ウツボを食べる地域がある?味は美味しい?捌き方や食べ方・料理のおすすめを紹介!

ウツボを食べる地域があると知っていますか?どんな味わいなのでしょうか?今回は、ウツボの味わい・栄養価や、毒性・小骨など食べる際の注意点を紹介します。ウツボの捌き方や、〈刺身・唐揚げ〉など美味しい食べ方・レシピのおすすめも紹介するので参考にしてみてくださいね。

目次

  1. ウツボって食べられるの?
  2. ウツボとはどんな魚?
  3. ウツボを食べる地域がある
  4. ウツボは栄養価も豊富
  5. ウツボの味わいは美味しい?まずい?
  6. ウツボの食感と味わい【口コミ】
  7. ウツボを食べる際の注意点は?毒がある?
  8. ①シガテラ毒がある
  9. ②小骨が多い
  10. ウツボの捌き方・下処理は?
  11. ウツボの骨を取り除くコツ
  12. ウツボの美味しい食べ方・レシピは?
  13. ①ウツボの刺身
  14. ②ウツボの唐揚げ
  15. ③ウツボのたたき
  16. ④ウツボと白ネギの味噌煮
  17. ⑤ウツボの天ぷら
  18. ウツボを食べてみよう

ウツボって食べられるの?

ウツボは水族館で見かけることはあっても、食べたことがない人の方が多いかもしれません。見た目は美味しそうに見えませんが、食べることはできるのでしょうか。

ウツボとはどんな魚?

ウツボは海水魚の一種でウナギ目ウツボ亜目ウツボ科に属し、世界でみると200種類が生息している魚です。日本海だけでなく南シナ海や太平洋にも生息し、暖かい水域の岩礁域や洞窟の中に棲んでいます。生息域によって体表の模様が異なり、ゼブラ柄やヒョウ柄など様々です。

ウツボは巣穴から出ることが少ないため、近くにきた魚を食べることが多いです。体長は1m前後になることが多く夜行性で、鋭い歯を使ってエビやカニなどの甲殻類、貝をはじめとする軟体類を食べますが、特に好物としているのがタコです。

ウツボの特徴の一つに、体表が湿った状態であれば、20~30分ほどなら陸上に上がれることがあります。これは皮膚呼吸ができるからで、浅瀬の岩場で魚を捌いている釣り人が遭遇することも珍しくありません。これはウツボが優れた嗅覚を使って、魚の匂いを嗅ぎつけることが理由です。

ウツボを食べる地域がある

国内にはウツボを好んで食べる地域が以下のようにいくつかあります。

・高知県
・徳島県
・和歌山県
・三重県
・千葉県
・静岡県


上記のように様々な地域でウツボを食べていますが、その食べ方には違いがあります。高知県ではウツボが郷土料理となっており、すき焼きやたたきなどに調理して食べるのが一般的です。和歌山県ではウツボの佃煮として、千葉県では開き干しにして焼いて食べます。

ウツボの漁法はかご漁またははえ縄漁で、旬の時期は不明とされていますが、寒い時期の方が美味しいといわれています。ウツボは魚類の中では鮮度が長く、選ぶ際には目が澄んでいて身がしっかりして硬いものにするのがポイントです。

ウツボは栄養価も豊富

ウツボは漁師の間で海の精力剤といわれることもあるほど、栄養価が高いです。ウツボに含まれている栄養成分には、以下のものがあります。

・アルギニン
・コラーゲン
・カルシウム
・鉄分


アルギニンはアミノ酸の一種で、成長ホルモンの分泌をサポートする作用があり、筋肉や骨の生成や疲労回復に効果があります。また美容成分として知られるコラーゲンも豊富に含まれており、骨を丈夫にしたり血圧を下げたり、関節痛を改善する効果も期待できるのです。

ミネラルの一種であるカルシウムは骨や歯を構成する他、神経伝達物質の放出を促すことでイライラを鎮める働きもあります。さらに赤血球をつくる働きを担う鉄分も豊富で、貧血予防にも効果的です。

ウツボの味わいは美味しい?まずい?

ウツボは様々な栄養成分を含んでおり健康効果が高いことがわかっても、調理して美味しく食べられるのかを不安に思う人もいることでしょう。ここでは、ウツボの味は美味しいのか否かについて説明します。

ウツボの食感と味わい【口コミ】

ウツボはコラーゲンが豊富なこともあり、ゼラチン質による身の弾力が特徴的です。その見た目からは想像できない上品な白身魚で、あっさりとしながらも豊潤な味が楽しめます。加熱すると身がふっくらし、皮にも身にも十分な脂がのっています。しかし骨が多いことから、調理法によって食べ方には注意が必要です。

ウツボの専門店では薄造りなど刺身として提供されることも多く、フグに似た歯ごたえと上品な甘味がクセになる美味しさです。また厚みのある皮はゼラチン質が豊富なので、加熱すると旨味が引き出されます。

ウツボを食べる際の注意点は?毒がある?

ウツボは上品な味も皮に含まれるゼラチン質の食感も楽しめる魚ではありますが、調理する際には注意したほうが良いことがいくつかあります。ここでは、ウツボを食べる際の注意点を2つ紹介します。

①シガテラ毒がある

ウツボの中でも大型の種類はシガテラ毒を持っており、不用意に食べると食中毒を起こすリスクがあります。ドクウツボと呼ばれる種類はシガテラ毒を持っており、食べることで腹痛や嘔吐、下痢などの症状に加えめまいやしびれ、頭痛、筋肉痛が見られるケースもあるようです。

シガテラ毒は摂取してから1~8時間で食中毒症状を引き起こしますが、日本では死亡例はありません。しかしシガテラ毒による食中毒症状は回復するのに時間がかかることで知られ、完治までに数ヶ月から1年かかることもあるので注意が必要です。

②小骨が多い

ウツボは美味しい魚であるにも関わらず全国に流通しないのは、小骨が多いなど扱いにくいことも理由の一つです。ウツボの骨は大きいものと小さいものが入り組んだ構造となっているため、調理人でなければ捌きにくいといわれています。調理人でもウツボの小骨をとれるようになるまで、2~3年かかるといわれているほどなのです。

またウツボの体表のぬめりが強く、皮が固くて調理しにくことも理由のようです。スーパーなどで販売されているウツボに加工品が多いのは、調理のしにくさとも関係があると考えられます。

ウツボの捌き方・下処理は?

自宅でウツボを捌く際の手順は、以下の通りです。

①ウツボを塩もみして全体のぬめりをとる
②ウツボに目抜きをする
③ウツボの背中に包丁を入れ、尾までまっすぐ開く
④背中に切り込みを入れ、首の付け根の中骨に当たるまで切って背開きにする
⑤内臓と頭、尾を取り除く
⑥流水でお腹の中をきれいに洗う


⑤と⑥の課程の間に骨抜きなどを用いて、大きな骨だけを取り除く人もいるようです。またウツボの骨は硬いので流水でお腹を洗う時には素手ではなく、ふきんやスポンジを使うことをおすすめします。

ウツボの骨を取り除くコツ

またウツボの骨抜きをするのは難易度が高いため、小骨が多い尾の部分は骨切りするのがおすすめです。なお、炙ったウツボの身を冷やすことで、骨が抜きやすくなります。さらに皮をはいだウツボをバーナーで炙ってから小骨を抜き、一度冷凍保存したうえで自然解凍すると美味しく食べられます。

ウツボの美味しい食べ方・レシピは?

ウツボは骨が多いので調理が大変ですが、その苦労が報われるほど上品な味わいです。ここではウツボの美味しさを引き出すレシピ5つを紹介します。

①ウツボの刺身

出典:https://temaeitamae.jp/top/t6/k3/fish.unusual_9.html

ウツボ本来の味を楽しめる刺身のレシピです。刺身で食べたい時は、肛門から頭に近い部分を使うとよいでしょう。ウツボの刺身と銘打っていますが、実際には鱧と同様に食べやすい大きさに切ったものを湯引きしてから食べます。

ウツボの刺身

②ウツボの唐揚げ

出典:https://cookpad.com/recipe/3382093

3mm程度のそぎ切りしたウツボを唐揚げにする皮のゼラチン質も美味しいレシピで、上品な白身の甘さを残すために塩コショウだけで下味をつけます。薄く片栗粉をまぶして、170~180℃の高温であげると、食感が楽しめる仕上がりになります。

ウツボの唐揚げ by 針木のぽち 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが347万品

③ウツボのたたき

出典:https://cookpad.com/recipe/4026306

3枚におろしたウツボからできる限り骨を取り除き、切り身にしてからバーナーで炙って作ります。炙った後で食べやすい大きさに切ってから、好みの薬味をつけて食べます。ポン酢でもわさび醤油でも美味しく、皮のゼラチン質も堪能できるのでおすすめです。

ウツボのたたき by きんちゃん52 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが347万品

④ウツボと白ネギの味噌煮

出典:https://cookpad.com/recipe/4947360

上品な味わいのウツボをぶつ切りにした白ネギと一緒に、赤味噌で煮込んだ一品です。水に酒と砂糖、生姜と共に赤味噌を混ぜたものを用意しておき、ウツボと白ネギを入れて落し蓋をして煮ます。皮のゼラチン質に含まれたコラーゲンにより、プルプルした食感も楽しめます。

ウツボと白ネギの味噌煮 by ツンツン48 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが347万品

⑤ウツボの天ぷら

出典:https://cookpad.com/recipe/3890583

捌いたウツボに塩を振りしっかりヌメリをとってから調理した天ぷらは、ふわふわの食感が楽しめる美味しさです。皮をとって一口大に切ったウツボを、生姜と醤油で下味をつけているのでそのまま食べます。皮をつけたまま揚げると、ゼラチン質の食感も楽しめます。

ウツボの天ぷら by 水食研 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが347万品

ウツボを食べてみよう

今回はウツボの味わいと栄養価や、毒性並びに小骨など食べる際の注意点を紹介しました。ウツボはスーパーなどで見かける機会は少ないですが、他の魚では味わえない美味しさのある魚の一つです。郷土料理店などで見かけることがあったら、ぜひ一度食べてみることをおすすめします。

関連する記事