イーストフードとは?危険性・健康へ害はある?パン作りにおける役割など解説!

イーストフードとは何かを知っていますか?パン作りに使われる添加物ですが、どのような目的があるのでしょうか?今回は、イーストフードのパン作りにおける役割や、懸念されている危険性・体への害について紹介します。イーストフード同様に懸念視されている「乳化剤」についても紹介するので参考にしてみてくださいね。

目次

  1. イーストフードとは?
  2. イーストフードはイースト菌の養分の役割をする添加物
  3. イーストフードのパン作りにおける役割
  4. イーストフードの種類と表示義務について
  5. イーストフードの危険性・健康への害は?
  6. 危険視されているイーストフード①塩化アンモニウム
  7. 危険視されているイーストフード②臭素酸カリウム
  8. 危険視されているイーストフード③リン酸塩類
  9. ただしイーストフードの危険性・安全性は定かではない
  10. イーストフード同様に懸念視される「乳化剤」とは?
  11. 乳化剤のパン作りにおける役割
  12. 乳化剤も一括表示が認められており懸念視されているが危険とする根拠はない
  13. イーストフード・乳化剤など添加物に過敏になる必要はなし

イーストフードとは?

イーストフードと聞いて皆さんは何を思い浮かべるでしょう。イーストフードとは、どのような食品で、どのような役割があるのかを紹介します。また、健康に気を使う人もイーストフードの危険性について知ってみてはいかがでしょうか。

イーストフードはイースト菌の養分の役割をする添加物

イーストフードとは、パンやお菓子を作るときに使われる「生地改良剤」と言われる食品添加物の総称です。このイーストフードは発酵を促す酵母のエサの役割をもち、短時間で多くのパンを発酵することができます。パンを作る工場などでは、酵母の持つ力以上の発酵を促すためにイーストフードを添加し効率よくパンを作っているのでしょう。

イーストフードと似た言葉としてイースト菌がありますが、これは酵母そのものです。イースト菌には特徴によって種類が分かれており、生イースト、ドライイースト、インスタントドライイーストなどがあります。

イーストフードのパン作りにおける役割

イーストフードとは、パン作りで発酵に欠かせない食品添加物ですが、次のような役割があります。

・イースト菌など酵母のエサ(栄養分)
・パンを膨らませる
・パンのミネラル分の強化


ある種のイーストフードは、イースト菌が増殖するための栄養源で、栄養となったイーストフードはイースト菌によって分解され、糖とアルコールを作ります。この働きが発酵を短期間で促します。イースト菌が増殖を始めると、呼吸によって酸素を取り込み糖分を産生し、パンの中に酸素が無くなってくると、糖分を分解し炭酸ガスを作り出し膨らむのです。

パンのおいしさに欠かせないふんわりした食感は、この炭酸ガスをたくさん作り出す役割のおかげでしょう。イーストフードには、ミネラル分を多く含むものも存在し、その種類のイーストフードを利用することで得られる効果がミネラル分の補強です。炭水化物であるパンにミネラル分が多く含まれるので、健康志向の人にはうれしい効果でしょう。

イーストフードの種類と表示義務について

イーストフードにはどのような種類があるのでしょう。次のような食品添加物が認められていますが、食品表示への義務はどのようなものかも見てください。

・塩化アンモニウム
・グルコン酸カリウム
・酸化カルシウム
・炭酸アンモニウム
・炭酸カルシウム
・硫酸カルシウム
・リン酸三カルシウム
・リン酸二水素アンモニウム
・リン酸一水素マグネシウム
・塩化マグネシウム
・グルコン酸ナトリウム
・焼成カルシウム
・炭酸カリウム(無水)
・硫酸アンモニウム
・硫酸マグネシウム
・リン酸水素二アンモニウム
・リン酸一水素カルシウム
・リン酸二水素カルシウム


現在、日本で使用が認められている食品添加物であるイーストフードです。イーストフードとは、イースト菌の発酵を促すものですが、1種類だけでなく数種類のイーストフードが存在しています。このうちの数種類は菓子などに利用されるベーキングパウダーです。

食品への表示は食品衛生法で決められたルールがあり、イーストフードは一括表示が認められている食品添加物です。様々な種類のイーストフードがありますが、どれを使っていたとしても「イーストフード」と表示をすれば問題はありません。ただし、1種類だけの使用では認められず、2種類以上で表示が許可されます。

イーストフードの危険性・健康への害は?

イーストフードは様々な食品に使用され、それぞれ役割を持つ種類がありますが、どのような危険性をもち、健康への心配があるのでしょうか。健康への害がある場合、どのイーストフードの何が悪いのかを詳しく紹介します。

危険視されているイーストフード①塩化アンモニウム

イーストフードの一つに塩化アンモニウムがありますが、このイーストフードは炭酸水素ナトリウムと一緒に使用することで膨張剤の役割を果たします。PH調整剤として一般には化学肥料に使用されていることが多いものです。一度に多くの量をとってしまった場合、吐き気や嘔吐などを引き起こすといわれています。

危険視されているイーストフード②臭素酸カリウム

イーストフードではありませんが、イーストフードと一緒に利用されるものに臭素酸カリウムがあります。これは加工助剤といわれる食品添加物で主に食感などをよくする働きがありますが、ある研究において発がん性が認められた物質です。大手パン企業が使用を再開したことで話題となりましたが、これも使用量を守ることで安全といわれています。

危険視されているイーストフード③リン酸塩類

イーストフードの種類の中で多く見られるリン酸塩類があります。リン酸塩は多くの食品などにも使われている食品添加物ではありますが、長期間食べ続けることで骨粗しょう症などの障害が起きるといわれる食品添加物です。体内で骨の破壊を促進する働きがあるためであり、カルシウムと逆の働きを持つために起こります。

ただしイーストフードの危険性・安全性は定かではない

イーストフードには、不安要素の残る成分もあるようですが、実際には一日の許容量を上回る程大量に食なければ心配はないと言われています。厚生労働大臣が認めている食品添加物は、指定制度というルールに則り表示するため危険性はないようです。実際の危険性については定かではなく、思い込みで危険視している方もいるでしょう。

大手パン業界でもイーストフードは、仮に危険なのは大量に食べた場合のみと情報を発信し、安全な使用量を守り作られているパンは、極端に心配をする必要はありません。

しかし、専門家の中でもイーストフードの危険性や安全性についての意見が分かれているのも事実です。厚生労働省で表示を認められており、許容量も守られていれば安全だという意見もあります。逆に危険視する人は2種類以上のイーストフードを同時に使うことで、どのような化学反応が起きるか安全性が定かではないという理由のためです。

イーストフード同様に懸念視される「乳化剤」とは?

イーストフードと同様に、「乳化剤」という言葉も食品の加工する際によく聞きます。パン作りなどイーストフードと同じように添加される食品の中で、「乳化剤」はどんな役割を果たしているでしょうか。健康への心配があるのかも合わせて紹介します。

乳化剤のパン作りにおける役割

乳化剤の役割は、水と油といった混ざりにくいものを、混ざりやすくするよう助ける役割が一般的でしょう。パンを作る過程で小麦粉を混ぜる際に水分と油分をいれますが、それぞれだけでは混ざりにくく、ムラになります。そこで、乳化剤を利用することで材料を混ぜやすく、なめらかにすることができるのです。

乳化剤を入れることで油分を生地全体になじみ、油分がまんべんなくいきわたり水分の蒸発を防ぐため、パンやケーキなどがしっとりした食感を保てるのです。また、発酵などの過程ででた炭酸ガスの気泡を生地の中で維持する働きもあるので、ふんわりした食感の維持にも一役買っています。

ホイップクリームのホイップ状態を維持できたりするのはこの役割があってこそでしょう。

乳化剤も一括表示が認められており懸念視されているが危険とする根拠はない

乳化剤もイーストフード同様一括表示が認められており、種類は次の通りです。

・グリセリン脂肪酸エステル
・ショ糖脂肪酸エステル
・ソルビタン脂肪酸エステル
・ポリソルベート
・ステア路いる乳酸カルシウム
・レシチン

こちらも日本国内で表示が認められている食品添加物ですが、これら乳化剤は食品由来の原料から作られています。例として、卵や大豆、砂糖などがあげられ、食品そのものをそのまま利用するのではなく、そのうちの成分を乳化剤として利用しています。

乳化剤が使用されている食品はたくさんあり、代表的なものはパンやケーキですが、アイスやチョコレート、意外にも練り物などにも利用していることは知っているでしょうか。食品衛生法でも認められており、乳化剤を極端に危険視する必要はないでしょう。健康に影響はほとんどみられていない点からも、心配はいりません。

イーストフード・乳化剤など添加物に過敏になる必要はなし

イーストフードとは、パン作りなどに欠かせない食品添加物です。様々な情報で、イーストフードや乳化剤は危険であるといわれてはいますが根拠がないのも事実です。イーストフードとは日本の食品に使用が認められており、許容量も設けられており心配はいりません。表示そのものに過敏にならずに、おいしい食品をいおいしく頂いてみてはいかがでしょうか。

関連する記事