塩の種類別の特徴は?料理への使い分け方や市販商品のおすすめを紹介!

塩の種類はどれくらいでしょうか?今回は、〈作り方・原料・大きさ〉などで分類した時の塩の種類別に、特徴や料理への使い分け方を紹介します。料理に合わせて塩を変えると料理の味も変わるようです。塩のおすすめ商品も紹介するので、参考にしてみてくださいね。

目次

  1. 塩の種類は?
  2. ①作り方で分ける場合
  3. ②原料で分ける場合
  4. 塩の種類と使い分け①作り方で分類
  5. ①精製塩
  6. ②再製加工塩
  7. ③天然塩
  8. 塩の種類と使い分け②原料で分類
  9. ①海水塩
  10. ②岩塩
  11. ③湖塩
  12. 塩の種類と使い分け③大きさで分類
  13. ①大粒の塩
  14. ②粗塩
  15. ③パウダー塩
  16. 塩のおすすめ商品も紹介!
  17. ①のと珠洲塩 藻塩
  18. ②シェフズチョイス BRC認証 ヒマラヤ岩塩
  19. ③ぬちまーす 250g
  20. ④沖縄の海水塩 青い海 あらじお
  21. ⑤ウユニ塩
  22. 塩を種類別に使い分けよう

塩の種類は?

料理や食事に欠かせない塩ですが、塩の種類にはどのようなものがあるのでしょうか。塩の種類を作り方、原料、大きさで分けて、それぞれの種類の塩に合うおすすめ料理も合わせて紹介していきます。

①作り方で分ける場合

塩の作り方の種類は以下のようなものがあります。

・精製塩
・再製加工塩
・天然塩


塩の作り方の種類の中で最も多く生産されているのが精製塩で、原料に海水を使用し科学的製法の電気分解でナトリウムイオンを抽出し、煮詰めて精製したものを指します。大量生産が可能で、品質が安定しているため安く手に入るのが特徴です。サラサラしたものが多く、水に溶けやすくクセがない塩です。

再製加工塩はメーカーによって加工方法は異なりますが、天日塩や岩塩を一度溶かして塩化マグネシウムや塩化カルシウムなどのミネラル分を添加して結晶化させた塩を指します。また、自然塩は自然の力を利用して作った塩を指すため、濃縮や結晶化が自然にされ、ミネラル分を多く含む角がないまろやかな味に仕上がるのが特徴です。

②原料で分ける場合

塩を原料で分ける場合には以下のようなものがあります。

・海水塩
・岩塩
・湖塩


日本で作られる塩のほとんどが海水塩で、使用する海水や製法によって仕上がりは様々ありますが、まろやかな味と旨味があるのが特徴です。海水塩の種類には藻塩と呼ばれる塩があり、海藻の成分海水に混ぜて作られピンクがかったものや茶色っぽい色味になります。

また、岩塩は結晶化した海水が長時間かけて層になって固まったもので、含まれる成分によって色味や味わいが変わるのが特徴です。なお、あまり聞き馴染みのない湖塩はウユニ塩湖やグレートソルト湖、死海のような塩湖から取れる塩を指し、非常に貴重で生産量が少ないものです。湖塩は塩分濃度が高くミネラル分を豊富に含む特徴があります。

塩の種類と使い分け①作り方で分類

塩の種類は作り方、原料で分けてもそれぞれ3種類ごとに分けられるようです。ここからは塩の作り方で種類分けしたものを、それぞれ相性の良いおすすめ料理と合わせて見ていきます。

①精製塩

精製塩は前述した通り、比較的サラサラしたものが多くクセがなく水に溶けやすいのが特徴で、香りもありません。そのため煮物や炒め物などの料理全般の味付けや、生野菜を使用したサラダに向いているようです。

【料理のおすすめ】
・汁物
・サラダ
・煮物

②再製加工塩

再製加工塩はミネラル成分やにがりを添加して作られたもので、天然塩に近いミネラル分を含み独特の苦味があるのが特徴です。精製塩と同じようにどの料理にも使用できますが、おにぎりに使用するとお米の甘さと塩の塩味が合って美味しく仕上がります。また、メーカーが日本人の口に合うように作る場合が多いので、和食や魚料理にも向いています。

【料理のおすすめ】
・おにぎり
・魚料理
・和食全般

③天然塩

自然の力を使って作られた天然塩は海水を干す天日塩と、途中に煮詰めて水分を飛ばす平釜塩があります。自然に濃縮や結晶化されるので、ミネラル分が多く含まれ塩分ナトリウムが少ないまろやかな塩味が特徴です。しかし、生産までに時間や手間がかかるので大量生産ができず、比較的高価なものが多くなります。

そのため、精製塩や再製加工塩のように料理の味付けに使うのには向かず、素材を生かした料理や隠し味に使用するのが良いようです。

【料理のおすすめ】
・刺身
・サラダ
・スープ

(*天然塩について詳しく知りたい方はこちらを読んでみてください。)

天然塩とは?種類や精製塩との違い・見分け方は?おすすめ商品も紹介!

塩の種類と使い分け②原料で分類

同じ海水を使用しても作り方によって味わいが変わる塩ですが、原料によっても味わいに変化があります。ここからは原料で種類分けした塩をそれぞれ相性の良いおすすめ料理と合わせて見ていきます。

①海水塩

海水塩は使用する海水や製法によって味わいが異なりますが、まろやかな旨味と味わいが特徴です。海水塩に含まれる藻塩は海藻の成分を海水に混ぜて作られるため、茶色っぽくなったりピンクがかったりしています。塩分濃度が低く、舌触りが良くまろやかになります。通常の海水塩は料理の味付けにも使えますし、藻塩は素材を生かした料理に使うのも良いでしょう。

【料理のおすすめ】
・煮物
・カルパッチョ
・サラダ

②岩塩

岩塩は海水が結晶化してから長い時間をかけて層になり固まったもので、含む成分により味わいが変わります。海水塩と違いミネラル分が少ないので、塩分濃度が濃く、味わいも濃く感じられるようです。エスニック料理や肉料理と相性が良く、硫黄が含まれているものは香りを生かしてスパイスのように使用できます。

【料理のおすすめ】
・エスニック料理
・肉料理
・刺身

(*ピンクソルト(ヒマラヤ岩塩)の使い方と効能について詳しく知りたい方はこちらの記事を読んでみてください。)

ピンクソルトの使い方と効能は?味・成分など特徴や体に悪いと言われる理由も紹介!

③湖塩

湖塩は塩湖から取れる塩を指し、生産量が少なく非常に希少価値があるものです。また、湖塩は塩分濃度が高くミネラル分を豊富に含む特徴があるので、煮込み料理や煮物料理にまろやかな塩味がほしい場合は湖塩を使用するのが良いでしょう。じっくり火を通すと塩の深みや甘みがでて、料理をマイルドにする特徴もあります。

【料理のおすすめ】
・煮込み料理
・煮物
・汁物

塩の種類と使い分け③大きさで分類

原料の違いでも味わいに違いがある塩ですが、粒の大きさでも種類分けができます。大粒の塩、粗塩、パウダー塩に分けてそれぞれの相性の良いおすすめ料理と合わせて見ていきます。

①大粒の塩

岩塩のように粒の大きい塩は、口の中で長く塩辛さが残るのが特徴なので、赤身の肉やカツオなどの魚と相性が良いようです。塩味だけでなく、大粒の塩が口の中でガリっと砕ける食感が料理のアクセントにもなります。また、つけ置き料理などの味を染み込ませる時には最適です。

パスタを茹でる時にも大粒の塩を使用すると、パスタが柔らかくなるのと同じようなペースで塩が溶けるので、パスタがまろやかに仕上がります。

【料理のおすすめ】
・肉料理
・つけ置き料理
・パスタ

②粗塩

粗塩は塩の粒がやや大きいので、インゲンやきゅうりの下処理に使えたり、素材を生かしたシンプルな料理に合わせたりできます。また、粗塩は料理全般の味付けにも使いやすいので、普段使いの塩は粗塩のようにやや粒が大きめのものを選んでおくと使い勝手が良いようです。

【料理のおすすめ】
・肉料理
・おにぎり
・料理全般の味付け

③パウダー塩

パウダー塩は粒が小さく、口の中でスッと溶けて後味が引かないのが特徴なので、あまり熱を入れない料理でも溶けやすく使いやすいです。また、天ぷらや白身魚と相性が良く、野菜の素材の味を引き立てるのにも効果的です。

【料理のおすすめ】
・天ぷら
・白身魚の料理
・サラダ

塩のおすすめ商品も紹介!

塩の粒の大きさでも味わいが違い、料理ごとに使い分けができるようです。ここからは塩の種類の違いを踏まえておすすめの塩を紹介していきます。塩を購入する際の参考にしてみてください。

①のと珠洲塩 藻塩


*購入サイト|楽天市場*
能登半島 珠洲の藻塩 50g

やや茶色の色味をした藻塩です。能登半島のきれいな海水と海藻を使用した塩で、ピクルスやサラダにも相性が良いようです。

②シェフズチョイス BRC認証 ヒマラヤ岩塩


*購入サイト|楽天市場*
シェフズチョイス ヒマラヤ岩塩 1kg

オーストラリアのオーガニックブランド「シェフズチョイス」の岩塩で、着色料などは一切使わない自然のものだけで作られた塩です。ミネラル分の鉄分を多く含むため、きれいなピンク色に発色しています。

③ぬちまーす 250g


*購入サイト|楽天市場*
ぬちまーす 250g

沖縄のきれいな海水から作られたパウダー塩で、まろやかな味が特徴の商品です。常温瞬間空中製塩法で作られた商品には、健康維持に欠かすことのできない豊富な海洋成分が含まれます。

④沖縄の海水塩 青い海 あらじお


*購入サイト|楽天市場*
沖縄の海水塩 青い海 あらじお 200g

沖縄の糸満沖合の約2000mから取水した海水を濃縮して、通常よりも低い温度で時間をかけて煮詰めたため大粒のフレーク状に仕上がった商品です。糠漬けや梅干しを漬けるのにも最適な塩です。

⑤ウユニ塩


*購入サイト|楽天市場*
ウユニの塩 360g

アンデス山脈に囲まれたウユニ塩湖の塩を砕いて袋につめた商品です。湖塩ですが、塩辛すぎずに食べられます。

塩を種類別に使い分けよう

料理や食事で何気なく使っている塩ですが、作り方や原料などで様々な種類に分けられて味わいも違うとわかりました。塩を種類別に使い分けるとより料理の美味しさを引き出せるので、料理をするときは相性を考えて塩を使ってみてはいかがでしょうか。

関連する記事