れんこんの保存方法・期間は?常温・冷蔵・冷凍での日持ちのコツとレシピを紹介!

【野菜ソムリエ監修】れんこんの保存方法を知っていますか?今回は、れんこんの<常温・冷蔵・冷凍>で日持ちする保存方法・ポイントや、保存期間の目安を紹介します。れんこんの賞味期限切れの見分け方や、保存食向きのレシピも紹介するので、参考にしてみてくださいね。

専門家監修 |野菜ソムリエ 福光佳奈子
HP Instagram Twitter Facebook
野菜ソムリエプロ・睡眠コンサルタント・お酒&家飲みグッズの店『イエノミライフ』主宰/札幌市生まれ。食から睡眠まで、...
HP Instagram Twitter Facebook
野菜ソムリエプロ・睡眠コンサルタント・お酒&家飲みグッズの店『イエノミライフ』主宰/札幌市生まれ。食から睡眠まで、おうち時間を充実させるメソッドを様々なカタチで提案している。著書『体にうれしい果実酒・野菜酒・薬用酒200』(秀和システム)は、台湾など世界5か国で翻訳版も出版している。

目次

  1. れんこんの保存方法は?
  2. れんこんの日持ちする保存方法は冷凍
  3. れんこんを短期間保存する場合は常温・冷蔵も可能
  4. れんこんの常温での保存方法・期間は?
  5. れんこんを常温保存する方法
  6. れんこんの常温での賞味期限・保存期間
  7. れんこんの冷蔵での保存方法・期間は?
  8. ①泥付きのれんこんをまるごと冷蔵保存する方法
  9. ②切ったれんこんを袋に入れて冷蔵保存する方法
  10. ③れんこんを酢水につけて冷蔵保存する方法
  11. れんこんの冷蔵での賞味期限・保存期間
  12. れんこんの冷凍での保存方法・期間は?
  13. れんこんを冷凍保存する方法
  14. れんこんの冷凍での賞味期限・保存期間
  15. 冷凍れんこんの解凍は凍ったまま加熱調理して使う
  16. れんこんが変色している場合は食べられる?腐ってない?
  17. れんこんは赤色・黒色に変色しても食べられる
  18. れんこんが腐った場合の特徴
  19. れんこんの保存食向きレシピ
  20. ①サラダのれんこんチップス添え
  21. ②れんこんのきんぴら
  22. ③レンコンボール
  23. れんこんをうまく保存して美味しく食べよう

れんこんの保存方法は?

れんこんの美味しさを損なわずに日持ちさせるには、正しく保存する必要がありますが、れんこんの保存にはどのような方法があるのでしょう。ここではれんこんの保存方法について、詳しく解説していきます。

れんこんの日持ちする保存方法は冷凍

れんこんを調理に使用する予定がなく、しばらく日持ちをさせたい場合には、冷凍保存をおすすめします。冷凍では常温や冷蔵に比べて、腐ったり傷んだりする心配がなく、鮮度を保ちながら長い期間保存ができます。

(*れんこんの日持ち期間について詳しく知りたい方はこちらの記事を読んでみてください。)

れんこんの日持ち期間は?常温・冷凍・冷蔵での保存方法や賞味期限の目安を解説!

れんこんを短期間保存する場合は常温・冷蔵も可能

れんこんを、短い期間の保存をしたのちに調理に使用する際は、常温・冷蔵どちらも可能です。一節丸ごとのれんこんは常温保存でも比較的日持ちしますが、節の途中でカットしたものは切り口から乾燥し傷みやすいため常温ではなく冷蔵保存がおすすめです。

れんこんの常温保存に適した温度は0~5度と言われ、気温が15度くらいまでであれば常温の冷暗所で保存できますが、それ以上になる場合は冷蔵保存の方が適しています。特に夏場などは常温では気温が高く、常温保存するとすぐに傷む可能性もあるので冷蔵保存がおすすめです。

れんこんの常温での保存方法・期間は?

一節丸ごとのれんこんにおすすめの常温保存ですが、日持ちさせるにはどのように保存すれば良いのでしょうか。また常温での保存期間は、どのくらいになるのでしょうか。れんこんの常温での保存方法・保存期間を詳しく説明するので、ぜひ参考にしてください。

れんこんを常温保存する方法

一節丸ごとのれんこんにおすすめの常温保存のやり方は以下の通りです。

1.湿らせた新聞紙またはキッチンペーパーに包む
2.ビニール袋に入れ空気を少し含んだ状態でゴムなどで閉じる
3.風通しの良い冷暗所で保存する


れんこんは水田で栽培され泥土の中で育つため、直射日光や空気に触れると、乾燥して傷みやすくなります。湿らせた新聞紙等で包み、ナイロン袋に入れ、冷暗所で保存してください。れんこんに泥土がついている場合は、洗ったりせずに泥土がついたまま包んで袋に入れたほうが長持ちします。

れんこんの常温での賞味期限・保存期間

一節丸ごとのれんこんを常温保存した場合の賞味期限・保存期間は5日~1週間程度ですが、泥付きのれんこんの場合はさらに日持ちが長く、1週間~10日ほど保存可能です。

ただし6~9月に収穫された新れんこんは、大きくなる途中で土から掘り出したもので、水分を多く含んでいて傷みやすいです。常温であれば2~3日以内に食べきるか、日持ちさせたいのであれば冷蔵をおすすめします。

れんこんの冷蔵での保存方法・期間は?

れんこんの冷蔵での保存方法はどのようにするのでしょうか。また冷蔵したの場合の保存期間は常温に比べてどのくらい延びるのか気になる場合もあるでしょう。ここでは、れんこんの冷蔵での保存方法・保存期間を詳しく説明するのでぜひ参考にしてください。

①泥付きのれんこんをまるごと冷蔵保存する方法

関連する記事