リキュールの賞味期限を種類別に!開封後は短い?保存方法のコツも紹介!

リキュールの賞味期限目安を知っていますか?お酒なので長いのでしょうか?今回は、リキュールの賞味期限を<未開封・開封後>別や<チョコ・ヨーグルト・カシス・マリブ・カルーア・ミドリ・ピーチ>の種類別に紹介します。日持ちする正しい保存方法も紹介するので参考にしてみてくださいね。

目次

  1. リキュールには賞味期限ある?ない?
  2. リキュールの賞味期限は度数・糖分量・原料で変わる
  3. リキュールの賞味期限切れは五感で確認して飲もう
  4. リキュールの賞味期限は?未開封・開封後別に紹介!
  5. リキュールが未開封の場合
  6. リキュールが開封後の場合
  7. リキュールの賞味期限・日持ちを原料・種類別に紹介!
  8. ①種子・ナッツ系のリキュール
  9. ②フルーツ・果実系のリキュール
  10. ③クリーム系のリキュール
  11. ④薬草・ハーブ系のリキュール
  12. リキュールを美味しく保存する方法は?
  13. ①直射日光・高温多湿を避けて冷蔵庫で保管する
  14. ②開封後はフタをちゃんと閉める
  15. ③注ぎ口のリキュールは拭き取る
  16. リキュールの賞味期限に注意しよう!

リキュールには賞味期限ある?ない?

お酒の中でもリキュールが好きな人は多いですが、1本を飲みきる期間がかかるお酒でもあります。リキュールにも様々な種類があり原料やアルコール度数も異なりますが、そもそも賞味期限はあるのでしょうか。ここでは、リキュールに賞味期限があるのか否かを説明します。

リキュールの賞味期限は度数・糖分量・原料で変わる

リキュールとは蒸留酒に様々な香りや味をつけたものをさし、種類によって原料や糖分量、アルコール度数が異なります。市販されているリキュールの賞味期限は度数・糖分量・原料で変わり、賞味期限の表示があるものとないものに分かれるのが特徴です。

原則的にはクリームやヨーグルトが原料として使われているリキュールには賞味期限の表示がありますが、その他の種類には賞味期限の表示はありません。なお、日持ちする期間は未開封か開封後かや保存方法によっても異なりますが、その詳細は後述します。

リキュールの賞味期限切れは五感で確認して飲もう

賞味期限が表示されていないリキュールは、糖分量が多いヨーグルトやクリームが含まれているものより日持ちする期間は長いものの、傷まないわけではありません。賞味期限が表示されていない場合は、リキュールを飲んだ時に風味や色が変わっていないか、香りが変化していないかなどを五感を使って確認することをおすすめします。

保存していたリキュールに変化を感じた時には、賞味期限が切れていると考えたほうがよいでしょう。

リキュールの賞味期限は?未開封・開封後別に紹介!

リキュールの賞味期限は未開封なのか開封後なのか、どのように保存しているのかによって変わります。また前述したようにリキュールの種類によっても異なるので、特徴を覚えておくにこしたことはありません。ここでは、未開封と開封後のリキュールの賞味期限を説明します。

リキュールが未開封の場合

リキュールは未開封のままだと日持ちするので、賞味期限も長くなります。ただし、直射日光があたる場所や高温多湿など保存に適さない場所に保管していないことが前提です。リキュールを適正に保存していれば、数年後でも美味しく飲める可能性はあります。

しかしフルーツ系リキュールとクリーム系リキュールは、糖分が多い原料が使われているので傷みやすく、アルコール度数が低めです。そのためこの2種類については、未開封でも賞味期限は短めと覚えておきましょう。

リキュールが開封後の場合

リキュールに限らず、飲み物は開封すると空気に触れるので酸化が始まります。そのため未開封の時とは違い、日持ちする期間も賞味期限も短くなります。中でもフルーツ系リキュールとクリーム系リキュールは、アルコール度数が低いうえ糖分の含有量も多いので傷みやすく注意が必要です。

しかしそれ以外のリキュールであっても、加えられている香りの原料が酸化することで風味が落ちるので、早めに飲むようにするのが基本といえます。

リキュールの賞味期限・日持ちを原料・種類別に紹介!

リキュールは使われている原料によって4種類に大別されます。ここはリキュールの日持ちする期間や賞味期限について、種類別に詳述します。

①種子・ナッツ系のリキュール

・カルーア
・マリブ
・ピーチ
・アマレット


種子・ナッツ系のリキュールは食後酒として楽しむだけでなく、お菓子作りにも活用されている種類です。種子・ナッツ系リキュールのアルコール度数は20~36度ほどで、原料としてコーヒー豆やカカオが使われています。リキュールの中では糖分の含有量が少なめなので、未開封のまま適切に保存すれば数年は日持ちする種類です。

そのため開封後の賞味期限も、他の種類より長めとなっています。しかし種子・ナッツ系リキュールの深い風味を楽しみたいなら、適切な方法での保存を徹底した方がよいでしょう。

②フルーツ・果実系のリキュール

・クレーム・ド・カシス
・ミドリ
・キュラソー


フルーツ・果実系のリキュールはカクテルやお菓子作りに使用される種類で、最も製造数が多い人気の高いリキュールです。

フルーツ・果実系のリキュールのアルコール度数は25度ほどで、フルーツの果肉や果汁並びに果皮を原料としています。そのため他のリキュールに比べると含まれている糖分量が多くなるこ傾向にあり、アルコール度数が高いにもかかわらず傷みやすいのです。

クレーム・ド・カシスは賞味期限が長めに設定されていますが、それ以外のフルーツ系リキュールは日持ち期間は短めと覚えておきましょう。

③クリーム系のリキュール

・ゴディバ
・ヨーグリート
・ベイリーズ
・アドヴォカート
・モーツァルト


クリーム系のリキュールのアルコール度数は10~17度ほどと低めで、原料の種類が豊富といえます。クリーム系リキュール中でもヨーグルトが原料のヨーグリートやアイリッシュウィスキーをベースにしたベイリーズ、チョコレートから作られたゴディバが有名です。それ以外に卵やクリームを原料にするリキュールもあり、脂肪分やタンパク質が多く含まれています。

クリーム系のリキュールは糖分含有量が多いので甘く飲みやすいものの、賞味期限が短めです。未開封でも日持ちしないことから、他のリキュールと違ってクリーム系リキュールには賞味期限が表示されているのが一般的です。クリーム系リキュールを買った際は、賞味期限を確認しておきましょう。

④薬草・ハーブ系のリキュール

・シャルトリューズ
・パスティス
・カンパリ


薬草・ハーブ系のリキュールはそのまま飲むというよりは、他のリキュールを使ったカクテルの隠し味として使われることが少なくありません。これは、薬草・ハーブ系のリキュールには独特の苦味や香りがあることが理由です。しかし、薬草・ハーブ系のリキュールはリキュールの起源であるとされるお酒で、4種類の中で最も歴史が長いものでもあります。

薬草・ハーブ系のリキュールのアルコール度数は25度ほどで、原料はハーブやスパイス、薬草などです。他の種類と比べると糖分の含有量が低いため、日持ちする期間や賞味期限が長めです。しかし開封後は風味が抜けていき、味や香りは劣化するので香りを楽しみたいなら早めに飲みきることをおすすめします。

リキュールを美味しく保存する方法は?

リキュールにもクリーム系やフルーツ系などの種類がありますが、いずれも種類でも賞味期限に大きく影響するのがその保存方法です。正しい方法でリキュールを保存しなければ、未開封でも劣化していまいます。ここでは、リキュールを美味しいまま保存する方法を説明します。

①直射日光・高温多湿を避けて冷蔵庫で保管する

リキュールは種類や開封の有無を問わず、直射日光と高温多湿を避けて保存するのが鉄則です。一度開封したリキュールは種類を問わず、冷蔵庫で保存するのが賞味期限を延ばすうえで適した保存方法といえます。冬期間であれば冷暗所での保存も可能なので、冷蔵庫に入らない時には暖房の効いていない日陰で温度の低い場所を探しましょう。

クリーム系やフルーツ系のリキュールは可愛い瓶に詰められていることが多いため、直射日光のあたる部屋に飾っている人もいます。しかし直射日光があたることで香料となる原料が変質するリスクがあるので、保存方法としてはおすすめできません。

②開封後はフタをちゃんと閉める

リキュールは一度開封したら、その都度フタをしっかり閉めましょう。リキュールは種類を問わず香りをつけるために様々な原料を加えており、空気が触れることで酸化していきます。冷蔵庫で保存していてもフタが閉まっていなければ、緩やかではあるものの徐々に酸化が進んでしまうのです。

中でもフルーツ系のリキュールは酸化が早く進む種類なので、保存の際には注意しましょう、

③注ぎ口のリキュールは拭き取る

リキュールの注ぎ口は、清潔なふきんやキッチンペーパーなどで拭き取るよう徹底してください。リキュールはウイスキーなどと比べると糖分の含有量が高く、注ぎ口にリキュールがついたまま時間をおくと固まってフタが開けにくくなるだけでなく、カビや雑菌が繁殖する場合もあります。

さらに固まったリキュールによってフタがしっかり閉まらなくなり、空気に触れやすくなることで酸化も進んでしまうので注意しましょう。

リキュールの賞味期限に注意しよう!

今回はリキュールの賞味期限を未開封と開封後別と、原料による種類別に紹介しました。リキュールは直射日光や高温多湿を避けて正しく保存することで賞味期限を延ばすことはできますが、開封後は酸化が始まってしまうのでできるだけ早く飲むようにしたいところです。アルコールではあっても、リキュールを保存する際は賞味期限に注意しましょう。

関連する記事