ピルカとは?どんなじゃがいもの品種?特徴やアイヌ語の意味・料理レシピも紹介!

じゃがいもの品種「ピルカ」を知っていますか?アイヌ語で美しいという意味をもつ名前の品種です。今回は、「ピルカ」の〈味わい・食感・見た目〉など特徴や、旬・収穫時期や産地なども紹介します。「ピルカ」の食べ方・料理レシピのおすすめも紹介するので参考にしてみてくださいね。

目次

  1. ピルカの特徴・意味は?どんな品種?
  2. ピルカはアイヌ語で「美しい」を意味する
  3. ピルカは細長い形で皮がなめらか
  4. ピルカの味わい・食感
  5. ピルカの値段・価格
  6. ピルカの旬・収穫時期や産地は?
  7. ピルカの産地は北海道・鹿児島
  8. ピルカの旬・収穫時期は8月〜9月ごろ
  9. ピルカの美味しい食べ方は?
  10. ピルカに合う調理法・料理
  11. ピルカの料理レシピのおすすめを紹介!
  12. ①炒め物
  13. ②フライドポテト
  14. ③シチュー
  15. ピルカを通販でお取り寄せして食べてみよう

ピルカの特徴・意味は?どんな品種?

出典:https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/515lTxtk2-L._AC_.jpg

じゃがいもの品種のなかには、ピルカと呼ばれる変わった名前のじゃがいもが存在します。ピルカの名にはどういった意味があり、どのような特徴を持つ品種のじゃがいもなのでしょうか。ピルカの名前の意味および形や味の特徴のほか、値段の相場について解説します。

ピルカはアイヌ語で「美しい」を意味する

ピルカとは、1994年に長崎県でメイホウと十勝こがねを交雑して作った種を北海道で育成し、2011年に品種登録されたじゃがいもです。ピルカはアイヌ語で「美しい」を意味し、一般的なじゃがいもよりも見た目が綺麗で整っていることからこのような名がつけられたと言われています。

ピルカの親である十勝こがねはジャガイモシストセンチュウと呼ばれる害虫に対する抵抗力があり、ピルカにもこの抵抗性が受け継がれています。この害虫はじゃがいもの根に付着して養分を吸収し、じゃがいもの生育に悪影響を及ぼすのが特徴です。ピルカはこの害虫に強いため、メークインと同じくらいの収穫量があると言われています。

ピルカは細長い形で皮がなめらか

出典:https://www.hotpepper.jp/mesitsu/entry/maiko-kudou/18-00434

一般的なじゃがいもは表面がゴツゴツしていますが、ピルカはメークイーンに似た細長い卵型で、淡い黄色の表皮はなめらかで艶があります。芽の量が少なく浅いため、皮を剥いたり芽を取り除いたりする下処理がしやすいじゃがいもです。また、ピルカは茎や葉が枯れてから芽が出るまでの期間が長いため、収穫後に芽が伸びにくく長期保存に向いています。

ピルカの味わい・食感

ピルカは表皮と同じく果肉も淡い黄色い色をおり、加熱しても果肉の色が変色しにくいため、調理後も綺麗に仕上がるのが特徴です。果肉のでんぷんの含有量が低く、煮崩れしにくい特性をもつ粘質性のじゃがいもなので、煮物などによく使われています。

ピルカに火を通すと、ねっとりとした食感に加えて一般的なじゃがいものようなほくほくとした口当たりも楽しめます。その味はメークインや男爵いもと同じような旨みがあり、クセがないので様々な料理に活用できるでしょう。

ピルカの値段・価格

ピルカの生産地に店舗を構えるスーパーでは、一袋6個入りのものが約350円で販売されています。スーパーで売られている一般的なじゃがいもは一袋あたり200円から250円ほどの値段なので、ピルカは普通のじゃがいもよりもやや値が高くなっています。

一方で通販で販売されているピルカの値段は、1kgあたり約300円です。一般的なじゃがいもの通販における値段相場は1kgあたり300円から500円ほどなので、通販では普通のじゃがいもと同程度か、やや安く購入できるようです。

(*じゃがいもの種類について詳しく知りたい方はこちらの記事を読んでみてください。)

じゃがいもの種類・品種15こ!旬・収穫の時期や料理に合った選び方も紹介!

ピルカの旬・収穫時期や産地は?

出典:https://www.jrt.gr.jp/var/n61.html

ここではピルカの収穫時期および旬の季節のほか、主な産地について解説します。ピルカの旬や主な産地を把握して、旬ならではの美味しいピルカを食べてみて下さい。

ピルカの産地は北海道・鹿児島

ピルカはじゃがいもの国内生産量が日本一を誇る北海道を中心に生産されており、そのほかには鹿児島県においても栽培されています。ピルカは男爵いもよりも収穫量が多いため、生産地においては旬の季節でなくてもピルカが流通している場合があります。

ピルカの旬・収穫時期は8月〜9月ごろ

一般的なじゃがいもの収穫時期や旬は春と秋の2回ですが、ピルカは夏の時期に収穫されて旬を迎えるのが特徴です。ピルカは3月から4月ごろの春の季節に植え付けられた後に8月から9月ごろに収穫され、この時期に旬を迎えます。

ピルカの美味しい食べ方は?

出典:https://jagaimo-saibai.com/%E3%82%B8%E3%83%A3%E3%82%AC%E3%82%A4%E3%83%A2-%E5%93%81%E7%A8%AE/%E3%83%94%E3%83%AB%E3%82%AB.html

じゃがいもは様々な調理法で楽しみやすい野菜ですが、ピルカはどのように調理すると美味しくいただけるのでしょうか。ピルカに合う調理法やおすすめの料理を紹介します。

ピルカに合う調理法・料理

ピルカに合う料理には、以下のようなものがあります。

・シチュー
・ポトフ
・おでん
・ポテトチップス
・フライドポテト
・炒め物
・じゃがバター


ピルカは茹でても形が崩れにくい性質があるため、シチューやポトフ、おでんなどの煮物に向いています。ピルカは加熱しても変色しにくく油にもよく合うため、油で揚げてポテトチップスやフライドポテトに調理するほか、細切りにして炒め物に使うのもおすすめです。丸ごと蒸したピルカにバターや醤油をかけてじゃがバターとして食べてもよいでしょう。

ピルカの料理レシピのおすすめを紹介!

ピルカに向いた料理レシピを参考に調理すれば、よりピルカを美味しくいただくことができます。ここからは、ピルカなどのじゃがいもを使って作るおすすめのレシピを3品紹介します。

①炒め物

出典:https://coconomi.shop/blog/8565/

角切りにしたピルカとベーコンを使った炒め物のレシピです。塩コショウのみで味付けすることで、ピルカの素材の旨みが味わえます。

【簡単】じゃがいも(ピルカ)とベーコンのカリカリサイコロ炒め

②フライドポテト

出典:https://cookpad.com/recipe/1106562

くし切りにしたじゃがいもをフライパンで揚げ焼きにして作るフライドポテトのレシピです。ピルカは素朴な味わいのため、コンソメやにんにくパウダー、青のりなどの様々な調味料で味付けしても美味しく仕上がります。

新ジャガだから旨っ!焼くフライドポテト by moj 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが349万品

③シチュー

出典:https://cookpad.com/recipe/717981

具材にじゃがいもを使ったシチューのレシピです。ピルカは加熱しても形が崩れにくいため、長時間煮込んでも見栄えの良い仕上がりになります。

昆布茶が隠し味♪基本のクリームシチュー by ケチャ&ウル 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが349万品

ピルカを通販でお取り寄せして食べてみよう

北海道生まれで整った形が特徴的なピルカは、ほくほくとした食感とねっとりとした食感が一度に味わえる美味しいじゃがいもです。加熱しても形を維持できるうえに変色しにくい性質があるため、煮物や揚げ物、炒め物など様々な料理に活用できます。最寄りのスーパーの青果店でピルカが売られていない場合は、通販でお取り寄せして食べてみましょう。

関連する記事