すもも(プラム)の食べ方は?冷凍・塩漬けが美味しい?皮・種の下処理法も紹介!

【野菜ソムリエ監修】すももの美味しい食べ方を知っていますか?すももといえば甘酸っぱく、夏になるとよく見かける果物ですが、今回は、〈完熟・青い〉すももの美味しい食べ方や〈皮・種〉の下処理の仕方を紹介します。すもものおいしい食べ方・レシピも紹介するので参考にしてみてくださいね。

専門家監修 |野菜ソムリエ 福光佳奈子
HP Instagram Twitter Facebook
野菜ソムリエプロ・睡眠コンサルタント・お酒&家飲みグッズの店『イエノミライフ』主宰/札幌市生まれ。食から睡眠まで、...
HP Instagram Twitter Facebook
野菜ソムリエプロ・睡眠コンサルタント・お酒&家飲みグッズの店『イエノミライフ』主宰/札幌市生まれ。食から睡眠まで、おうち時間を充実させるメソッドを様々なカタチで提案している。著書『体にうれしい果実酒・野菜酒・薬用酒200』(秀和システム)は、台湾など世界5か国で翻訳版も出版している。

目次

  1. すもも(プラム)とは?
  2. すももの旬・主産地や品種
  3. すももの実の味わい・食感
  4. すももの美味しい食べ方は?
  5. ①すももを食べる前に冷やす
  6. ②すももに塩を振る・塩漬けにする
  7. ③すももを丸ごと冷凍する
  8. すももが青い・すっぱい場合の食べ方は?
  9. すももを冷蔵庫で追熟させる
  10. すももの食べ頃の見分け方
  11. すももの皮・種の下処理の仕方は?
  12. ①すももの皮の剥き方
  13. ②すももの種の取り方
  14. すももは皮ごと食べることもできる
  15. すもものおいしい食べ方・レシピのおすすめ
  16. ①すももジャム
  17. ②すもものケーキ
  18. ③プラムジュース
  19. ④プラム酒
  20. ⑤すもものサラダ
  21. すももを食べてみよう

すもも(プラム)とは?

出典:https://twitter.com/rainbow_seed/status/1005982194383196160

すもものプラムとは日本すももの事で、バラ科サクラ属の果実です。欧米で昔から食べられてきた西洋すももは、お馴染みプルーンと呼ばれておりこちらもすももの仲間ですが、今回は日本すももの種類や味わいについて紹介しましょう。

すももの旬・主産地や品種

すももは6月下旬から8月中旬に収穫される、夏が旬の果物です。一言ですももと言っても、実は様々な品種があります。代表的なものを見ていきましょう。

・貴陽
・太陽
・ソルダム
・大石早生


すももには大玉プラム・小玉プラムの2種類があり、貴陽・太陽は大玉に分類されます。対してソルダムや大石早生は小玉に分類されます。すももの主な産地は山梨・和歌山・長野、この3県で国内生産の6割を占めているのです。

すももの実の味わい・食感

酸味が強いのが特徴の果物ですが、種類が違えば味わいや食感も変わるので、好みのすももを楽しんでみましょう。先ほど紹介した大玉プラムは120g~200gほどで、貴陽については300g以上の大きなものもあります。糖度は10度を超え甘みが多く、程よいしっかりとした食感の果肉が特徴です。

小玉プラムはスーパーでよく見かける小ぶりのすももです。甘みと酸味のバランスが良く、柔らかい果肉と豊富な果汁が喉を潤します。以下、レビューを2つ紹介するので、すももを選ぶ際に参考にしてみて下さい。

写真からも瑞々しさが伝わってきます、是非とも旬の時期に食べたいですね。

すももの美味しい食べ方は?

出典:https://twitter.com/minnecom/status/1234318520411992066

採れたてのすももをそのまま食べるのもいいですが、さらにおいしい食べ方があればぜひ試したいところです。ここでは、すももがよりおいしくなる食べ方を紹介します。

①すももを食べる前に冷やす

すももを、食べる1時間ほど前に冷蔵庫で冷やしておくとおいしくなります。これは、甘味を感じさせる果糖とブドウ糖が冷やすことで増え、より甘みが増すためです。大玉の切り方は、果肉をくし形に切る方法が一般的ですが、小玉であれば切らずにそのまま食べる事もできます。皮の剥き方や、種の取り方についても後ほど紹介します。

②すももに塩を振る・塩漬けにする

塩を振る事で、より甘さが引き立ちおいしくなります。また、塩漬けという食べ方もあります。塩漬けにするすももは、完熟前の固めのものがおすすめです。

【塩漬けの方法】
①すももをきれいに洗う
②一度沸騰させて冷ました塩水に3~4日漬け込んで完成


塩水は水3カップにつき、塩大さじ4強を溶かして作ります。3~4日と時間はかかりますが、より甘く美味しく食べられます。

③すももを丸ごと冷凍する

冷凍保存したすももを、少し解凍してそのまま食べると甘みと酸味が凝縮され、すもも本来のおいしさを味わうことができます。また、シャーベットにすると甘酸っぱい夏のデザートに早変わりします。冷凍する際は、すももをきれいに洗い、水気をふき取り食べやすくカットして、ジップロックなど密閉できるものに保存しましょう。


福光佳奈子

野菜ソムリエ

丸ごと冷凍したすももは、解凍せずにシロップ作りや自家製酒作りに使用すると、生のものより早く熟成されます。

関連する記事

×