無添加・添加物の少ないインスタントラーメンおすすめ市販7選!食べ方のコツも紹介!

添加物の少ない安全なインスタントラーメンは市販で買えるか知っていますか? 今回は、スーパー・市販でも買える添加物の少ない安全なインスタントラーメンのおすすめ7選を紹介します。インスタントラーメンに含まれる添加物の種類や体に悪いとされる理由とともについても紹介するので参考にしてみてくださいね。

目次

  1. 添加物の少ない安全なインスタントラーメンは?スーパーなど市販に売ってる?
  2. インスタントラーメンに含まれる添加物は?どれに注意すべき?
  3. かん水に含まれるリン酸塩に注意
  4. その他にも添加物がたくさん含まれている
  5. 添加物の少ないインスタントラーメンおすすめ7選!
  6. ①博多中華そばとんこつ(278円)
  7. ②創健社塩らーめん(167円)
  8. ③ノンフライ十穀ラーメンしょうゆ味(210円)
  9. ④創健社有機ノンフライ麺醤油ラーメン(335円)
  10. ⑤ベジ玄米ラーメン(しお)(232円)
  11. ⑥桜井食品純正らーめん5食入り(791円)
  12. ⑦小笠原製粉キリマルラーメンしょうゆ味(255円)
  13. インスタントラーメンの添加物と塩分をさらに減らすポイントは?
  14. ①麺を作ったお湯をスープに使わない
  15. ②カリウム・食物繊維の多い具材をトッピングする
  16. 添加物の少ない安全なインスタントラーメンを買ってみては?

添加物の少ない安全なインスタントラーメンは?スーパーなど市販に売ってる?

インスタントラーメンというと添加物が多く使われ、健康によくないイメージがあります。できる限り体にいいインスタントラーメンを食べたい人や、安心安全なものを子供に食べさせたいと考える親は多いです。この記事では、添加物の少ないインスタントラーメンがあるのか、添加物が入ったインスタントラーメンの対策も含めて紹介します。

インスタントラーメンに含まれる添加物は?どれに注意すべき?

カップヌードルだけでなくチキンラーメンやサッポロ一番などの袋麺でも、原材料をみると多くの添加物が記載されていて安全性に不安を持つ人も多いです。インスタントラーメンを安心して食べるためにも、添加物で特に何に注意をすればいいのか説明します。

かん水に含まれるリン酸塩に注意

インスタントラーメンに欠かせない添加物として、かん水があります。かん水は風味がよくてコシのある麺を作るためにも必要とされますが、安心できないとの声もある添加物ひとつです。かん水は、モンゴルにある塩湖のアルカリ塩水を使って麺を作ったことが始まりですが、今はカリウム、ナトリウム炭酸塩、リン酸塩が主な原料です。

化学合成品のリン酸塩は、過剰摂取するとカルシウムの吸収を妨げて骨をもろくするといわれ、安全性に不安があります。他にも腎臓や血管に影響が出るなど健康が害されるため、なるべく避けた方がいい添加物です。かん水の表示だけではリン酸塩の有無はわからないため、安心できるインスタントラーメンを選ぶのは難しいかもしれません。

その他にも添加物がたくさん含まれている

カップヌードルやインスタントラーメンでよく使われている以下の添加物の中には、健康に影響を与えるものもあります。

・乳化剤
・増粘剤・増粘多糖類
・酸化防止剤
・着色料


乳化剤は水分と油分の分離を防ぎ、スープや麺の成分を均一にするために使われます。しかし、アレルギー反応の心配や染色体異常が指摘される原料もあり、注意が必要です。増粘剤や増粘多糖類は、麺の歯ごたえをよくしたりスープにとろみをつけたりするために使われますが、原料に農薬や遺伝子組換品などが含まれる可能性があるため安心できません。

酸化防止剤は、油脂の酸化を防止する効果から麺の劣化を防ぎ、よくビタミンEやビタミンCと記載されています。添加物のビタミンCやEは、栄養素のビタミンとは違い化学合成されているものも多いのですが、他の添加物よりは人体への影響は少ないとされています。

着色料は、見た目の色をよくするために使わることが多く、中でも合成着色料は発がん性があることで知られ安心できない添加物です。しかし、天然着色料なら安心といわれるカラメル色素でも、製造過程で発がん性物質が作られる心配があります。安全性を謳っている添加物は多いものの、なるべく避けた方がいいでしょう。

(*インスタントラーメンが体に悪いかどうかについて詳しく知りたい方はこちらの記事を読んでみてください。)

インスタントラーメンは体に悪い理由は?健康への危険性を紹介!

添加物の少ないインスタントラーメンおすすめ7選!

添加物の少ないインスタントラーメンは、身近なスーパーで買えなくてもインターネット通販ならば買うことが可能です。ここでは、添加物の少ないインスタントラーメンのおすすめを厳選して7品紹介します。なお、無印良品で販売されていた人気の化学調味料不使用のカップ麺については、残念ながら販売が終了しています。

①博多中華そばとんこつ(278円)


*購入サイト|楽天市場*
【無添加】鳥志商店博多中華そば とんこつ

【原材料名】
めん〔小麦粉(小麦粉国産)、小麦たん白、食塩、焼成カルシウム、未焼成カルシウム〕
添付調味料〔ポークエキス、チキンエキス、ラード、食塩、醤油、砂糖、酵母エキス、菜ごま油、菜種油、こしょう粉末、たまねぎ粉末、にんにく粉末〕、
(一部に小麦・大豆・鶏肉・豚肉・ごまを含む)

麺づくりの盛んな福岡県うきは市にある創業大正7年の鳥志商店がこだわる、添加物や化学調味料を使わない昔ながらの製法で作られた安心して食べられるラーメンです。地元の地下水を使い、温度と湿度を調整しながら約60時間かけて作った小麦本来の旨みのある麺を味わってみてください。

②創健社塩らーめん(167円)

関連する記事

×