藻塩とは?塩と違いある?栄養価や作り方のほか使い方・活用レシピも紹介!

藻塩とはどんな塩か知っていますか?あまり聞きなれない言葉ですが、今回は、藻塩と普通の塩との違いを比較し、〈味・栄養・作り方〉など紹介します。藻塩の使い方や活用レシピ、また実際に使用した方のレビューも紹介するので参考にしてみてくださいね。

目次

  1. 藻塩(もしお)とは?どんな塩?
  2. 藻塩は海藻を煮詰めた水で作る塩
  3. 藻塩と塩の違いは?
  4. 藻塩と塩の違いは原料と作り方
  5. 藻塩の味わいと栄養価は?
  6. 藻塩の味わい・風味
  7. 藻塩の栄養価・効能
  8. 藻塩の使い方は?
  9. 料理からデザートまで幅広く使える
  10. 藻塩の活用レシピ
  11. ①水だこのカルパッチョ
  12. ②ハマチの炙り
  13. ③野菜の浅漬け
  14. ④生姜と藻塩の押麦ご飯
  15. ⑤藻塩入りクッキー
  16. 藻塩を使ってみよう

藻塩(もしお)とは?どんな塩?

出典:https://www.pinterest.jp/pin/588916088759837984/

塩と一言で言っても、ハーブソルトや岩塩など様々な種類がありますが、藻塩がどのような塩か知らない方も多いでしょう。まずは、藻塩がどんな塩かについて紹介します。

藻塩は海藻を煮詰めた水で作る塩

藻塩を一言で表すと「海藻エキスがたっぷり含まれた塩」です。藻塩の製塩には非常に手間がかかり、ホンダワラなどの海藻を浸した海水を煮詰めるか、もしくは海藻を焼いてその灰を海水に混ぜた物を煮詰めて作られます。

藻塩は日本がまだ古墳時代だった頃にも製塩されていたと言われ、近年では研究者グループによってその製塩方法が明らかになりました。藻塩は料理界でも注目されており、古い歴史を持ちながらもその良さが見直されている調味料です。

藻塩と塩の違いは?

出典:https://www.pinterest.jp/pin/448741550374214153/

藻塩も通常の塩も、古来より日本で製塩されてきました。いずれも日本国内で製造されている塩ですが、藻塩と塩の違いは何なのでしょうか。

藻塩と塩の違いは原料と作り方

海水の水を蒸発させると白い結晶だけが残りますが、これがふだん私達が食べている白い塩の正体です。藻塩に関しても原理としては一緒ですが、海水に海藻のエキスをたっぷり含ませて製塩するため、色が真っ白ではなく淡いピンク色やベージュ色をしています。

藻塩は通常の塩より塩分濃度が低く、まろやかな口あたりが特徴で、海藻エキス入っているためミネラルが通常の塩より豊富に含まれています。

(*塩の種類について詳しく知りたい方はこちらの記事を読んでみてください。)

塩の種類別の特徴は?料理への使い分け方や市販商品のおすすめを紹介!

藻塩の味わいと栄養価は?

出典:https://www.pinterest.jp/pin/288582288603188337/

藻塩は、海藻エキスを含んでいるからこその独特の味わいがあり、普通の塩とは栄養面でも違いがあります。ここでは、藻塩の味と含まれている栄養素などを紹介します。

藻塩の味わい・風味

海藻エキスを含んだ藻塩は旨味があり、深みがあります。通常の塩に比べてほんのり甘味があり、まろやかで優しい味わいが特徴です。藻塩は素材の味を活かしたい料理などと組み合わせると、それぞれの味の良さが引き立ちます。

藻塩の栄養価・効能

海藻は健康に良いと言われることが多いですが、海藻が原材料に含まれる藻塩も海藻同様に豊富なミネラルを摂取することができます。ミネラルの中でも代表的なものとしては、以下の成分が挙げられます。

・ヨード
・カルシウム
・カリウム


ワカメなどの海藻に多く含まれるヨードは、体内で甲状腺ホルモンの原料となり、成長を促す働きがあります。カルシウムにおいても、健康な骨や歯を作る重要な役割を担っており、ヨードと共に生命を維持するために必要不可欠な成分です。また、カリウムは体内の塩分濃度を調節する働きを持ち、カルシウムと共に血圧のコントロールにも関わっています。

このように藻塩に含まれるミネラルはいずれも大切な栄養成分ですが、過剰摂取は逆に体へ悪影響を及ぼすこともあるため、食べ過ぎには気をつけましょう。

藻塩の使い方は?

出典:pinterest.jp/pin/801077852460414585/

有名料理店のシェフの中にも愛用者がいる藻塩は、どのような用途に使うと良いのでしょうか。ここでは、藻塩の活用法を紹介します。

料理からデザートまで幅広く使える

藻塩は、通常の白い塩にはない旨味があるため、ふだんの料理を藻塩に変えるだけで料理の味を向上させます。また、ステーキや天ぷらなど、素材の美味しさを味わいたい料理の付け塩としても最適です。さらに藻塩はアイスなどのデザートの材料に使用されることも多く、くどさが少ないまろやかな藻塩は、デザートの美味しさを引き立てます。

藻塩の活用レシピ

最近では、スーパーでも藻塩を時折見かけるようになりました。ここからは、家庭でも簡単に活用できる藻塩のレシピを紹介するのでぜひ参考にしてみて下さい。

①水だこのカルパッチョ

出典:https://oceans-nadia.com/user/26/recipe/142933

すだちと藻塩で作る和風カルパッチョのレシピです。藻塩が出汁の役割も果たしてくれるため、素朴でありながらも味わい深いカルパッチョに仕上がります。

水だこのすだち塩カルパッチョ by 庭乃桃 | レシピサイト Nadia | ナディア - プロの料理家のおいしいレシピ

②ハマチの炙り

出典:https://cookpad.com/recipe/6411434

刺身用のハマチを軽く炙り、付け塩として藻塩を少しつけて食べるだけで、醤油を付けて食べる刺身とはまったく違った美味しさになります。ハマチの旬の時期にはぜひこの食べ方を試してみてください。

ハマチの炙り by BAEL 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが338万品

③野菜の浅漬け

出典:https://cookpad.com/recipe/5936076

藻塩を使った浅漬けもオススメです。副菜が一品足りない時にも役立つので、作り置きにしておくのも良いでしょう。

野菜の浅漬け by ヤマネコさん 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが338万品

④生姜と藻塩の押麦ご飯

出典:https://cookpad.com/recipe/3441669

藻塩の旨味をダイレクトに味わうことが出来るご飯のレシピです。おにぎりにしても美味しく、生姜の香りが良い一品です。

押麦と生姜のごはん by chi40 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが338万品

⑤藻塩入りクッキー

出典:https://cookpad.com/recipe/3300682

藻塩をお菓子作りに活用した、藻塩入りクッキーのレシピです。甘さとしょっぱさのバランスが良いクッキーは、おやつだけでなくワインのおつまみにも合います。

卵不使用!藻塩入りクッキー by maaya_popo 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが338万品

藻塩を使ってみよう

海藻の旨味がたっぷり入った藻塩は、付け塩からデザートまで、様々な料理に活用できる万能な旨塩です。普通の塩とは違った味わいを楽しむことができるので、スーパーなどで見かけた際は、ぜひ手に取ってみてください。

関連する記事