高級魚の価格ランキング表【TOP11】種類別の特徴や食べ方のおすすめを紹介!

高級魚で1番高い魚は何か知っていますか?今回は、高級魚の価格ランキング表【TOP12】や、1キロあたりの価格を紹介します。高級魚の種類別の<産地・旬・味・食>などの特徴や調理法のおすすめを紹介するので、参考にしてみてくださいね。

目次

  1. 高級魚で1番高いのは?
  2. 高級魚の価格ランキング表【TOP11】
  3. 第12位:キンメダイ
  4. 第11位:トラフグ
  5. 第10位:マハタ
  6. 第9位:ハマダイ
  7. 第8位:キジハタ
  8. 第7位:マツカワ
  9. 第6位:シロアマダイ
  10. 第5位:ホシガレイ
  11. 第4位:クエ
  12. 第3位:ノドグロ
  13. 第2位:鮭児
  14. 第1位:クロマグロ
  15. 高級魚を食べてみよう

出典:https://twitter.com/sushi__makoto/status/1089826386796134400?s=20

・価格(1キロあたり):32000円
・主産地:北海道
・旬:11月上旬から中旬
・大きさ:2kg前後


日本で高級魚とされている魚のうち、2位に入っているのがサケ目サケ科の魚類である鮭児で、その値段はノドグロの1.5倍以上です。

鮭児は分類ではなく、ロシアのアムール川系で生まれた鮭を意味し、7~8月に遡上するシロザケの中でも特定の条件を満たしているものを指します。鮭児は精巣や卵巣が未成熟で、見分けるためには消化器官である幽門垂(ゆうもんすい)の数を数えるしかありません。この幽門垂が220程度であれば、高級魚である鮭児に分類されます。

鮭児はシロザケ1万匹に1匹しか見られない超高級魚とされる理由は、一般的な鮭の脂肪率が2~15%であるのに対し、鮭児は20~30%もあり脂がのっているからです。おすすめの食べ方は刺身で、その甘みととろけるような舌触りを堪能できます。

(*時鮭について詳しく知りたい方はこちらの記事を読んでみてください。)

時鮭(ときしらず)とは?鮭児(ケイジ)と違いある?食べ方・レシピのおすすめも紹介!

第1位:クロマグロ

出典:https://pbs.twimg.com/media/DSIqnWSV4AAq6La?format=jpg&name=small

・価格(1キロあたり):700000円
・主産地:長崎県、島根県、青森県、北海道、静岡県
・旬:冬
・大きさ:最大で3m


日本で高級魚とされている魚のうち、1位に入っているのがスズキ目サバ科の魚類であるクロマグロです。クロマグロは海のダイヤモンドと称されるほどの超高級魚で、赤身やトロなど部位によって味わいが変わることで知られています。日本で流通しているクロマグロの大半は、冷凍したものです。

クロマグロの食べ方でおすすめなのは刺身で、漬けやたたきにしても美味しく食べられます。また、時間が経過した刺身用のクロマグロをムニエルやフライにする人も多いです。部位によっては煮物や焼き物としても、堪能できます。

(*他の高級魚について詳しく知りたい方はこちらの記事を読んでみてください。)

高級魚「おじさん」の正式名称は?食べ方は刺身が一番?料理レシピのおすすめも紹介!
高級魚「こち」とは?旬・種類や美味しい食べ方は?捌き方やレシピのおすすめも紹介!

高級魚を食べてみよう

今回は、高級魚の価格ランキング表TOP12や、1キロあたりの価格を紹介しました。日常生活では見かけない高級魚も多いですが、それぞれ違った美味しさがあるので機会があればぜひ味わってみてください。特に慶事などの際には、高級魚を食べる機会を設けてみるのも良いでしょう。

関連する記事