味噌汁が腐るとどうなる?原因や見分け方は?賞味期限や食べてしまった時の対処法も紹介!

味噌汁が腐るとどうなるか知っていますか?スープジャーに入れても腐ることがあるので要注意です。今回は、味噌汁が腐った時の〈臭い・見た目・味〉など見分け方や、〈常温・冷蔵・冷凍〉など保存法別の賞味期限の目安を紹介します。腐った味噌汁を食べた場合の対処法も紹介するので、参考にしてみてくださいね。

目次

  1. 味噌汁が腐った…?スープジャーだと安心?
  2. 味噌汁をスープジャーに入れても腐ることがある
  3. 味噌汁が腐るとどうなる?見分け方は?
  4. ①見た目
  5. ②におい
  6. ③味
  7. 腐った味噌汁を食べたらどうなる?対処法は?
  8. 腐った味噌汁は加熱しても食べるのはNG
  9. 体調に異常が出たら病院へいこう
  10. 味噌汁の賞味期限や保存のポイントは?
  11. ①味噌汁を常温保存する場合:1日
  12. ②味噌汁を冷蔵保存する場合:夏場は2日、冬場は3~4日
  13. ③味噌汁を冷凍保存する場合:2週間程度
  14. ④スープジャーに入れた場合:6時間程度
  15. 味噌汁が腐る前に食べよう

味噌汁が腐った…?スープジャーだと安心?

気温が高い時期には、朝作った味噌汁が夜には酸っぱいと感じるケースもよくありますが、スープジャーに入れておけば賞味期限は延びるものなのでしょうか。ここでは、味噌汁をスープジャーに入れると腐らないのかについて説明します

味噌汁をスープジャーに入れても腐ることがある

味噌汁はスープジャーに入れて保存しても、腐ることがあります。その原因として、以下のことがあげられます。

・味噌汁の具材に傷みやすいものが多い
・保温機能があるので雑菌が繁殖しやすい


雑菌は20℃~50℃の温度で繁殖が早まるため、スープジャーの保温能力によっては食べる前にこの温度帯にまで下がってしまい、雑菌の繁殖によって味噌汁が傷みやすくなります。

さらになめこやアサリといった傷みやすい具材を使っている場合は、より腐る確率があがるので注意が必要です。スープジャーは逆に腐敗を促進してしまうことがあるので、ランチに味噌汁を持っていく時などは気を付けましょう。

味噌汁が腐るとどうなる?見分け方は?

味噌汁が腐ると見た目やにおい、味が明らかに変化するため、腐っているかどうかを見分けるのは簡単です。ここでは、腐った味噌汁の見分け方を具体的に紹介します。

①見た目

出典:https://twitter.com/araburuore/status/996513221648384000?s=20

味噌汁が腐ると、見た目は以下のように変化します。

・カビの白い膜に覆われている
・糸を引く
・ドロドロしている
・ビールのような泡が出ている


夏の暑い時期には、味噌汁が入った鍋を数時間放置するだけで、見た目が雑菌やカビの繁殖によってこのように変化することがあります。味噌汁にカビが生えた場合は、その鍋を徹底的に除菌してから使わないと次に鍋を使った際にもカビが生えやすくなるので注意が必要です。

②におい

味噌汁が腐ると、においは以下のように変化します。

・酸っぱい臭いがする
・納豆のような臭いがする
・味噌や出汁とは違う臭いがする


味噌汁のにおいが変化していることに気づくのは、温めた後の方が多いです。味噌汁が入った鍋の蓋をあけた時に普通の味噌汁にはないはずの異臭を感じたら、腐っている可能性が高いので処分しましょう。

③味

味噌汁が腐ると、味が以下のように変化します。

・酸っぱい
・苦味を感じる
・味噌ではない味がする


上記のような味を感じた場合も、傷み始めている可能性が高く、場合によっては腐って食べられない状態になっているでしょう。一口飲んだ程度では食中毒を発症することはないようですが、味に違和感がある時には飲むのをやめましょう。

(*味噌汁が酸っぱい原因について詳しく知りたい方は、こちらの記事を読んでみてください。)

味噌汁が酸っぱい原因は?腐ってる?傷みにくい保存法や作り方のコツを紹介!

腐った味噌汁を食べたらどうなる?対処法は?

気をつけていたつもりでも、誤って腐った味噌汁を飲んでしまうことがあるかもしれません。そんな時のために、対処法を覚えておくと安心です。ここでは、腐った味噌汁を食べたらどうなるのかや、飲んでしまった場合の対処法について説明します。

腐った味噌汁は加熱しても食べるのはNG

食中毒の原因菌は熱に弱いものが多いため、味噌汁が傷んでいても加熱して食べれば大丈夫だと考える人もいるかもしれません。しかし、味噌汁が腐っている時には加熱しても食べない方が無難です。食中毒を起こす菌の中には熱に強い菌も存在しており、菌自体は熱によって殺菌されても菌が産生した毒素が熱で分解されずに食中毒の原因になる場合もあります。

前述した見た目やにおい・味などの異変を感じた場合は、食べずに廃棄することをおすすめします。

体調に異常が出たら病院へいこう

腐った味噌汁を飲んで以下のような異常が出た場合には、食中毒を起こしている可能性が高いです。

・吐き気
・嘔吐
・腹痛
・下痢
・高熱


嘔吐や下痢の症状があっても、水分が摂れる程度の状態で、徐々に治まるようなら自宅で様子を見てもかまいません。しかし、嘔吐や下痢がひどい場合や水分を摂れないほど衰弱している場合、高熱が下がらない場合など症状が重い時は病院に行って診察を受けましょう。

味噌汁の賞味期限や保存のポイントは?

味噌汁は、賞味期限を延ばすためにも正しい保存方法を覚えておくと安心です。ここでは、味噌汁の賞味期限とそれを延ばすための保存のポイントを説明します。

①味噌汁を常温保存する場合:1日

味噌汁を常温保存する場合の賞味期限は長くても1日程度で、以下のポイントを守ることが前提です。

・味噌汁を作る時に濃いめの味付けにする
・3~4時間おきに沸騰直前まで、味噌汁に火を入れる
・必ず蓋をしめて保存する


味噌汁を常温保存するにあたっては、傷みにくい具材を使う方が安全です。前述したなめこやアサリ、肉などが入った味噌汁を常温保存する際には、賞味期限がさらに短くなると考えましょう。

②味噌汁を冷蔵保存する場合:夏場は2日、冬場は3~4日

味噌汁を冷蔵保存する場合の賞味期限は夏場は2日、冬場は3~4日程度です。冷蔵保存するにあたっては、以下のポイントを守りましょう。

・味噌汁は冷えてから冷蔵庫に入れる
・味噌汁の入った鍋ごと冷蔵庫に入れる


味噌汁は、熱いまま冷蔵庫に入れると庫内の温度が上がって他の食材が傷んでしまう可能性があるので注意が必要です。また、味噌汁は常温で冷ましている間にも雑菌が繁殖してしまうことがあります。常温に置く時間が短いほど傷みにくくなるので、鍋が熱い時には氷を入れたボウルに入れて素早く冷ますと日持ちしやすくなるでしょう。

③味噌汁を冷凍保存する場合:2週間程度

味噌汁を冷凍保存する場合の賞味期限は2週間が目安ですが、以下のポイントを守っていることが前提です。

・冷凍に適した具材を使う
・冷凍に適さない具材は、あらかじめ取り出してから保存する
・小分けにする


食材の中にはじゃがいもや豆腐などのように冷凍することで食感が悪くなるものがあるので、こういった食材は冷凍保存を避けるのが基本です。また、解凍と再冷凍を繰り返すと傷みやすくなるので、再冷凍を避けるためにも小分けにしてから冷凍保存することをおすすめします。

(*味噌汁の冷凍保存の方法について詳しく知りたい方は、こちらの記事を読んでみてください。)

味噌汁は冷凍保存できる?日持ち期間は?解凍方法や味噌玉の作り方・レシピも紹介!

④スープジャーに入れた場合:6時間程度

スープジャーに味噌汁を入れた場合の賞味期限は、6時間程度が目安です。これは、汁物の保温を目的としたスープジャーの保温に対応している時間が6時間程度だからです。しかし、スープジャーに入れた味噌汁があさりや豆腐といった傷みやすい具材だった場合は、6時間後にはすでに酸っぱいと感じることもあるので注意が必要です。

また、スープジャーの性能によってはこれよりも短い時間で傷んでしまうこともあるでしょう。

味噌汁が腐る前に食べよう

今回は、味噌汁が腐った時のにおい・見た目・味など見分け方や、常温・冷蔵・冷凍など保存法別の賞味期限の目安を紹介しました。味噌汁は具材によっても傷みやすさに違いがあることも覚えておき、腐る前に食べきるよう心がけましょう。

関連する記事