ケジャンとは?カニのキムチ?食べ方・作り方や食中毒の懸念など解説!

ケジャンとはどんな料理か知っていますか?名前を聞いただけでは、イメージできない人もいそうです。今回は、ケジャンの名前の意味・由来や、食べ方・作り方についても紹介します。食中毒の懸念や活用レシピのおすすめも紹介するので参考にしてみてくださいね。

目次

  1. ケジャンとは?どんな料理?
  2. 「ケジャン」の名前の意味・由来
  3. ケジャンの種類
  4. ケジャンの上手な食べ方は?
  5. ケジャンの簡単な作り方
  6. 材料・スパイス
  7. 作り方・レシピ
  8. ケジャンの食中毒・寄生虫の心配はない?
  9. ケジャンを使ったアレンジレシピ
  10. ①ケジャンうどん
  11. ②ケジャン焼き
  12. ③ケジャンで作るチゲ鍋
  13. ケジャンを食べてみよう

ケジャンとは?どんな料理?

ケジャンとは韓国料理の一種で、日本ではカニのキムチと呼ばれています。ここでは、ケジャンとはどんな韓国料理なのかについて説明します。

「ケジャン」の名前の意味・由来

ケジャンの名前は韓国語でカニを意味するケと、タレであるジャンに由来しています。つまりケジャンの意味は、カニを生のままタレに漬け込んだものです。韓国では使うカニの種類は特に決まっていないようですが、ワタリガニを使うのが一般的です。

ケジャンの種類

ケジャンは以下の2つの種類に大別されます。

・ヤンニョムケジャン
・カンジャンケジャン


ヤンニョムケジャンは、コチュジャンにニンニクやトウガラシ、水あめを混ぜたタレを使用し、短時間で漬け込んだものです。一方のカンジャンケジャンは醤油ダレにカニを漬け込んだもので、ヤンニョムケジャンは甘辛く、カンジャンケジャンはカニの風味が感じられる味となっています。

ケジャンの上手な食べ方は?

ケジャンは殻がついたままのカニをそのままタレに漬け込むので、食べるにはコツが必要です。ケジャンを上手に食べるポイントは、以下の通りです。

・最初に胴体と足を挟みで切り離す
・足は殻がついたまま口に入れ、中身を吸い出す
・甲羅ははがして、半分に割る
・割った甲羅にしゃぶりつき、食べながら殻をはがす


残念ながらケジャンは食べるためには手を汚さざるを得ず、上品に食べるのは難しい料理です。きれいにカニの身をむくことを意識するよりは、ダイナミックに身を食べつくすことを意識したほうが良いでしょう。

ケジャンの簡単な作り方

新鮮なカニが手に入る季節は、自宅でケジャンを作ることもできます。ここでは、カンジャンケジャンの簡単な作り方を紹介します。

材料・スパイス

■材料
・カニ/食べたい分量
・玉ねぎ/1個
・粒こしょう/お好み
・レモン汁/適量


■スパイス
・ニンニク
・砂糖
・醤油
・乾燥唐辛子

作り方・レシピ

出典:https://cookpad.com/recipe/6338407

旬の渡り蟹を使って、新鮮な甘みを堪能できるカンジャンケジャンに仕上がるレシピです。スーパーで購入できる食材を使って本場の味を再現でき、ご飯のお供にもお酒のおつまみにもなるメニューです。

日韓夫婦が作るカンジャンケジャン簡単本格 by スプリングスター 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが338万品

ケジャンの食中毒・寄生虫の心配はない?

関連する記事