しめじは洗う?洗わない?必要性がある場合とは?味落ちしにくい洗い方も紹介!

しめじは洗うか洗わないでどっちが正しいのでしょうか?今回は、しめじを洗わない理由・洗い方やゴミの取り方について紹介します。しめじを洗わない方が良い場合や、しめじ以外のきのこは洗うべきか否かも紹介するので、参考にしてみてくださいね。

目次

  1. しめじは洗うか?洗わないか?
  2. しめじは洗わないで調理してOK
  3. しめじを洗うデメリット
  4. しめじを洗う必要はないが生で食べられるわけではない
  5. しめじに汚れが付着している場合は?洗わない?
  6. しめじについているゴミのみ払い落とす
  7. 払い落としても取れない場合は流水を部分的に当てる
  8. しめじを洗わない方が良い場合とは?
  9. すぐに食べずに保存する場合は洗わない
  10. しめじ以外のきのこも洗わない方が良い?
  11. なめこなど洗った方が良いきのこもある
  12. しめじを食べる時は洗わないでOK

しめじは洗うか?洗わないか?

しめじは価格が安く色々な料理に使いやすい食材ですが、調理前に水で洗う方が良いのか、洗わないでそのまま使った方が良いのか悩む方も多いでしょう。ここでは、しめじを調理する前に洗う必要があるのかどうか、そしてその理由や食べ方の注意点について解説します。

しめじは洗わないで調理してOK

しめじは洗わずに調理に使うことができますが、その理由は以下の通りです。

・衛生管理された屋内で栽培されている
・栽培時に農薬が使われていない
・加熱調理によって殺菌できる


国内のスーパーで売られるしめじは、衛生的な環境で農薬を使わずに栽培されています。そのような環境で育ったしめじには土や虫などが付着せず、残留農薬の心配もないので、調理前に洗う必要はありません。また、万が一しめじに雑菌などが付いていたとしても、火を通すことによって殺菌ができます。

上記のような理由から、しめじを生産しているメーカーのほとんどが、調理前にしめじを洗う必要がないと明言しています。

しめじを洗うデメリット

しめじは洗わずに調理することが推奨されていますが、その理由はしめじを洗うことで以下のようなデメリットが起こるからです。

・旨味や香りが抜ける
・食感が悪くなる
・栄養素が流出する
・傷みやすくなる
・味が染みない


しめじを洗うと旨味や香りが抜けて味落ちし、食感も悪くなります。同じように栄養素も流出するため、しめじの味や栄養価を保つためにも洗わずにそのまま調理に使う方が良いでしょう。また、調理前に洗うとしめじが水分を吸収し、調味料の味がしめじに染み込みにくくなる点もデメリットのひとつです。

なお、しめじは水に弱く濡れると傷みやすくなるので、保存面から見てもしめじは洗わない方が良いと言えます。

しめじを洗う必要はないが生で食べられるわけではない

しめじは調理前に洗う必要がありませんが、生のしめじは人間の体に対して毒性があるので、生食は避けて必ず加熱調理してから食べるようにしましょう。このしめじの毒性は、しめじに含まれるタンパク質の消化酵素に起因するものですが、この消化酵素は加熱によって壊すことができます。

なお、しめじは半生状態でも危険だと言われているので、しめじの食感が柔らかくなる程度までしっかり火を通しましょう。また、「新鮮なしめじなら生食できる」「O型以外の人は生で食べても大丈夫」といった噂もありますが、すべて科学的根拠のないものなので信用しないようにして下さい。

しめじに汚れが付着している場合は?洗わない?

買ってきたしめじにゴミやカビのようなものが付着していた場合は、洗わないで食べることに抵抗を感じる方も多いでしょう。ここでは、しめじに汚れが付いていた場合の対処法や、汚れの落とし方のポイントについて解説します。

しめじについているゴミのみ払い落とす

しめじにゴミのような汚れが付いている場合は、しめじを軽く振ったり叩いたりしてゴミだけを払い落としましょう。しめじに付着しているものは栽培時に使われるおがくずの場合が多く、衛生面に問題がある訳ではありません。

なお、しめじの石づきの部分に白いカビのようなものが付着している場合がありますが、これは気中菌糸と呼ばれるきのこの体の一部です。気中菌糸は食べても問題ありませんが、気になる場合は拭き取るか、石づきごと包丁で落としてから調理に使いましょう。

払い落としても取れない場合は流水を部分的に当てる

しめじに付いた汚れを払い落としても取れない場合は、汚れの付いた部分だけを流水に当てて洗い流しましょう。その際、しめじ全体を洗うのではなく、部分的に洗うことがポイントです。また、汚れを流した後はしめじに水分が残らないように、キッチンペーパーなどでしっかり水気を拭き取るようにして下さい。

しめじを洗わない方が良い場合とは?

しめじに汚れが付いていても、洗わない方が良い場合はあるのでしょうか。ここでは、しめじを洗わない方が良い場面や、その理由について解説します。しめじの上手な保存方法も併せて紹介するので、参考にして下さい。

すぐに食べずに保存する場合は洗わない

しめじをすぐに食べずに保存する場合は、水に触れることでしめじが傷みやすくなるので、洗わずにそのまま保存しましょう。保存前に汚れを拭き取ったり払い落としても取り除けなかった場合は、しめじを調理する直前で流水に当てて洗うようにして下さい。

しめじを保存する際は、しめじに水分が付いていれば拭き取り、キッチンペーパーでしめじを包んでからポリ袋に入れて野菜室で保存します。なお、しめじは冷凍保存することもできますが、冷凍する場合もしめじを洗わずに軽くほぐしてからジッパーバックに入れて保存しましょう。

(*しめじの保存方法について詳しく知りたい方はこちらの記事を読んでみてください。)

しめじの保存方法・期間は?冷凍・冷蔵で日持ちする?解凍のコツや賞味期限の見分け方を紹介!

しめじ以外のきのこも洗わない方が良い?

しめじは洗わないで調理に使えることが分かりましたが、他のきのこ類もしめじと同様に洗う必要がないのでしょうか。ここでは、しめじ以外のきのこ類を調理する際に洗った方が良いのかどうかを解説します。

なめこなど洗った方が良いきのこもある

国内のスーパーで売られているえのき・まいたけ・エリンギ・しいたけなどのきのこ類は、しめじと同じように衛生的な環境で栽培されているため、調理前に洗う必要はありません。栄養価や味を保つためにも、これらのきのこ類は洗わないでそのまま調理する方がおすすめです。

一方で、洗う必要のあるきのこ類はなめこ・生食するマッシュルーム・生きくらげ・はなびらだけなどです。特になめこは粘りのある部分に汚れが溜まりやすいので、ザルにあけてから洗い流しましょう。また、屋外で栽培されたきのこには虫や土が付着していることもあるので、調理前にしっかり洗うようにして下さい。

しめじを食べる時は洗わないでOK

しめじを洗わずに調理すると、しめじの持つ旨味や香りを存分に楽しむことができます。また、洗わずに使用することでしめじに含まれる食物繊維やビタミンなどの栄養素も損なわずに摂ることができるため、健康効果を高めるメリットも得られます。今まで調理前にしめじを洗っていた人は、しめじを洗わずに調理に使ってみましょう。

関連する記事