じゃがいも「トヨシロ」の特徴は?ポテトチップスに加工される品種?食べ方のおすすめも紹介!

じゃがいもの品種「トヨシロ」を知っていますか?ポテトチップスなど主に加工用として使われている品種です。今回は、「トヨシロ」の〈味わい・食感・見た目〉など特徴や、旬・収穫時期や産地なども紹介します。「トヨシロ」の食べ方・レシピや通販商品のおすすめも紹介するので参考にしてみてくださいね。

目次

  1. トヨシロの特徴は?どんなじゃがいもの品種?
  2. トヨシロは北海道で誕生した品種
  3. トヨシロの味わい・食感
  4. トヨシロの値段・価格
  5. トヨシロの旬・収穫時期や産地は?
  6. トヨシロの産地
  7. トヨシロの旬・収穫時期は8月下旬〜9月ごろ
  8. トヨシロの食べ方・用途は?ポテトチップス?
  9. トヨシロがポテトチップスなどの加工用じゃがいもに向いている理由
  10. トヨシロに合う調理法・料理
  11. トヨシロの人気レシピのおすすめは?
  12. ①自家製ポテトチップス
  13. ②じゃがいものチーズのせ
  14. ③フレンチフライ
  15. トヨシロの保存方法は?
  16. トヨシロを通販でお取り寄せして食べてみよう

トヨシロの特徴は?どんなじゃがいもの品種?

じゃがいもには多くの種類がありますが、その中にトヨシロという聞き慣れない種類のじゃがいもがあります。トヨシロはどんな特徴がある品種なのでしょうか。ここではトヨシロという品種について紹介します。

トヨシロは北海道で誕生した品種

トヨシロは北海道試験場で誕生したじゃがいもの品種で、「北海19号」と「エニワ」という品種を両親に持ちます。トヨシロという名前は、収穫量が多いことから「豊」という字と、実の色が白いことから「白」という字を組み合わせたことが由来とされています。またトヨシロを親とする品種も存在し、フレンチフライ用の品種である「北海こがね」が有名です。

トヨシロの味わい・食感

トヨシロの肉質はやや粉質ですが、バランスの取れた肉質が特徴です。糖度が低いため男爵などの品種と比べるとあっさりした味わいで、男爵と比べると味は落ちると評価されています。しかし、さっぱりとした食味を活かした料理には向いています。

トヨシロの値段・価格

スーパーでは、一般的なじゃがいもがバラ売りの場合で1個38円から68円ほど、袋入りは4個から5個入って400g~500gものが200円から300円程度で販売されています。トヨシロはスーパーなどで販売されることは少ないですが、その値段・価格は一般的なじゃがいもと同程度のようです。

産地から直送してもらえるインターネット通販では、5kgで1000円以下で販売されていることもあるので、普通のじゃがいもより安く手に入る場合もあるでしょう。

(*じゃがいもの種類について詳しく知りたい方はこちらの記事を読んでみてください。)

じゃがいもの種類・品種15こ!旬・収穫の時期や料理に合った選び方も紹介!

トヨシロの旬・収穫時期や産地は?

トヨシロは粉質系のじゃがいもですが、旬・収穫時期はいつ頃で主な産地はどこなのでしょうか。ここでは、トヨシロの産地や旬・収穫時期について紹介します。

トヨシロの産地

トヨシロは北海道で誕生した品種と紹介しましたが、生産もほとんどが北海道で行われており、特に十勝・オホーツク・上川地方を中心に作付けされています。その他、茨城県や千葉県など関東地方の一部でも生産されています。過去には北海道のほか、福島県・千葉県などで奨励品種に指定されました。

トヨシロの旬・収穫時期は8月下旬〜9月ごろ

北海道で収穫されるトヨシロは、盛夏を過ぎた8月下旬から9月頃に旬と収穫時期を迎えます。関東地方ではそれより少し早い7月頃に収穫のピークを迎えます。じゃがいもの中には旬が春と秋の年2回あるものもありますが、トヨシロの収穫は年に一回だけです。

トヨシロの食べ方・用途は?ポテトチップス?

トヨシロには、どんな食べ方や用途が適しているのでしょうか。また、油で揚げたポテトチップスにも向くと言われますが、実際はどうなのでしょうか。ここでは、トヨシロに合う調理法・料理を紹介します。

トヨシロがポテトチップスなどの加工用じゃがいもに向いている理由

トヨシロは、以下のような理由からポテトチップスなどの加工用じゃがいもに向いているとされています。

・芽の部分のくぼみが浅くて皮が剥きやすい
・揚げても焦げにくく、黒くなりづらい
・保存に適している


トヨシロは、その名の通り実の色が白いのが特徴で、油で揚げても焦げて黒くならずにきれいに揚がります。また、芽の部分のくぼみが浅くて皮が剥きやすく、無駄が出にくいため市販のスナック菓子の製造にも適しています。トヨシロは保存性も良く、一度の収穫すると長期保存ができることも加工用じゃがいもに向いている理由のひとつです。

トヨシロに合う調理法・料理

じゃがいもには多くの種類があり、それぞれに適した調理法や料理がありますが、トヨシロに合う調理法や料理は以下の通りです。

・ポテトチップス
・フレンチフライ
・コロッケ
・肉じゃが


トヨシロは油との相性がよく、揚げ物が最も適した調理法です。じゃがいもを使った人気のある市販のスナック菓子の多くはトヨシロを使って作られています。その他、粉質に近い肉質のためコロッケにしても美味しく仕上がり、また粉質の割には煮崩れもしにくいため肉じゃがなどの煮物にも向いています。

トヨシロの人気レシピのおすすめは?

色が白くて油との相性がよいトヨシロを使って、家庭でも美味しいじゃがいも料理を作ってみましょう。今回は人気が高い3つのレシピを紹介するので、トヨシロが手に入ったらぜひ作ってみてください。

①自家製ポテトチップス

出典:https://cookpad.com/recipe/4592743

トヨシロは揚げ物に向いていて、中でもポテトチップスにするときれいな揚げ色に仕上がります。スライサーを使って薄くスライスした後、じっくり揚げると焦げにくくきれいに揚がる性質があり、自家製ならではの美味しさが味わえます。

★簡単★お家で作るポテトチップス by sheena39 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが349万品

②じゃがいものチーズのせ

出典:https://recipe.rakuten.co.jp/recipe/1440014260/

トヨシロの本来の味わいを楽しみたいときは、シンプルに蒸して食べるのがおすすめです。あっさりした味わいで、チーズの塩気がトヨシロの風味を引き立たせます。他の種類のじゃがいもと食べ比べをするのもよいでしょう。

2種類のジャガイモ チーズのせ レシピ・作り方 by たかまさ20010911|楽天レシピ

③フレンチフライ

出典:https://cookpad.com/recipe/6091556

フレンチフライは子どもから大人まで手軽に楽しめるスナックで、揚げたての味わいは格別です。シンプルに塩で味わうほか、ケチャップやカレー粉をまぶして食べるのもおすすめです。

定温調理でカリカリほくほくフレンチフライ by 春菜食堂ϋ♡ 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが349万品

トヨシロの保存方法は?

トヨシロを含むじゃがいもの基本的な保存本法は以下の通りです。

1.じゃがいもについている土は手で払う
2.一つずつ新聞紙で包む
3.直射日光の当たらない風通しの良い場所で保存する


じゃがいもは、冷蔵保存すると低温障害が起きて劣化が進むため、真夏を除いて常温での保存が最も適しています。乾燥を防ぐために一つずつ新聞紙で包み、直射日光の当たらない場所で通気性をよくして保存しましょう。新聞紙が湿気を帯びてきたら新しい新聞紙に取り替えてください。

(*じゃがいもの保存について詳しく知りたい方はこちらの記事を読んでみてください。)

じゃがいもの保存方法・期間は?常温・冷蔵庫・冷凍で日持ちするコツを紹介!

トヨシロを通販でお取り寄せして食べてみよう

出典:https://www.tabechoku.com/products/75287?gclid=Cj0KCQjwpdqDBhCSARIsAEUJ0hOVkt0h5Qy9bUegVerksSY0_qPxbIZGPGRzpaBmdRwqvhi_NG5Q874aAtygEALw_wcB

トヨシロは一般家庭での調理用としては流通していませんが、通販を利用して産地から直接購入することもできます。特に油を使った揚げ料理にはぴったりのじゃがいもなので、ぜひ色々な調理法で味わってください。

食べチョクレビュー

★★★★★

じゃがいもは、
温野菜、味噌汁で頂いてます。
甘くて美味しいです😃✨✨✨

フライドポテトや揚げ芋にも最適!『トヨシロ』さん(3kg)ポテチ用品種 癒しの野菜 【栽培期間中 肥料・農薬・たい肥不使用】:北海道産|食べチョク|農家・漁師の産直ネット通販 - 旬の食材を生産者直送

関連する記事