2020|好きな野菜&嫌いな野菜ランキング!大人・子供別に傾向を比較し紹介!

【2020】みんなが好きな野菜・嫌いな野菜はどんな野菜か知っていますか?今回は、〈大人・子供〉別に好きな野菜・嫌いな野菜TOP10を紹介します。〈大人・子供〉別の好き・嫌いな野菜の傾向も分析・比較して紹介するので参考にしてみてくださいね。

目次

  1. みんなが好きな野菜・嫌いな野菜って?【2020】
  2. 【2020】好きな野菜ランキングTOP10〈大人・子供別〉
  3. 子供の好きな野菜ランキングTOP10
  4. 大人の好きな野菜ランキングTOP10
  5. 【2020】嫌いな野菜ランキングTOP10〈大人・子供別〉
  6. 子供の嫌いな野菜ランキングTOP10
  7. 大人の嫌いな野菜ランキングTOP10
  8. 好きな野菜&嫌いな野菜の傾向を大人・子供別で比較
  9. 大人と子供の好きな野菜の違い
  10. 大人と子供の嫌いな野菜の違い
  11. 大人と子供で好き・嫌いな野菜は違う

みんなが好きな野菜・嫌いな野菜って?【2020】

人によって味覚は違うので、誰しも好きな野菜や嫌いな野菜が1つはあるかもしれません。それでは、大人と子供では好きな野菜と嫌いな野菜は違うのでしょうか。ここからはタキイ種苗株式会社が毎年野菜の日である8月31日に行っている、大人と子供の好きな野菜と嫌いな野菜のランキングを紹介します。

タキイ種苗株式会社

【2020】好きな野菜ランキングTOP10〈大人・子供別〉

まずは好きな野菜のランキングを、子供と大人で分けて見てみましょう。子供と大人では味覚も違うため好みも異なりますが、ここでは好きな野菜にランクインした理由についても紹介します。

子供の好きな野菜ランキングTOP10

順位 好きな野菜
1位 トマト
2位 じゃがいも
3位 とうもろこし
4位 さつまいも
5位 スイカ
6位 メロン
7位 枝豆
8位 かぼちゃ
9位 きゅうり
10位 ブロッコリー

好きな野菜である理由は以下が挙げられます。

・おいしいから
・食べやすいから
・手に入りやすいから

子供の好きな野菜の理由は、1位のトマトはケチャップやピザソースに使われていることがあるほか、ミニトマトであればお弁当に良く入っている食べやすい野菜の定番の1つです。大きなトマトは苦手でもミニトマトなら好きという人は子供でも大人でも一定数いるでしょう。

また、それ以下では2位のじゃがいもや3位のとうもろこし、8位のかぼちゃなどの甘みが強い野菜やフライドポテトのような単純な調理でも食べられるものがランクインしています。スイカやメロンなどは果物として扱われることもあり、こちらも甘みが強くおいしいというのが理由の一つと言えます。

大人の好きな野菜ランキングTOP10

順位 好きな野菜
1位 玉ねぎ
2位 キャベツ
3位 じゃがいも
4位 トマト
5位 枝豆
6位 大根
7位 とうもろこし
8位 ほうれん草
9位 レタス
10位 ネギ

1位から3位までの野菜が好きな理由は以下となりました。

・おいしいから
・料理がしやすいから
・健康に良いと思うから


大人は子供と違い、自分で調理して食べることが多いこと、健康に気を遣う必要が出てくることから子供とは違った理由で好きな野菜が選ばれています。確かに玉ねぎはサラダやカレー、炒めものなどさまざまなシーンで登場し、血液をサラサラにするなどの健康面でも優れています。

子供の好きな野菜ランキングでも1位になっているトマトも、美味しいからという理由以外に健康面でも人気のようです。キャベツに関しても、子供の好きな野菜のランキングでは登場せず、大人の好きな野菜に登場するのは料理の汎用性の高さや健康面での効果の大きさ、コストパフォーマンスの高さが理由として推測できます。

【2020】嫌いな野菜ランキングTOP10〈大人・子供別〉

次に嫌いな野菜ランキングを見てみましょう。大人と子供の苦手な野菜は何か違いがあるでしょうか。苦手である理由についても合わせて紹介します。

子供の嫌いな野菜ランキングTOP10

順位 嫌いな野菜
1位 ゴーヤ
2位 とうがらし
3位 ピーマン
4位 春菊
5位 セロリ
6位 ケール
7位 ししとう
8位 ナス
9位 モロヘイヤ
10位 トマト

苦手な理由としては以下のような理由が挙げられました。

・味が苦手
・匂いが苦手
・辛い


1位のゴーヤは比較的最近になって本州でも栽培がおこなわれ始めたことから、昔はランクインしなかった野菜です。子供の苦手な野菜としては苦い野菜や、辛い野菜が多い傾向にあります。2位のとうがらしや9位のモロヘイヤなどのように家庭料理でそれほど使う回数が多くないものも多くランクインしているのが特徴です。

3位のピーマンに関しては昔から子供の苦手な野菜のランキングに必ず入っており、家庭での登場回数も比較的多いですが、苦いから苦手という理由は昔から変わらないと言えるでしょう。

トマトは好きな野菜のランキングに1位で登場していましたが、嫌いな野菜でも10位にランクインしています。中の食感や青臭さが苦手という人も一定数おり、好き嫌いのはっきり分かれる野菜と言えます。

大人の嫌いな野菜ランキングTOP10

順位 嫌いな野菜
1位 セロリ
2位 ゴーヤ
3位 ケール
4位 モロヘイヤ
5位 春菊
6位 カリフラワー
7位 トマト
8位 とうがらし
9位 そら豆
10位 ズッキーニ

1位から3位までの野菜が苦手な理由は以下の理由が挙げられました。

・味が苦手
・匂いが苦手
・食べにくい

1位のセロリは独特の香りから、嫌いと言う人が多くいました。2位のゴーヤも独特の匂いと味が苦いことから、大人になっても苦手なのかもしれません。そもそもゴーヤはその苦味を生かして暑さを和らげるという理由から沖縄では食べられているので、苦いのは当然ではあります。

好きな野菜のランキングでは健康に良いという理由でキャベツや玉ねぎが挙げられていましたが、栄養面でバランスのとれたケールは嫌いな野菜3位にランクインしています。味が苦く食べにくいと子供に不評なピーマンはランクインしておらず、そら豆やカリフラワーがランクインしていました。

こちらは味や食べにくさのほか調理のしにくさなどで嫌いな野菜として挙げている可能性があります。好きな野菜のランキングでも登場したトマトは、子供と同じく嫌いな野菜としてもランクインしていることから、大人になっても克服しにくい野菜と推測されます。

好きな野菜&嫌いな野菜の傾向を大人・子供別で比較

ここまで好きな野菜と嫌いな野菜についてランキング形式で紹介しましたが、好きになる野菜と嫌いになる野菜には子供・大人で違った傾向があるのでしょうか。ここからは、大人と子供の好きな野菜と嫌いな野菜の傾向を比較してみましょう。

大人と子供の好きな野菜の違い

好きな野菜 大人 子供
1位 たまねぎ トマト
2位 キャベツ じゃがいも
3位 じゃがいも とうもろこし
4位 トマト さつまいも
5位 枝豆 スイカ
6位 大根 メロン
7位 とうもろこし 枝豆
8位 ほうれん草 かぼちゃ
9位 レタス きゅうり
10位 ネギ ブロッコリー

好きな野菜として、子供の場合は甘さが強い野菜や穀物に近い野菜が多く挙げられているのに対し、大人は大根やレタスのようなよりあっさりとした野菜が挙げられているのが特徴です。これは大人になるにつれて味覚も変化し、甘み以外の味にも美味しさを感じるようになるためと考えられるでしょう。

さらにさつまいもやかぼちゃは野菜の中でもカロリーが高く、健康を意識している大人は嗜好品程度の感覚にしかならない可能性があります。また、子供は大人よりも舌が敏感で苦味や辛みを強く感じやすく、成長するために大人よりもより高カロリーなものを本能的に求めるという研究結果があります。

大人とは反対にさつまいもやとうもろこしのような、腹持ちする野菜を求める傾向があるのは納得と言えるでしょう。

大人と子供の嫌いな野菜の違い

嫌いな野菜 大人 子供
1位 セロリ ゴーヤ
2位 ゴーヤ とうがらし
3位 ケール ピーマン
4位 モロヘイヤ 春菊
5位 春菊 セロリ
6位 カリフラワー ケール
7位 トマト ししとう
8位 とうがらし ナス
9位 そら豆 モロヘイヤ
10位 ズッキーニ トマト

大人が嫌いな野菜のみにランクインしているものは、セロリやゴーヤ・春菊などのように癖の強い野菜や苦い野菜が多い傾向にあります。大人になると子供に比べて苦味の感じ方は鈍くなり、人によっては苦さを美味しさと感じるようになることもありますが、苦味を克服できないケースも多いようです。あるいは、癖の強さからどうしても克服できないケースもあります。

しかし、ピーマンは味は苦いものの安価で購入できて家庭での登場回数が多いためか、大人のランキングにはランクインしていません。ピーマンはゴーヤなどに比べれば苦味は少ないことから、大人になるにつれて克服している人が多いことがわかります。

大人と子供で好き・嫌いな野菜は違う

子供と大人の好きな野菜と嫌いな野菜を比較してみると、好きな野菜の違いは大きく、嫌いな野菜の違いはそこまで大きくないということがわかります。子供の頃は克服できなくても、大人になると克服できるということはよくあるので、子供の偏食で悩んでいるならそれほど気にしなくても良いのかもしれません。

関連する記事