バターミルクとは?味わいや使い方は?スキムミルクと違いや代用できるかも紹介!

バターミルクとは何か知っていますか?スキムミルクと違いはあるのでしょうか?今回は、バターミルクの味わい・風味など特徴や、栄養成分と効果なども紹介します。バターミルクの代用品や使い方・活用レシピも紹介するので参考にしてみてくださいね。

目次

  1. バターミルクとは?スキムミルクと違う?
  2. バターミルクは発酵バターの副産物
  3. バターミルクの味わい・風味
  4. バターミルクとスキムミルクの違い
  5. バターミルクはどこで買える?
  6. バターミルクの販売店
  7. バターミルクは通販でも買える
  8. バターミルクの栄養成分・効果は?
  9. ①タンパク質
  10. ②カルシウム
  11. ③カリウム
  12. ④ビタミンB12
  13. バターミルクの代用品は?
  14. ①スキムミルク
  15. ②ヨーグルト+牛乳
  16. 自家製バターミルクの代用レシピも紹介
  17. バターミルクの使い方・使い道は?
  18. ①そのまま飲んでもOK
  19. ②お菓子・料理の風味UPにも使える
  20. バターミルクの活用レシピ
  21. ①パンケーキ
  22. ②バターミルクビスケット
  23. ③バターミルクのオレンジケーキ
  24. バターミルクを使ってみよう

バターミルクとは?スキムミルクと違う?

バターミルクはアメリカやインドなどの家庭で常用されているものの、日本ではあまり知られていない乳製品かもしれません。ここではバターミルクの特徴や、スキムミルクとの違いを説明します。

バターミルクは発酵バターの副産物

バターミルクとは発酵バターを作る過程でできる副産物で、牛乳のような見た目をした乳製品です。海外で流通しているバターはほぼ発酵バターなので、バターミルクは一般的に親しまれています。

このような伝統的なバターミルク以外にもいくつかの種類があり、牛乳に乳酸菌を加えて作る培養バターミルクの需要も増えているようです。また、代用品として牛乳にレモンジュースを加えた、酸性バターミルクも代用品として使われることがあります。

(*発酵バターについて詳しく知りたい方はこちらを読んでみてください。)

発酵バターとは?普通のバターと違いある?作り方・健康効果や使い方のおすすめも紹介!

バターミルクの味わい・風味

発酵バターの副産物であるバターミルクの味わいはさわやかな酸味があり、甘いバターの風味が感じられます。しかし、国産のバターミルクは発酵させないバターが主流のため、酸味はほとんどなくほのかにバターの香りがする低脂肪牛乳のような味わいです。

バターミルクとスキムミルクの違い

バターミルクとスキムミルクの違いは脂肪分の有無で、スキムミルクは製造の過程で牛乳の乳脂肪分を取り除き、パウダー状にしたものをさします。日本ではバターミルクよりスキムミルクの方が認知度が高く、流通量も多い乳製品です。

スキムミルクは保存性が高く、タンパク質やカルシウムなど様々な栄養成分を含んでいるので、昭和の時代には学校給食のメニューに用いられていました。当時のスキムミルクは飲みにくいと感じる人も多かったようですが、製造技術が進んだ現在は、ほんのりとした甘みとさっぱりとした喉ごしが好まれています。

バターミルクはどこで買える?

日本であまり流通されていないバターミルクは、スーパーなどで見かける機会は少ないかもしれません。ここでは、バターミルクの購入方法を詳しく紹介します。

バターミルクの販売店

バターミルクは主に業務用に出荷されることが多く、スーパーマーケット等で販売されることは少ないようです。しかし、一部の輸入食材を取り扱うスーパーマーケットや製菓材料の専門店へパウダー状に加工したバターミルクを卸しているメーカーもあるので、問い合わせをして販売店を確認する方法もあります。

バターミルクは通販でも買える

出典:https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/51xwZ00hkTL._AC_.jpg

バターミルクを確実に手に入れたい時は、通販サイトを活用して購入すると良いでしょう。こちらの液状のバターミルクは料理に使いやすく、国産のため酸味はほとんどありません。酸味のあるバターミルクが購入したい場合は、パウダー状に加工された輸入ものも販売されているので、使用頻度や好みを考慮して買うことをおすすめします。

Amazon | 中沢乳業 Nakazawaバターミルク 500g 冷蔵

バターミルクの栄養成分・効果は?

バターミルクは牛乳のような見た目をしていますが、どのような栄養が含まれているのでしょうか。ここでは、バターミルクの栄養成分とその健康効果について説明します。

①タンパク質

バターミルクは牛乳と同様に、五大栄養素の一つであるタンパク質が豊富な乳製品です。タンパク質を摂取すると、人間が体内で生成できない必須アミノ酸に分解されて細胞の生成に大きく関わり、筋肉や肌・髪の毛を健康に維持する働きがあります。

また、タンパク質を摂取すると新陳代謝の向上や血流の促進、アンチエイジングなどに効果があることからダイエットや美容効果も期待できる栄養素です。

②カルシウム

バターミルクはカルシウムを豊富に含み、丈夫な骨や歯を作ることから、成長期の子どもにもおすすめの乳製品です。また、カルシウムを適正に摂取することで、骨粗しょう症や認知症の予防に役立つほか、精神を安定する効果もあります。

牛乳に比べてバターミルクは脂肪分が少ないことから消化や吸収に優れているので、カルシウムの不足が気になる人は、料理の材料や飲み物に取り入れると良いでしょう。

③カリウム

バターミルクに含まれる、ミネラルの一種であるカリウムには体内にある余分なナトリウムと結合して、水分と一緒に体外に排出させることからむくみの解消に効果があります。また、食塩に含まれるナトリウムの摂り過ぎによる高血圧の、予防や改善といった効果も期待できる栄養素です。

④ビタミンB12

バターミルクには、ビタミンB群が含まれていますが、中でもビタミンB12が豊富です。ビタミンB12は体に様々な優れた効果を発揮し、赤血球の生成や神経細胞の機能を正常に維持する働きがあることから、貧血や肩こり・腰痛の予防効果があります。

この他にも睡眠を促したり、眼精疲労からの回復と視力の低下を防いだりと、疲れの気になる人は積極的に摂りたいビタミンの一つです。

バターミルクの代用品は?

風味が良く栄養成分が豊富なバターミルクですが、手に入らない時は他のもので代用できるのでしょうか。ここでは、バターミルクの代用品を、動画も併せて詳しく紹介します。

①スキムミルク

バターミルクの代用品として、使われることが最も多いのはスキムミルクです。バターミルクとスキムミルクは適した料理や使い方が似ているので、互いに代用することができます。しかし、スキムミルクはバターミルクに比べて脂肪分が含まれていないため、香りが薄くコクがないと感じるかもしれません。

②ヨーグルト+牛乳

酸味のある海外のようなバターミルクを使いたい場合は、プレーンヨーグルトと牛乳を6対1の割合で混ぜ合わせるのがおすすめです。この時に低脂肪タイプのヨーグルトや牛乳を使うと、バターミルクのさっぱりとした味わいがより再現できます。

自家製バターミルクの代用レシピも紹介

バターミルクの代用品は自宅でも簡単に作ることができます。自家製バターミルクの材料と手順は以下の通りです。

【材料】
・バターミルク専用発酵菌/1袋
・牛乳/1リットル


【手順】
①煮沸消毒した瓶にバターミルク専用の発酵菌を入れる
②牛乳を人肌程度になるまで温めて瓶に注ぐ
③2~3日常温保存する

バターミルクは常温で発酵させるので、密閉可能な瓶などを使い、必ず煮沸消毒を行ってください。でき上がった自家製バターミルクは独特のとろみがあり、優しい酸味とまろやかな味わいが特徴的です。

バターミルクの使い方・使い道は?

バターミルクをどのように食生活に取り入れたら良いのか、わからない人もいるかもしれません。ここでは、バターミルクの使い方や使い道を紹介します。

①そのまま飲んでもOK

自宅で作ったバターミルクの代用品も含めて、そのまま牛乳のように飲むことが可能です。しかし、日本製のバターミルクやスキムミルクを使った代用品は、風味がないと感じる人もいます。その場合はコーヒーに混ぜたり、砂糖やシナモンを加えたりするとより美味しく飲めるでしょう。

②お菓子・料理の風味UPにも使える

バターミルクは以下のようなお菓子や料理を作る際に加えると、より風味が良くなるのでおすすめです。

・パン
・パンケーキ
・ビスケット
・アイスクリーム
・スープ
・シチュー
・マッシュポテト
・肉の下ごしらえ


パンやお菓子などを作る際には、牛乳の代わりにバターミルクを使うと、豊かな風味も加わってしっとりと焼き上がります。スープや煮込み料理などのコク出しや、肉の臭みを抜いてやわらかくする下ごしらえにも向いているので試してみてください。

バターミルクの活用レシピ

バターミルクは実際に、どのようなレシピに使われているのでしょうか。ここでは、バターミルクの活用レシピを3つ紹介します。

①パンケーキ

出典:https://cookpad.com/recipe/6340555

バターミルクで作る、本格的なパンケーキのレシピです。材料は混ぜ過ぎないようにして、薄めに焼くとふんわりと柔らかい食感に仕上がります。定番のバターとメープルシロップをかけて楽しむほか、ソーセージや目玉焼きとも相性抜群です。

基本バターミルクパンケーキ by ivanka 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが346万品

②バターミルクビスケット

出典:https://cookpad.com/recipe/4664292

ビスケットの材料にバターミルクを使うことで生地がしっかりと膨らみ、さっくりとした食感に焼き上がります。バターミルクを使うと生地がべたつきやすいので、良く冷やしておくのがポイントです。一度に食べきれなかった時は、保存袋に入れて冷凍保存もできます。

バターミルク ビスケット by Winfriede 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが346万品

③バターミルクのオレンジケーキ

出典:https://cookpad.com/recipe/4474412

バターミルクを使った、ふんわりとした食感のオレンジケーキのレシピです。マーマレードの甘酸っぱさとバター風味の相性が良く、おやつや朝食の一品におすすめします。アイシングで、表面をデコレーションするのも良いでしょう。

バターミルクでふわふわ♡オレンジケーキ by Sorara♡ 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが346万品

バターミルクを使ってみよう

日本ではあまり馴染みのないバターミルクですが、風味が良くパン作りや料理にも活用されていることがわかりました。バターミルクは栄養も豊富で、そのまま飲んでも美味しい乳製品です。バターミルクが手に入らない時は代用品の作り方や、おすすめのレシピを参考にして美味しい料理を作ってください。

関連する記事