いちごの旬はいつ?一番美味しい&いちご狩りにおすすめな時期を紹介!

【管理栄養士監修】いちごの旬はいつか知っていますか?12月頃にはスーパーで見かけるようになることからいちごの旬は冬と思われがちですが、実は「春」がいちご本来の旬なのです。今回はいちごが冬に生産できる理由や1年で一番美味しい時期について紹介します。

専門家監修 |管理栄養士・栄養士 石川桃子
Twitter HP
神奈川県川崎市内の歯科医院で管理栄養士として勤務。歯科栄養という新たな分野を様々な方に知っていただくために活動しております。...
Twitter HP
神奈川県川崎市内の歯科医院で管理栄養士として勤務。歯科栄養という新たな分野を様々な方に知っていただくために活動しております。歯スティバルという歯科イベントにて講師を務めさせていただきました。分子整合栄養学を学び、予防歯科には欠かせない食事をお子様やご高齢の方と様々な方への食事・栄養指導を行なっております。

目次

  1. いちごの旬はいつからいつまで?
  2. いちごの旬は「春(3〜5月)」が正しい
  3. 現在は冬から春までが旬
  4. いちごが冬でも採れる理由
  5. いちごに季節を勘違いさせているため
  6. 需要の高まる冬に旬を合わせている
  7. いちごの旬は品種によって違う?
  8. 基本あまり変わらない
  9. いちごが一番美味しい時期はいつ?
  10. 「冬」が一番甘みが強い
  11. 「冬」のいちごが美味しい理由
  12. 旬の時期関係なく美味しいものもある
  13. いちごは夏は食べられないの?
  14. 海外から輸入する場合も
  15. 夏秋いちごが採れる
  16. 旬を外れた「夏いちご」も美味しい
  17. いちごは旬が一番美味しい

いちごの旬はいつからいつまで?

どの季節に行ってもスーパーに置いてあるバナナやりんごなど一年中美味しいフルーツもありますが、スイカやサクランボなど限定した季節にしかスーパーには置かれていないフルーツもありますよね。それでは、寒くなってくるとスーパーに並び始める「いちご」の旬はいつなのか…正しい季節を皆さんは知っていますか?

いちごの旬は「春(3〜5月)」が正しい

寒くなってくる12月頃にはスーパーなどに並ぶ「いちご」いちごの旬は冬から…と思っていちこの時期を楽しみにしている人も多いのではないでしょうか。スーパーなど店頭に並ぶいちごは12月から3月頃の値段は高いですが、4月以降になると少しずつ値段も手頃になってきますよね。そのため、春にはもういちごの季節はそろそろ終わり…と感じている人も多くいます。

ですが、いちごは本来、春に実るものです。栽培地域による寒暖差で多少のズレはありますが、本来は3月に花が咲き、4〜5月にかけて実をつけるため、いちごの旬は3〜5月の「春」が正しいのです。

現在は冬から春までが旬

いちごの旬は春なのに冬には売っているのはなぜ?と、いちごの旬についていろいろな意見があると思います。正しい旬の季節である春だけではなく、冬にいちごが生産されるようになったのはクリスマスや正月などのイベントが深く関わっており、詳しい理由については次で説明します。

実際に日本でスーパーにいちごが並ぶのは12月から5月頃までなので、最近は「いちごの旬は冬から春」とされています。


いちごが冬でも採れる理由

4月から6月の春が旬のいちごが寒い冬の12月から採れるのはなぜでしょうか?それにはいちごの栽培技術といちごを採らなくてはならないイベントにまつわる理由があるので、それについて詳しく説明していきます。

いちごに季節を勘違いさせているため

本来、暖かくなってくる春に花が咲き実をつけるいちごを寒い冬の季節に収穫することなんてできるの?旬をズラしたいちごは美味しいの?と疑問に感じると思います。実は日本でいちごを栽培しているところの多くは、二重のビニールハウスや大型暖房機を使うことで春のように暖かい環境を作り出しています。

この中で栽培することで、ビニールハウス外の環境は冬だったとしても、いちごにとっては暖かい環境で、春と勘違いさせることができるため、冬でも育ち収穫できるようになります。

需要の高まる冬に旬を合わせている

12月でもいちごが収穫できることはわかりましたが、なぜ12月にいちごを栽培する必要があるのでしょうか?これには、クリスマス・正月など年末年始のイベントが大きく関わっています。

ショートケーキなど、ケーキにはいちごが使われることが多いです。12月にはクリスマスがあり、ケーキを買ったり作ったりする人が増えることでいちごの需要も自然と高まります。また、日本人は初物がとても好きなので、正月に初物としていちごを家族で食べる人も増えるのです。

これらの需要に答えるため、いちごを冬に収穫できるように栽培しており、私たちは冬も春も長い期間いちごを楽しむことができるようになっています。

石川桃子

管理栄養士

美味しいいちごが長い期間食べることができるのはとてもうれしいですね。品種別で大きく旬が異なることはないので甘さも栄養素もギュッと詰まっている旬の時期にいちごを是非召し上がっていただきたいです。

いちごの旬は品種によって違う?

いちごには土地によってたくさんの品種があります。大きさや形、味の違いだけでなく土地によっての寒暖差などもありますが品種によって旬の季節も違うのでしょうか?いくつの品種を例題にあげて説明していきます。

基本あまり変わらない

簡潔に言うと、いちごの旬は基本的に品種によって大きく変わることはありません。
いくつかみてみましょう。

・とちおとめ…糖度が高く他のいちごと比べて比較的日持ちしやすい栃木県産の「とちおとめ」は、11月から店頭に並び始めて6月頃までありますが、1〜4月頃が一番の旬です。

・あまおう…サイズが大きく丸みがあり甘みと酸味のバランスが良い福岡県産の「あまおう」は、12月から5月頃までが旬です。

・紅ほっぺ…果肉の中心まで赤くほっぺが落ちるほど美味しいという静岡県産の「紅ほっぺ」は、1月頃から5月頃までが旬です。

見比べると、「とちおとめ」が少し早く、「紅ほっぺ」が少し遅い出始めですが、基本的に旬は寒くなり始めてから春までなので品種による大きな差はありません。

(*いちごの品種・種類について詳しく知りたい方はこちらの記事を読んでみてください。)

いちごの品種・種類20選!甘い・糖度が高い順にランキングで紹介!

いちごが一番美味しい時期はいつ?

いちごの旬は春ですが、今では冬でも食べることができるようになりました。いちごが一番美味しいのは、冬から春の旬の中でいつなのか、理由も含めて説明していきます。

「冬」が一番甘みが強い

春夏秋冬ある中で、一番いちごが美味しい季節は「冬」冬のいちごはとても甘くて美味しいのですが、その理由はいちごが果実が実ってから収穫までの日数が関係しています。いちごは収穫までの日数が長いほうが甘くなり、長くするためには気温が低い日が続くことが必要です。そのため、気温の低い冬の方がいちごは甘いです。

暖かくなってきたらいちご狩りに行こうと考えている人も、甘いいちごを狙うなら冬がおすすめですよ。

石川桃子

管理栄養士

甘みが強い=血糖値が上がりやすい という解釈もできます。 空腹時に食べたり、量をとりすぎたりしてしまうと血糖値が急上昇し、ホルモンバランスが乱れてしまいます。 ホルモンバランスが乱れると、心身の不定愁訴に繋がったり、糖尿病になるリスクが上がることも! 食べる際は「食後に少量」を意識してみてくださいね!

「冬」のいちごが美味しい理由

12月から2月の冬の中で一番のおすすめは1月です。12月は、株には栄養がたくさん蓄えられているのですが、気温がまだ高めで収穫までの日数が短いです。2月は、気温が低く収穫までの日数は長いですが、それまでの期間に株が消耗してしまって元気がなかったり、日照不足による光合成の妨げなどがあり、甘くて大きい立派ないちごというのが難しくなります。

一番ベストなのは、株も元気で日照不足もならず気温が低い1月で、甘みが強いいちごができる条件がそろっています。

旬の時期関係なく美味しいものもある

温度調整などをしていない環境であれば、夏よりも秋や春、それより「冬」のほうが甘くなることはおわかりいただけたでしょう。しかし、初めにも紹介したように最近では、室温を一定に保ち、いちごが甘く美味しく大きく育ちやすい温度などにして栽培することができます。

温度をいちごが美味しく育つように調節することで、季節による味の変化はなくなりつつあります。いちご狩りもハウス栽培のいちごなら寒さも関係なく美味しいいちごを採ることができるので、いちご狩りに行きたいけど寒い時期は苦手…という人でも楽しめるようになっているのでおすすめです。

いちごは夏は食べられないの?

冬から春が旬のいちご。ケーキ屋さんでは一年中ケーキの上にはいちごがのっているのに、私たちは夏にいちごをスーパーで買って食べることはできませんよね。旬の季節から外れた夏のいちごはどこで手に入れることができるのか、紹介しましょう。

海外から輸入する場合も

いちごがスーパーなどで売られるのは12月から5月頃で、旬の時期は冬から春です。それでも、ケーキ屋さんに行くと夏でもいちごのショートケーキは並んでいます。6月から11月の旬から外れた季節にはいちごがないはずなのに、なぜいちごのショートケーキを作ることができるのでしょうか。

実は、旬の季節を過ぎたいちごは海外からの輸入に頼っています。日本での生産が少なくなる時期に、生鮮いちごを洋菓子店などの業務用として主にアメリカ合衆国から輸入したものを洋菓子店などは使用しています。

夏秋いちごが採れる

一般的に旬と言われている春や冬ではなく、それを過ぎた初夏から秋である6〜11月に収穫時期を迎える珍しいタイプのいちごがあります。一般的には「一季成り」といって春の1回のみ収穫を迎えるものですが、旬からズレた時期にも食べることができるいちごは「四季成り」といって夏と秋の2回収穫できたり、真冬以外何度も収穫を迎えるものがあります。

夏と秋に収穫できることから、「夏苺(なついちご)」「夏秋いちご(かしゅういちご)」と名付けられています。

旬を外れた「夏いちご」も美味しい

今までは旬を過ぎたいちごは酸っぱくて小粒であまり美味しくない!旬の時期が一番美味しい!とも言われていた「夏いちご」ですが、最近では一季成り性いちごと変わらず大きく甘みもあるものが増えており、白やピンクなど種類も増えていて見た目も美しいことから希少価値も高くなっています。

夏いちごは、北海道や長野県、東北地方など夏場に気候が涼しい地域で生産されており、取り寄せなどをすることもできるので夏でもいちごを食べたい人はチェックしてみてください。

いちごは旬が一番美味しい

いちごの正しい旬は「春」であることはお分かりいただけたと思いますが、冬にあるイベントのクリスマスや正月に合わせて、最近では冬から美味しいいちごを食べることができます。それに加えて寒い時期にいちごが甘くなるということもあり「冬から春」はいちごがとても美味しくなる旬の季節でしょう。

この季節が一番美味しいのはもちろんですが、最近では夏に収穫できる品種のものも増えてきています。地域や季節によって、様々な品種があるのはフルーツの中でも珍しいのではないでしょうか。それぞれ良さがあり、好みも人それぞれだと思うので、ぜひ自分好みのいちごを見つけて美味しい旬の時期に味わってみて下さい。

石川桃子

管理栄養士

食べ物は旬の時期が一番栄養価も高くなります。いちごはビタミンCがとっても豊富です。美肌効果はもちろん、疲労回復、風邪予防などにもメリットが!美味しくて栄養価も高いなんて、一石二鳥ですね。是非旬の時期に美味しく食べてくださいね!

関連する記事