ネギの青い部分はどこまで食べられる?使い道や活用レシピなど紹介!

【管理栄養士監修】ネギの青い部分はいつも捨てていませんか?実は白い部分と同様、食べることができます。今回は、ネギの青い部分の使い道や活用レシピを紹介します。手軽にすぐ使えるようなネギの青い部分の保存方法も紹介するので、参考にしてくださいね。

専門家監修 |管理栄養士・栄養士 秋山 嘉代
Ameba
1997年管理栄養士免許取得。 大手企業で15年間、バイオ・発酵生産の研究に従事。腸内細菌について知見を深めました。 2児の子育て中、主食としてのお米の大切さを改めて実感し、...
Ameba
1997年管理栄養士免許取得。 大手企業で15年間、バイオ・発酵生産の研究に従事。腸内細菌について知見を深めました。 2児の子育て中、主食としてのお米の大切さを改めて実感し、ごはんと味噌汁を基本とした日本型の食事・健康理論を学びました。一般社団法人日本健康食育協会認定 健康食育シニアマスター取得。 2019年よりSalon Warm Beautyで食サポートを担当しています。 しっかり食べる事は自分を大切にする事、セルフケアに繋がる事をお伝えしたいです。

目次

  1. ネギの青い部分は食べられる?どこまでOK?
  2. 青い部分も全て食べられる
  3. 白い部分より栄養豊富
  4. ネギの青い部分の活用法・使い道は?
  5. ①薬味にする
  6. ②臭み取りに使う
  7. ③料理の具材に使う
  8. ネギの青い部分の活用レシピ
  9. ①ネギの酢醤油だれ
  10. ②ネギみそ
  11. ③青ネギと鯵のポン酢和え
  12. ④ネギと牛肉の炒め物
  13. ⑤ネギとえのきの豚肉巻き
  14. ⑥ネギとジャガイモのお焼き
  15. ⑦ネギと豆腐のとろみスープ
  16. ネギの青い部分の保存方法は?
  17. 冷凍保存がおすすめ
  18. ネギは青い部分も捨てずに食べよう

ネギの青い部分は捨ててはもったいないくらい栄養が豊富で利用しやすい食材です。身体を元気にしてくれる成分が豊富ですから、しっかり食べましょう。

関連する記事

×