ナスの種が黒い・茶色でも食べられる?変色する理由は?日持ちする保存方法も紹介!

【管理栄養士監修】ナスの種が黒や茶色に変色していたことはありませんか?今回は、ナスの種が黒い・茶色い場合に食べても大丈夫な場合と食べるべきでない場合を紹介します。また、ナスの日持ちする保存方法についても紹介するので参考にしてくださいね。

専門家監修 |管理栄養士・栄養士 片村優美
HP
All about公式ガイド、Nadia Artist。食育教室や短大の非常勤講師もしています。食は身近で重要な存在です。情報過多の時代、...
HP
All about公式ガイド、Nadia Artist。食育教室や短大の非常勤講師もしています。食は身近で重要な存在です。情報過多の時代、なにが正しくて誤りなのか分からなくなることもありますよね。普段の食生活に役立つような、正しい情報をわかりやすくご紹介していきたいです。

目次

  1. ナスの種は食べられる?
  2. 食べても問題ない
  3. 種が多い場合も食べてよい
  4. ナスの種が黒・茶色でも食べれる?
  5. 変色したナスを食べても問題ない
  6. 種の色が黒・茶色になる理由
  7. ナスの食べるべきでないサインとは?
  8. カビが生えている
  9. 皮がぶよぶよで柔らかい
  10. 腐った匂いがする
  11. ナスを日持ちさせる保存方法とは?
  12. 常温保存
  13. 野菜室で冷蔵保存
  14. 冷凍保存
  15. なすの種は食べても大丈夫

ナスの種は食べられる?

ナスの種は、食べても問題ないのか気になりますが、食べることができるのか紹介します。

食べても問題ない

ナスの種は、プチプチとした食感をしており、食べても問題ないので取り除く必要はありません。

種が多い場合も食べてよい

ナスの種が白い場合は、あまり目立ちませんが、黒や茶色などに変色してくると種がたくさんあるように見えます。そのため、種の数が多いからと言ってナスに異常があるわけではありませんので、安心して食べることができます。

ナスの種が黒・茶色でも食べれる?

家庭で調理する際、ナスの断面が変色している場合があります。特に、種の部分が黒や茶色に変色していることがありますが、それを食べてしまっても大丈夫でしょうか?変色する理由を交えて説明します。

変色したナスを食べても問題ない

鮮度が落ちているナスの種は、変色していますが食べても人体に影響はありません。しかし、新鮮なうちにおいしく食べたいのであれば、できるだけ早く食べた方がいいでしょう。

(*ナスが変色する原因について詳しく知りたい方はこちらの記事を読んでみてください。)

ナスが変色する原因は?防止方法はある?アク抜きや色止めのコツなど紹介!

種の色が黒・茶色になる理由

とれたてや購入したばかりのナスは、中身がきれいな白色をしていますが、収穫後時間が経過していくと水分が減少し鮮度が低下してきます。

鮮度の低下は、傷みに繋がり、種から傷みが始まっていきます。また、長時間冷蔵庫へナスをいれておくと低温障害になりこともあります。こうして種が痛むことで、黒・茶色へ変色していくのです。

ナスの食べるべきでないサインとは?

ナスの種が、黒や茶色に変色することは鮮度が低下していることが原因ですが、鮮度が低下しても、ある程度は問題なく食べることが可能です。今回は、どういった場合に食べてはいけないのか紹介します。

カビが生えている

関連する記事