ウェイパーと創味シャンタンの違いは?実は同じ?味・値段など比較して紹介!

ウェイパー(味覇)と創味シャンタンの違いを知っていますか?同じなのでしょうか?今回は、ウェイパーと創身シャンタンの問題・騒動や<味・価格>など違いを詳しく紹介します。ウェイパーと創味シャンタンのどちらを買うべきかも紹介するので参考にしてみてくださいね。

目次

  1. ウェイパー(味覇)と創味シャンタンは同じ?違いある?
  2. ウェイパーと創味シャンタンとは?
  3. ウェイパーは創味食品が製造して廣記商行が販売していた
  4. 創味シャンタンDXは業務用として創味食品が製造・販売していた
  5. ウェイパーと創味シャンタンの騒動・問題とは?
  6. 2015年にウェイパーは一度販売終了した
  7. 2014年に廣記商行が独自にチューブタイプのウェイパーを販売したことが原因
  8. ウェイパーと創味シャンタンの現在の販売状況は?
  9. 廣記商行は別の会社が製造した新しい味のウェイパーを販売している
  10. 創味食品は家庭用の「創味シャンタンDX(中身は旧ウェイパー)」を販売している
  11. ウェイパーと創味シャンタンのどちらを買うべき?
  12. 昔のウェイパーが好きなら創味シャンタンDXを買おう
  13. 現在のウェイパーと創味シャンタンDXの違いは?
  14. 味の違いを比較
  15. 価格・値段を比較
  16. ウェイパーと創味シャンタンの関係は複雑だった

価格・値段を比較

500g 250g チューブタイプ
創味シャンタンDX 1242円 821円 476円
ウェイパー(味覇) 1296円 864円 486円

創味シャンタンDXとウェイパーはどちらも他の調味料と比べると、少し高価だと感じる人も多いでしょう。しかし、どちらも500gの場合、本格的な中華スープが100杯以上作れるので経済的な商品と言えます。また、味が濃く塩分量も多いので、少量でも満足のいく味に仕上がります。

創味シャンタンDXとウェイパーはいずれもチューブタイプも発売されており、一人暮らしで少しだけ使いたい人などには便利な商品でしょう。ただし、チューブタイプはチューブから出しやすくするための工夫として、本来の原材料とは少し違うものが入っていることに注意が必要です。

ウェイパーと創味シャンタンの関係は複雑だった

ウェイパーと創味シャンタンの関係は複雑だったことが分かりました。大きなトラブルはありましたが、別の商品になった今では、両社の企業努力によりいずれも多くの家庭から愛される調味料となっています。まだどちらも使ったことがない人は、今回の記事を参考にして自分に合いそうな方を選んでみましょう。

関連する記事

×