーで値引きされていることもよくあります。練り物といってもさまざまな種類がありますが、全て冷凍できたら無駄にすることなく使い切れます。

練り物を長期間保存する場合は冷凍がおすすめ

練り物は冷蔵庫に保存しておくと数日しか保存できないため、他の食材などとまとめ買いしてきた場合は優先的に使わなければいけません。しかし、練り物は冷凍保存ができるため、大量に購入した場合や直ぐには使わない場合は、冷凍庫に入れておくのがおすすめです。さつま揚げやかまぼこ、ちくわなどの人気の練り物の保存方法を集めたので参考にしてみてください。

練り物を冷凍保存する際のポイント・注意点は?

練り物を冷凍保存するときの、ポイントや注意点はないでしょうか。冷凍していてもやり方が間違っていれば味や風味が劣化し、賞味期限内であっても食べられなくなります。できるだけ長く日持ちさせられるように、ポイントを抑えて冷凍しましょう。

①空気に触れないようにする

さつま揚げのような練り物は油が使われていることが多く、油が酸化すると風味や味が劣化しやすくなります。真空パックになっている場合は、無理に開封してラップに移したりせずにそのまま冷凍しましょう。真空パックではない場合や少しずつ使いたい場合は、ラップにぴったり包んでフリーザバッグに入れて密閉して空気に触れないように保存します。

②急速冷凍する

練り物は風味や品質が落ちやすく、特にかまぼこのような生の練り物は穴が空いて「す」になりやすくなります。練り物を保存する場合は、できるだけ時間をかけないようにするのが重要なので、急速冷凍させましょう。冷蔵庫に急速冷凍の機能がついているなら活用し、ないならステンレスのトレイやアルミホイルを使用します。

金属は伝熱効果が高いため、トレイの上に乗せたりアルミホイルに包むと普通に冷凍するよりも早く凍ります。練り物以外にも、肉や魚を凍らせるのにも品質が落ちにくくなるので、冷凍庫用のトレイを用意しておくと良いでしょう。

③小分けして冷凍保存する

練り物はそのまま食べることも多く、再冷凍すると品質が落ちるうえ解凍された場所が5度以上だった場合は、雑菌も湧いて食中毒を起こしやすくなります。練り物を少しずつ使いたいなら、必ず小分けにして食べる分だけを解凍しながら使いましょう。

①さつま揚げを冷凍保存する場合は?

さつま揚げの具体的な冷凍保存を紹介します。場合によるものの、おでんの機会が少ない夏場は値引きされていることも多く、アレンジや簡単に焼いて食べればビールのおつまみにも活躍してくれる食材です。保存期間の目安も一緒に見てみましょう。

さつま揚げを冷凍保存する方法

さつま揚げはお土産や旅行先で手に入ることがあり、買いすぎた場合や食べ切れないことがあるので冷凍しておくのがおすすめです。また、お土産にする場合は真空パックのものにすると日持ちしやすくなります。

1.1枚ずつラップに包む
2.フリーザバッグに入れて密閉して冷凍する


さつま揚げが大きい場合は、カットして冷凍しても良いでしょう。その場合は直接フリーザバッグに入れて平らにならして保存すると、使いやすくなります。真空パックの場合は、酸化を防ぐためそのまま冷凍するのが無難です。

冷凍さつま揚げの保存期間の目安

冷凍したさつま揚げは、保存期間がかなり長くなり1ヶ月程度保存できますが、上手に冷凍できれば4ヶ月の保存も可能と言われています。ただし、さつま揚げは冷凍すると風味は劣化します。腐っていないので風味などを気にしなければ食べられますが、解凍にも気を配って早めに食べた方が良いでしょう。

(*さつま揚げの冷凍保存について詳しく知りたい方はこちらの記事を読んでみてください。)

さつま揚げは冷凍保存できる?解凍方法は?賞味期限や食べ方のおすすめも紹介!

②かまぼこ&はんぺんを冷凍保存する場合は?

子供にも人気のかまぼこやはんぺんはどう保存すれば良いでしょうか。キャラクターが描かれたかまぼこも多く、はんぺんもかまぼこもお弁当に入れることは多いです。お正月にも早めに購入して冷凍しておくことで、年末の買い物や冷蔵庫の管理が楽になります。

かまぼこ&はんぺんを冷凍保存する方法

かまぼこやはんぺんは生物なので、他の練り物に比べると保存期間も短いです。しかし、お弁当やお正月の準備に冷凍保存を知っておくと便利です。

1.かまぼこやはんぺんを好きな大きさに切る
2.ラップに1つずつ丁寧に包む
3.フリーザバッグに入れて冷凍する


一般的にかまぼこは冷凍は難しく、うまく冷凍や解凍をしないと穴が空いたり食感が悪くなります。また、かまぼこの場合は板がついたままだと冷凍される部分にムラができるので、必ず外すようにします。ラップをするときはぴったりと空気が入らないようにして保存し、雑菌が繁殖しないようにアルコールで手やまな板を消毒しながら行いましょう。

冷凍かまぼこ&はんぺんの保存期間の目安

かまぼこやはんぺんの冷凍期間は、他の練り物よりも短く2週間程度です。かまぼこやはんぺんは冷凍するとポコポコの穴が開きますが、この穴の効果で煮物にすると味が染み込みやすくなります。2週間で使い切れないようなら、煮物にして消費するのもおすすめです。

(*かまぼこ・はんぺんの冷凍保存について詳しく知りたい方はこちらの記事を読んでみてください。)

かまぼこは冷凍保存できる?日持ち期間は?お弁当向けの解凍方法やリメイクレシピも紹介!
はんぺんは冷凍できる?保存方法や賞味期限は?解凍のコツやアレンジレシピも紹介!

③ちくわを冷凍保存する場合は?

おつまみにもよく登場し、価格も安いことが多いちくわは他の練り物と比べると、食卓への登場回数も多い練り物です。冷凍保存すれば、いくつかまとめて購入して長期間保存しても傷みにくくなります。あと一品足りない時にも活躍し、おかずのかさましにもおすすめです。

ちくわを冷凍保存する方法

ちくわを切って冷凍するときは以下のようにします。

【丸ごと冷凍する場合】
1.ちくわを一本ずつラップに包む
2.フリーザバッグに入れて空気を抜いて冷凍する


【切って冷凍する場合】
1.ちくわを食べやすい大きさに切る
2.フリーザバッグに入れて空気を抜いて保存する


ちくわは冷凍してもくっつくことがないため、一袋丸ごと使う場合は買ってきてそのまま冷凍庫に入れても構いません。きゅうりを中に入れたものや磯部揚げなどの、ちくわを切らずにそのまま使う料理なら手間がかからずおすすめです。切ってちくわを使う場合は、冷凍の前に切っておくと時短になり便利です。

冷凍ちくわの保存期間の目安

冷凍したちくわの保存期間はおおよそ1ヶ月程度です。大量に購入した場合でも、さまざまな大きさにカットしておくと1ヶ月の間に使いやすくなります。ただし、冷凍していても酸化や劣化していることがあるため、使うときは確認したうえで調理するようにしましょう。

(*ちくわの冷凍保存について詳しく知りたい方はこちらの記事を読んでみてください。)

ちくわは冷凍できる?保存方法や賞味期限は?解凍のコツや作り置きレシピのおすすめを紹介!

冷凍した練り物を解凍する方法は?

冷凍した練り物を解凍する方法を紹介します。方法はいくつかあるので、自分の都合や使いたい料理によって使い分けて解凍すると便利です。解凍した練り物は保存できる期間が短くなるので、早めに使い切りましょう。

①冷蔵で自然解凍する

かまぼこやちくわなど練り物をそのまま食べる場合は、冷蔵庫で自然解凍すると使いやすくなります。使う前日の夜に冷凍庫から冷蔵庫から移しておくだけなので、手間もかからず簡単で、ゆっくりと解凍されるので、味の劣化も気になりません。解凍した練り物は冷蔵庫だからと長期間放置せずに、早めに食べ切りましょう。

②フライパンを使って解凍する

お弁当などに練り物を入れるなら、フライパンを使って解凍すると味の劣化も気にならず、手早く解凍できます。冷凍する前に細かく刻んでおくと、炒め物にも使えるので試してみてください。

③オーブントースターを使って解凍する

練り物は、オーブントースターを使って解凍するのもおすすめです。特にさつま揚げなどの油の多い揚げ物は、オーブントースターで解凍すると余分な油をカットできます。表面もさくっと仕上がるので、おつまみに揚げ物の練り物を使いたい場合におすすめです。

④凍ったまま加熱調理して解凍する

煮物に練り物を使う場合は、凍ったまま鍋に入れて構いません。風味もそのままになるほか、味も染み込んで鍋全体には練り物の良い出汁が広がります。油が気になるときは、一度熱湯をかけてから使うと油が落ちてカロリーオフできます。

練り物の賞味期限が切れた時の見分け方は?

練り物の賞味期限が切れたら、どのようになるでしょうか。賞味期限が切れたからといってすぐに腐るわけではありませんが、食べられなくなったときの特徴を紹介します。無理に食べると食中毒の危険があるので、特徴に当てはまったら食べないようにしましょう。

練り物の賞味期限が切れた場合の特徴

練り物の賞味期限が切れた場合は以下のような特徴になります。

・ヌルヌルする
・ネバネバする
・糸を引く
・酸っぱい臭いがする
・溶けている


このような特徴がある場合は冷凍から自然解凍しておいた場合でも腐っている可能性が高いので捨てるようにしましょう。賞味期限はメーカーが国が定めた基準を元に表示しており、食べられなくなるまでかなり余裕を持った日数に設定しています。賞味期限が多少切れても食べられることが多いですが、練り物は傷みやすいので確認した上で食べるようにしてください。

冷凍練り物を使ったアレンジレシピ

練り物のアレンジレシピを紹介します。おでんの季節ではなくても通年販売されている練り物は、安くなることが多いため家計にも嬉しい効果となるでしょう。原料は魚であることが多いので、健康の面でも積極的に摂るのがおすすめです。

①ちくわの味噌焼き

出典:https://cookpad.com/recipe/6323052

ちくわのおつまみはきゅうりを入れたものが挙げられますが、きゅうりがない時でも味噌があれば味噌焼きにできます。材料が2つだけで、作り方もシンプルです。

超簡単おつまみ!ちくわ味噌焼き by ponchan67 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが335万品

②さつま揚げの香草パン粉焼き

出典:https://cookpad.com/recipe/5050512

和風のイメージのあるさつま揚げも、パン粉をつけて焼くと洋風になります。大量にさつま揚げを購入したものの、食べ切れない時や煮物に飽きた時にも活躍します。

簡単!さつま揚げの香草パン粉焼き by chuto_fumi 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが335万品

③かまぼこチーズピカタ

出典:https://cookpad.com/recipe/5024643

お正月に余ったかまぼこを洋風にアレンジすると、消費しやすくチーズが入っているため子供も食べやすくなります。かまぼこなのでピカタでも手間がかからず、どのシーンでも合わせやすい料理です。

かまぼこチーズピカタ by 鈴廣かまぼこ 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが335万品

練り物を冷凍保存して美味しく食べよう

練り物は美味しいだけではなく、健康の面でも食べていきたい食品です。冷凍しておけば長期保存ができ、少し温めるだけで気軽に食べられるのでおつまみのほか、魚の摂取不足に悩む子供のおやつにもおすすめです。

関連する記事