グラニュー糖や上白糖の違いとは?三温糖は?味・カロリーや使い道など比較して紹介!

グラニュー糖や上白糖とはどんな砂糖なのか知っていますか?そこで今回は、グラニュー糖・上白糖・三温糖で<味や甘味・カロリー・値段>で違いを比較して紹介します。特徴別の使い道・使い分け方も紹介するので、参考にしてみてくださいね。

目次

  1. 「グラニュー糖」や「上白糖」とは?
  2. 砂糖とは糖の結晶
  3. グラニュー糖とは結晶化した純度の高い砂糖
  4. 上白糖とはショ糖に転化糖液をふりかけた砂糖
  5. グラニュー糖と上白糖の違いは?
  6. ①味・甘味の違い
  7. ②カロリーの違い
  8. ③値段の違い
  9. それぞれ代用できる
  10. 三温糖とは?他の砂糖と違う?
  11. 三温糖は煮詰めて作られた砂糖
  12. 三温糖の味の特徴
  13. グラニュー糖・上白糖・三温糖の使い道とは?
  14. ①グラニュー糖:お菓子
  15. ②上白糖:オールマイティー
  16. ③三温糖:和食
  17. グラニュー糖と上白糖・三温糖を使い分けよう

「グラニュー糖」や「上白糖」とは?

砂糖は調理するうえで欠かせない調味料の一つですが、グラニュー糖や上白糖などいくつかの種類があります。ここでは、グラニュー糖並びに上白糖とは何かについて説明します。

砂糖とは糖の結晶

砂糖とは、さとうきびまたは甜菜(てんさい)からとれる糖の結晶のことです。原料であるさとうきびまたは甜菜を潰して絞り汁を採取し、そこから不純物とミネラルを取り除いてから煮詰めて作ります。

砂糖の主成分はショ糖でその結晶は本来無色透明ですが、ショ糖が原料であるグラニュー糖や上白糖が白く見えるのは、結晶が光を反射するためです。なお、ミネラル成分などを残して製造するきび砂糖やてんさい糖などは、茶色みがかっているのが特徴です。

グラニュー糖とは結晶化した純度の高い砂糖

グラニュー糖は砂糖の中でも、ショ糖の純度が高くなるよう結晶化された種類のことです。グラニュー糖は白ざらめ糖や中ざらめ糖と共にざらめ糖に分類され、3種類の中で一番ショ糖の結晶が細かくなっています。純度が高いため、癖のない甘さが特徴的です。

上白糖とはショ糖に転化糖液をふりかけた砂糖

上白糖とは、ショ糖に少量の転化糖液をふりかけたものを指します。上白糖はショ糖の表面に糖液がつくことで、グラニュー糖と比較するときめ細かく、しっとりとした質感に仕上がります。日本で流通している砂糖の半分は、上白糖だといわれています。

グラニュー糖と上白糖の違いは?

グラニュー糖と上白糖は、見た目は同じ白色をしていますが、比較すると色々と異なる点があることがわかります。ここでは、グラニュー糖と上白糖の違いについて、様々な観点から説明します。

①味・甘味の違い

グラニュー糖と上白糖は、食べ比べると風味が違うことがわかります。グラニュー糖はサラサラしており口に含むとあっという間に溶け、甘みもあっさりしていまが、一方の上白糖はしっとりとして口に含むと強い甘みとコクを感じます。そうした違いがあることが、上白糖とグラニュー糖とでは用途が異なる理由です。

Twitterレビュー

上白糖とグラニュー糖の違いは、簡単に言えば甘みとコクの差です。しっかりした甘みとコクが欲しければ上白糖を、さっぱり軽めの甘みと、他の食材の風味を邪魔したくなければグラニュー糖を使うとイイと思います。

Twitterレビュー

砂糖はグラニュー糖がベストですが、上白糖でも作れるには作れます。その場合少し甘みが強くなりますので、40gでも充分甘く感じるかと!グラニュー糖だと割と控えめな甘さなので…

②カロリーの違い

100gあたり カロリー 1日の摂取カロリーの占める割合
グラニュー糖 387kcal 18%
上白糖 384kcal 17%

※含有量は日本食品標準成分表を参照しています。(※1)
※1日の摂取量は成人男性の目安です。

グラニュー糖と上白糖のカロリーを比較すると、わずかながら前者の方が高いことがわかります。しかし、決して大きな差ではないので、ダイエット中などには特に種類の違いを気にする必要はないでしょう。

③値段の違い

値段(1kg)
グラニュー糖 609円
上白糖 551円


上記は、Amazonでスズラン印のグラニュー糖と上白糖それぞれを1kg購入した場合の価格ですが、グラニュー糖より上白糖の方が値段が安いことがわかります。この価格差は、グラニュー糖の製造方法や成分の違いなどに起因しているものと考えられます。

それぞれ代用できる

調理をする際には、グラニュー糖を上白糖に代用する、あるいはその逆の使い方ができます。しかし、グラニュー糖と上白糖では風味が異なるため、味にこだわりたいのであればレシピ通りの砂糖を選んだ方が良いでしょう。甘みをつけたいだけであればグラニュー糖や上白糖以外の種類の砂糖でも代用ができるので、臨機応変に使いこなしましょう。

三温糖とは?他の砂糖と違う?

グラニュー糖や上白糖に並んで販売されていることが多い砂糖の一つに、三温糖があります。ここでは三温糖とは何か、他の砂糖とは何が違うのかについて説明します。

三温糖は煮詰めて作られた砂糖

三温糖とは、グラニュー糖や上白糖を作る際に残る糖液を何度か加熱することで、カラメルのような色をつけた砂糖をさします。色はついているものの、てんさい糖やキビ砂糖のようにミネラルなどの栄養が含まれているわけではなく、成分はグラニュー糖や上白糖とほとんど変わりません。

また三温糖は、世界でも日本でしか作られておらず、その名前はショ糖を3度温めて作る製造方法に由来しているそうです。

三温糖の味の特徴

三温糖とグラニュー糖や上白糖の一番の違いは味で、三温糖は甘みの中にも香ばしさが残ります。その独特な風味が生かされるのは焼き菓子で、三温糖は煮詰めて作られているためグラニュー糖や上白糖を使うより、素朴な風味に仕上がります。

普段上白糖やグラニュー糖を使ってお菓子作りをしている方は、試しに三温糖を使ってみると、一味違った味わいを楽しむことが出来るでしょう。

グラニュー糖・上白糖・三温糖の使い道とは?

グラニュー糖と上白糖、三温糖の栄養価はほとんど変わりませんが、風味が異なるので適した用途にも違いがあります。ここではグラニュー糖と上白糖、三温糖の風味が活かされる使い道について説明します。

①グラニュー糖:お菓子

水分量が少なくサラサラしているグラニュー糖はお菓子づくりに適しており、特にクッキーを作る際にグラニュー糖を使うと、サクサクした食感に仕上がることで知られています。ゼリーやムースなど砂糖をしっかり溶かしたい時や、焼き菓子に焦げ色をつけたくない時にも、グラニュー糖が適しています。

また、グラニュー糖は溶けやすいので、コーヒーや紅茶などの飲み物に入れて使用するのも良いでしょう。

②上白糖:オールマイティー

しっとりとした上白糖は雑味がないため、料理からお菓子までオールマイティーに使えます。他の砂糖より値段も安く、水に溶かすと透明になるため黒糖などのように食材の色を変えず、家庭で一般的に使われます。グラニュー糖と比較すると加熱した時に色がつきやすいので注意が必要ですが、料理に照りをつけたい時にも重宝するでしょう。

また、しっとりと仕上げたいどら焼きやカステラ、パウンドケーキを作る時にはグラニュー糖より上白糖の方がうまくいくので、お菓子の種類によって使い分けるのもおすすめです。

③三温糖:和食

香ばしい風味のある三温糖は、煮付けや照り焼き、佃煮といった和食に使うとコクが出るのでおすすめです。三温糖を使うと甘みがまろやかになり、素材そのものの味を楽しむことができます。中でも肉じゃがやかぼちゃの煮物に三温糖を使うことで、素材の甘さが引き立つでしょう。

グラニュー糖と上白糖・三温糖を使い分けよう

今回は、グラニュー糖・上白糖・三温糖で味や甘味・カロリー・値段で違いを比較して紹介しました。精製の方法などで種類が分かれるグラニュー糖と上白糖、三温糖の特徴を理解しておくと、調理の際に適した使い方ができるようになります。今後調理をする際には、ぜひ砂糖を使い分けてみましょう。

関連する記事