固まった塩をさらさらにする方法は?湿気るのを防止する対策術も紹介!

固まった塩はいつもどうしていますか?復活させることはできるのでしょうか。今回は、塩が固まる原因「湿気」の防止・対策や、再びさらさらにする方法も紹介します。塩が湿気るのを防ぐ容器・スパイスボトルのおすすめも紹介するので参考にしてみてくださいね。

目次

  1. 塩が固まった…。復活する?
  2. 塩が固まる原因は?
  3. 塩が固まる原因は「湿気」
  4. ちなみに砂糖が固まる原因は「乾燥」
  5. 固まった塩をさらさらにする方法はある?
  6. ①電子レンジでチンする
  7. ②フライパンで炒る
  8. 塩が湿気る・固まるの防止対策は?
  9. ①米・珪藻土など乾燥剤と一緒に保管する
  10. ②爪楊枝と一緒に容器に保存する
  11. 塩が湿気るのを防ぐ容器・スパイスボトルのおすすめ
  12. ①「湿気」から守る SALT ソルトポット(660円)
  13. ②フレッシュロック 角型(469円)
  14. ③フリフリボトル(穴あき中ブタ付)(330円)
  15. 塩が固まらないように保存しよう

塩が固まった…。復活する?

塩を保存していると、塩が容器の中で固まって使いにくくなることがありますが、この固まった塩をさらさらの状態に復活させることはできるのでしょうか。塩が固まる原因やさらさらに復活させる方法について、詳しく見ていきましょう。

塩が固まる原因は?

購入時はさらさらしている塩が、保存している間に固まってしまうのはなぜなのでしょうか。ここではまず、塩が固まる原因について解説します。

塩が固まる原因は「湿気」

塩が固まって塊になるのは、湿度の影響を受けるためです。塩の粒が空気中に存在する水分を吸うと塩の表面が溶けていき、その後乾燥すると塩に結晶が発生します。この過程が繰り返されることで塩の結晶が結合して、塩が固まります。特に日本は外国と比べると湿度が高いため、塩が固まりやすい環境にあると言えるでしょう。

ちなみに砂糖が固まる原因は「乾燥」

塩が湿気の水分によって固まる一方で、砂糖は乾燥が原因で固まるのが特徴です。砂糖の粒は表面を転化糖と呼ばれる糖分で加工して作られているため、粒同士がくっつかずさらさらしています。しかし、乾燥することで転化糖に含まれる糖分が結晶に変化し、この結晶同士が密着することで固まる仕組みになっています。

(*砂糖が固まる原因について詳しく知りたい方はこちらの記事を読んでみてください。)

砂糖が固まる理由は?解消方法はある?防止法・対策や保存のコツなど解説!

固まった塩をさらさらにする方法はある?

一度固まってしまった塩を元のさらさらの状態に戻すことはできるのでしょうか。ここでは固まった塩をさらさらにする方法をいくつか紹介します。

①電子レンジでチンする

簡単に塩をさらさらに戻したい場合は、電子レンジで塩を加熱する方法がおすすめです。電子レンジで塩を戻す際には、耐熱皿に塩を薄く広げてラップをかけずに600wの電子レンジで2分から3分程度加熱します。こうすることで、塩が吸収した水分を蒸発させることができます。

加熱時間は塩の状態や量によって変わるため、短い時間から始めて様子を見ながら追加で加熱してください。加熱が終わったらそのまま冷まし、塩をフォークなどを使ってほぐすか保存袋に入れて袋の上から手で揉みほぐすと、さらさらの状態に戻すことができます。

②フライパンで炒る

塩をさらさらに戻すには、フライパンを使って炒る方法もあります。フライパンで塩をさらさらに戻す場合は、フライパンに固まった塩を投入して弱火の火加減でじっくりと加熱して炒ります。

この際に塩が焦げることがあるので、木べらや菜箸、フライ返しなどを使って絶えずかき混ぜながら炒りましょう。フライパンで加熱した後は塩が高温になっているため、火傷しないように注意してください。

塩が湿気る・固まるの防止対策は?

塩の保存方法を工夫すると、長期間保存していても固まりにくくなります。ここからは、塩が湿気て固まるのを防ぐ対策や保存方法について紹介します。

①米・珪藻土など乾燥剤と一緒に保管する

塩が湿気るのを防ぐのに有効な材料は、以下のようなものがあります。

・生米
・珪藻土
・ショートパスタ


塩が入った容器に生米や珪藻土、ショートパスタを入れて保管すると、これらの材料が湿気を吸収する乾燥材の役割を果たして塩が湿気るのを防ぐことができます。塩を入れた容器は常温で保存することが可能ですが、太陽光が当たる温かい場所や湿度の高い場所を避けて保存すると、より塩が湿気って固まりにくくなるでしょう。

②爪楊枝と一緒に容器に保存する

塩が入った容器に爪楊枝を入れて保存するのもおすすめです。爪楊枝の原料である木材が容器内の水分を吸収し、湿度が高くなるのを防いで塩を固まりにくくする効果があります。湿気取りの効果を持続させるために、使用する爪楊枝は定期的に新しいものに取り換えてください。

塩が湿気るのを防ぐ容器・スパイスボトルのおすすめ

塩が固まるのを防ぐために、塩が湿気りにくくなる容器やスパイスボトルを使うのもおすすめです。ここからは、通販で購入できる塩が湿気るのを防ぐ容器やスパイスボトルを3点紹介します。

①「湿気」から守る SALT ソルトポット(660円)

出典:https://item.rakuten.co.jp/goodlifeshop/i39528/

陶器で作られた蓋付きのソルトポットです。陶器には湿気を吸収する働きがあり、中に入れた塩が湿気って固まるのを防ぐことができます。万が一塩が固まっても、容器に塩を入れたまま電子レンジで加熱してさらさらの状態に戻すことが可能です。

陶器が呼吸してお塩が固まらない 「湿気」から守る SALT ソルトポット 300ml (スプーン付)|【楽天市場】グットライフショップ

②フレッシュロック 角型(469円)

出典:https://item.rakuten.co.jp/livingut/4904776510823/

こちらのプラスチック製の保存容器も、塩の保存に適しています。蓋にはシリコン製のパッキンがついているので、密閉性が高く容器に湿気がこもりにくくなっています。片手で簡単に開閉できるうえに、落としても壊れにくく機能性の高い商品です。

保存容器 300ml フレッシュロック 角型|【楽天市場】リビングート楽天市場店

③フリフリボトル(穴あき中ブタ付)(330円)

出典:https://item.rakuten.co.jp/jfish2/706069/

中蓋に穴あきのパッキンがついたガラス製のスパイスボトルです。中蓋と外蓋の2重構造になっているため、容器内に湿気が入りにくくなっています。蓋を開ければ塩をそのまま食材に振りかけて使うことができるので、調理の際に便利です。

調味料入れ おしゃれ スパイスボトル 調味料 ボトル|【楽天市場】tecolo

塩が固まらないように保存しよう

塩は調理に使う機会が多いため、容器の中で塩が固まっていると使いにくくてストレスを感じる人も多いようです。塩が固まったら加熱してさらさらの状態に戻し、塩が固まらないように工夫して保存する必要があります。塩の正しい保存方法を理解したうえで、塩が固まらないように保存しましょう。

関連する記事