臭い食べ物ランキングTOP10!世界一は?日本の三大臭い食べ物も紹介!

世界や日本にどんな臭い食べ物があるか知っていますか?世界や日本には、実に様々な臭い食べ物があります。今回は、世界一臭い食べ物ランキングTOP10や、日本の三大臭い食べ物を紹介します。実際に匂った人の口コミとともに紹介するので参考にしてみてくださいね。

目次

  1. 世界や日本にはどんな臭い食べ物があるの?
  2. 臭さを表す数値「臭気指数」
  3. 世界一臭い食べ物ランキングTOP10
  4. 10位:ブラホック(数値不明)
  5. 9位:ドリアン(数値不明)
  6. 8位:ニョクマム(390Au)
  7. 7位:臭豆腐(420Au)
  8. 6位:カソ・マルツゥ(1160Au)
  9. 5位:ハカール(1230Au)
  10. 4位:キビヤック(1370Au)
  11. 3位:エピキュアーチーズ(1870Au)
  12. 2位:ホンオフェ(6230Au)
  13. 1位:シュールストレミング(8070Au)
  14. 日本の三大臭い食べ物は?
  15. 3位:納豆(452Au)
  16. 2位:鮒寿司(486Au)
  17. 1位:くさや(1267Au)
  18. 世界の臭い食べ物を匂ってみよう

世界や日本にはどんな臭い食べ物があるの?

日本を含めて世界各国には臭い食べ物がたくさんあります。臭い食べ物は嫌いな人も多い反面、独特な臭いがクセになってしまう人も多いようです。そこでここからは世界各国の臭い食べ物について、臭いの強い順にランキング形式で紹介します。

臭さを表す数値「臭気指数」

臭いの度合いを客観的に数値化したものを「臭気指数」といいます。一般的なものの臭気指数は下記の通りです。

・郊外のきれいな空気:0
・梅の花の香り:10
・デパートの化粧品売り場:15
・花火をしている時の臭い:20
・醤油:25
・タバコを吸っている時の臭い:30
・コーヒーの香り:35
・ニンニクを炒めている時の臭い:45

臭いを薄め、人間の嗅覚で感じられなくなった希釈倍数が臭気濃度で、その常用対数に10を乗じた値が臭気指数です。例えば臭いを100倍に薄め、臭いが感じられなくなった場合は臭気濃度が100で、臭気指数は20になります。

なお、臭気指数の他に臭いを数値化した単位がAu(アラバスター)で、Au値が高ければ高いほど臭いは強烈になります。このAu値は臭いを数値化するために作られたアラバスターと呼ばれる装置で算出される数値です。(※1)

世界一臭い食べ物ランキングTOP10

世界にはニシンやエイなどの魚介類やアザラシ・チーズなど、日本人には想像もできないような珍味が存在します。ここではその中でもトップレベルの臭い食べ物について、そのAuの値が高い上位10位までのものをランキング形式で紹介します。

10位:ブラホック(数値不明)

出典:http://kuuchuu-sampo.blogspot.com/2010/01/01182010.html

ブラホックはカンボジアの調味料で、小魚を塩漬けにして数ヶ月間発酵させたものです。アジアにはこれに似た食べ物がいくつもありますが、それらは強烈な臭いを放つものがほとんどです。このブラホックも同様で、臭気指数値はわかりませんでしたが、猫の糞のようなかなりひどい臭いがします。

グレーのペースト状の調味料で、魚醤と同様にソースにしたり何かにつけたりといった食べ方をします。

9位:ドリアン(数値不明)

ドリアンはマレーシア原産の果物で、タイや東南アジアの市場に行けばよく見かけます。ドリアンは果物の女王と言われるほど甘く芳醇ですが、臭いが強いことでも有名で、ホテル内や飛行機内には持ち込みが禁止になっているほどです。ただし、新鮮なものは臭いがそれほどないとも言われています。

(*ドリアンの臭いについて詳しく知りたい方はこちらの記事を読んでみてください。)

ドリアンが臭い原因は?例えるとどんな匂い?味や消臭する方法など紹介!
タイ産 ドリアン 1個 生鮮 フレッシュ Lサイズ ダイヤモンドスターセレクション

8位:ニョクマム(390Au)

出典:https://cookpad.com/recipe/2279711

ニョクマムはベトナムの魚醤で、小魚を塩漬けにし、半年から一年ほど発酵させたものです。ベトナム料理には欠かせないもので、砂糖やライムなどと合わせてタレにして使うこともあります。ニョクマムも臭いが強い食べ物の一種で、特に煮物などに使った時の臭気は日本のくさやのような臭いです。

関連する記事