えのきは洗う?洗わない?必要性がある場合とは?味落ちしにくい洗い方も紹介!

えのきは洗う・洗わないどっちが正しいのでしょうか?今回は、えのきを洗わない理由・洗い方やゴミ・おがくずの取り方について紹介します。えのきを洗わない方が良い場合やえのき以外のきのこは洗うべきか否かも紹介するので、参考にしてみてくださいね。

目次

  1. えのきは洗う?洗わない?
  2. えのきは洗わないで調理してOK
  3. えのきを洗うデメリットもある
  4. えのきにゴミ・おがくずが付着している場合は?洗わない?
  5. えのきについているゴミのみ払い落とすのがおすすめ
  6. 払い落としても取れない場合は流水を部分的に当てる
  7. えのきを洗わない方が良い場合とは?
  8. すぐに食べずに常温・冷蔵庫で保存する場合は洗わない
  9. えのき以外のきのこも洗わない方が良い?
  10. なめこなど洗った方が良いきのこもある
  11. えのきを食べる時は洗わないでOK

えのきは洗う?洗わない?

私たちが普段よく食べているえのきは低カロリーで食物繊維と栄養が豊富なため、疲労回復や免疫力アップだけでなく美容にも効果的です。いつも手頃な値段で手に入れることができ、お味噌汁やお浸しなど色々な料理に使える身近な食材ですが、調理をする前に水で洗うべきかどうかについて詳しく解説します。

えのきは洗わないで調理してOK

次の理由から、えのきは基本的に水で洗わずに調理をして大丈夫です。

・衛生的な環境で人工栽培されているため
・加熱して殺菌処理するため


スーパーや八百屋に並んでいるえのきは、一般的に生産工場で徹底した衛生管理のもとで人工栽培されています。清潔な工場内で育てられたえのきは、パッケージに詰められて市場に出るまで外部と接触することがなく、虫や土などの汚れが付く心配がないため、特に水洗いをしないでそのまま調理して良いとされています。

また、調理の際に加熱をすることできちんと殺菌処理ができるので、洗わずに使用して問題ありません。

えのきを洗うデメリットもある

衛生面の点では洗わなくてOKなえのきですが、洗うと以下のようなデメリットがあります。

・味わいや風味が薄れる
・傷みやすくなり劣化が早まる
・えのき特有のシャキシャキとした食感が損なわれる
・水溶性ビタミンなどの栄養成分が流れ出てしまう


えのきにはビタミンB1をはじめとした水溶性の栄養分や水溶性の食物繊維が豊富に含まれています。そのため水で洗うと余分な水分を吸収して、結果的に食感の悪化や味落ちの原因となります。えのきの栄養分まで水とともに流れ出てしまうので、なるべく洗わずに下ごしらえをしてから調理しましょう。

えのきにゴミ・おがくずが付着している場合は?洗わない?

えのきは水洗いをせずに下処理した方がいいことがわかりましたが、ゴミやおがくずがどうしても気になってしまう場合には一体どうしたらいいのでしょうか。えのき本来の旨味や栄養成分を逃さずに汚れを取り除く方法を紹介します。

えのきについているゴミのみ払い落とすのがおすすめ

えのきを下処理する際、ゴミやおがくずが石づきと軸の部分にたくさん入り込んでいるときがあります。通常は、えのきの石づき部分を包丁で切り落せば大体のゴミやおがくずを取り除くことができます。

しかし、石づきを取り除いてもまだ気になる汚れが残っているような場合には、水で洗うことは控えてキッチンペーパーや固く絞った濡れ布巾などを使って払い落として下さい。あまり強くこすりすぎるとえのきが傷んでしまうため、優しく丁寧に拭き取るように心がけましょう。

払い落としても取れない場合は流水を部分的に当てる

上記のように拭き取る作業をしてもなかなか払い落としきれない汚れがある場合には、調理の直前にその部分のみを流水に当ててサッと軽く洗い流します。また、水を張ったボウルに入れてから汚れが気になる部分だけを素早く濯ぐようにするのも良いでしょう。

時間をかけて洗うとその分えのきに水が多く吸収され、特有のシャキシャキとした食感が楽しめなくなってしまいます。旨味や栄養分が失われるのを防ぐためにも、洗いすぎないことがポイントです。

えのきを洗わない方が良い場合とは?

ここでは、えのきに付着している汚れが気になっても洗わない方が良いケースを紹介します。えのきの保存方法や保存時の注意点も合わせて記載しているので、ぜひ参考にしてみてください。

すぐに食べずに常温・冷蔵庫で保存する場合は洗わない

えのきは洗うとたちまち水気を含み、傷みや劣化が早まります。もともと足が早い食材ですが、さらに日持ちがしにくくなるため、調理の直前以外の水洗いは避けましょう。購入後すぐに調理して食べない場合には水洗いしないで下さい。

えのきをパッケージ袋から取り出して、湿気を吸収する新聞紙やキッチンペーパーなどに包み、食料保存用のプラスチックバッグに入れて野菜室で保存すると良いでしょう。また、えのきは冷凍保存も可能です。

水で洗わずに石づきを取り除いてから、お好みの食べやすい大きさにカットしてそのまま冷凍をしておけば、およそ1か月程度は保存することができます。使用する際には、解凍せずにそのまま調理に使うことができるので大変便利です。

(*えのきの保存方法について詳しく知りたい方はこちらの記事を読んでみてください。)

えのきは冷凍保存できる?日持ち期間は?解凍のコツや賞味期限の見分け方も紹介!

えのき以外のきのこも洗わない方が良い?

日常の中で調理に使うきのこはたくさんありますが、えのき以外のきのこもすべて洗わない方が良いのでしょうか。きのこの種類やきのこが生育した環境などによって、むしろ水で洗う方が良いものもあるので紹介します。

なめこなど洗った方が良いきのこもある

ほとんどのきのこはえのきと同様、水で洗うと味落ちや傷みなどが生じるので基本的には洗わずに調理をしますが、次のようなきのこは調理前に洗う方が良いとされています。

・なめこ
・生きくらげ
・はなびらたけ
・原木栽培されたきのこや山で収穫された天然物のきのこ


なめこはザルなどに入れて軽く濯ぐように水で洗うと、ぬめりの中に汚れが含まれていても簡単に落とすことができます。なめこは時間が経つにつれて乳酸菌が増えていきますが、それによって生じる特有の酸味も洗うことで軽減されます。

生きくらげは水を通しても劣化しないきのこです。水に浸しておくと水分が吸収され肉厚になり、プリプリとした食感を味わえます。はなびらたけも水分の影響を受けにくく、水洗いしても香りや食感が変わりません。自然で育ったきのこの中には虫や土などが付着しているものがたまにありますが、塩水を使えば風味や味わいを残しながら汚れを落とすことができます。

えのきを食べる時は洗わないでOK

今回は、えのきを下処理する際に水で洗うべきかどうか、また汚れなどがあった場合の対処方法について紹介しました。旨味と栄養成分を保つ正しい下ごしらえのコツやポイントをしっかりと押さえることで、えのきをより美味しくいただくことができます。調理の際は、ぜひ参考にしてみてください。

関連する記事