かつおのたたきの薬味は何をつける?にんにくが合う?代わりのタレの作り方も紹介!

かつおのたたきの薬味には何をつけていますか?かつおのたたきに合わせる薬味は様々なものがあります。今回は、かつおのたたきの定番薬味や〈にんにく・梅干し〉など変わった薬味のおすすめも紹介します。薬味代わりのタレの作り方も紹介するので参考にしてみてくださいね。

目次

  1. かつおのたたきの薬味は何をつける?
  2. かつおのたたきの定番の薬味一覧
  3. かつおのたたきの変わった薬味は?
  4. ①にんにく
  5. ②梅干し
  6. ③大根おろし
  7. ④かいわれ大根
  8. ⑤柚子胡椒
  9. かつおのたたきの薬味代わりのタレの作り方
  10. 材料
  11. 作り方・レシピ
  12. かつおのたたきを美味しく食べよう

かつおのたたきの薬味は何をつける?

高知県の郷土料理であるかつおのたたきは、かつおを厚めに切って表面のみをあぶって食べる魚料理で、一般的には薬味やタレをかけて食べます。かつおたたきにつける薬味はどのような種類があるのか、定番の薬味を紹介します。

かつおのたたきの定番の薬味一覧

かつおのたたきの定番の薬味は以下のようなものが知られています。

・ねぎ
・たまねぎ
・しょうが
・大葉
・みょうが


かつおのたたきは魚特有の生臭さがあるので、生臭さが少し和らぐような香りの強いねぎやしょうがなどの野菜が定番の薬味となっています。かつお自体の味が強いので、辛みのある薬味を合わせてもかつおの味が負けることなく、薬味とかつお両方の味を楽しめます。

薬味の種類や形状に決まりはないため、例えばねぎであれば青ねぎでも白ねぎでもよく、しょうがは細切りでもすりおろしでも問題ありません。薬味の組み合わせも変えられるので、自分好みの薬味を試してみてください。

かつおのたたきの変わった薬味は?

定番の薬味を紹介しましたが、紹介したもの以外にもかつおのたたきに合う薬味があります。かつおのたたきの本場である高知県でよく食べられている食べ方や、変わった薬味の味や特徴などおすすめのポイントを添えて紹介するので参考にしてください。

①にんにく

おろしたにんにくやスライスしたにんにくを薬味にすると、にんにくの持つ独特の香りがかつおのたたきの臭みを和らげてくれます。にんにくと醤油で食べてもおいしいですが、かつおのたたきが名産である高知県ではにんにくと塩で食べることも多いようです。

②梅干し

梅干しのもつ酸味はかつおと相性がよく、定番の薬味でもあるねぎやたまねぎなどともよく合います。梅干しの味だけで楽しめるので、いつものかつおのたたきに飽きたときなどに試してみるのも良いでしょう。梅干しには強い殺菌力があるので、生ものを食べる際の食中毒予防にも役立つほか、疲労回復効果など体に良い作用もあるのでおすすめです。

③大根おろし

かつおは味の強い魚なので、大根おろしを合わせることでかつおのたたきをさっぱりとした味にしてくれます。大根おろしは醤油と合わせても良いですが、ポン酢との相性も良く、ポン酢でかつおのたたきを食べるとよりさっぱりした味わいになります。また、大根おろしには消化を促進する作用もあるので、胃腸の健康にも役立つでしょう。

④かいわれ大根

かいわれ大根は辛味がある野菜なので、かつおのたたきで巻いて食べるようにすると味のアクセントになります。かいわれ大根は前述した大根おろしとの相性も良いので、両方を組み合わせて食べるのもおすすめです。

関連する記事

×