アボカドが苦い・青臭い…腐ってる?加熱が原因?対処法5選やレシピも紹介!

アボカドが苦い・青臭いと感じたことはありませんか?原因は加熱でしょうか?そこで今回は、アボカドが苦い原因4選やアボカドの苦さを防ぐ方法を紹介します。アボカドの追熟方法・食べ頃の見分け方やレシピも紹介するので参考にしてみてくださいね。

目次

  1. アボカドが苦い・青臭い…。腐ってる?
  2. アボカドが苦い・青臭い原因は?なぜなの?
  3. ①加熱し過ぎてしまったため
  4. ②若い・未熟だったため
  5. ③熟れ過ぎていたため
  6. ④皮の部分を食べたため
  7. アボカドの苦さ・青臭いのを防ぐ方法や対処法は?
  8. ①加熱し過ぎない・生で食べる
  9. ②追熟をする
  10. ③熟れ過ぎの部分を裏ごしする
  11. ④皮は厚めに切る
  12. ⑤濃い味付けにして苦さを誤魔化す
  13. アボカドが若い・未熟な時の追熟方法は?
  14. ①室温20℃で新聞紙に包んでから放置する
  15. ②りんご・バナナと共にビニール袋に入れる
  16. アボカドが苦い状態を避ける食べ頃の見分け方を紹介!
  17. アボカドの皮が緑と黒の中間くらいの状態
  18. アボカドを手で触ったときに弾力がある状態
  19. アボカドが苦くならないレシピを紹介!
  20. ①アボカドと春菊のサラダ
  21. ②アボカドのポタージュ
  22. ③アボカドクリーム
  23. アボカドが苦い時も対処法はある!

アボカドが苦い・青臭い…。腐ってる?

近年はスーパーでもアボカドが販売されており、自宅で調理する人が珍しくありません。しかし、購入したアボカドに苦味・青臭さを感じて、食べるのをためらうケースがあるのも事実です。アボカドの苦みは腐ってるわけではないのでしょうか。今回は、アボカドに苦味がある原因や、苦味を防ぐ対処法について説明するので参考にしてください。

アボカドが苦い・青臭い原因は?なぜなの?

食べたアボカドに苦味・青臭さがあっても、実は腐っているわけではありません。アボカドが腐っていると苦いというより酸っぱい味がします。

そして、苦いアボカドでも状態によっては美味しく食べることができますが、アボカドが苦い原因を知っておかないと、対応するのは難しいでしょう。ここでは、アボカドが苦くなる原因を4つ紹介します。

(*アボカドが腐るとどうなるのかについて詳しく知りたい方はこちらの記事を読んでみてください。)

アボカドの賞味期限は?腐るとどうなる?日持ちする保存法も紹介!

①加熱し過ぎてしまったため

アボカドが苦くなる原因として、加熱し過ぎることがあげられます。アボカドは生のまま食べる以外にスープやグラタン、フライなどにしても美味しいのですが、調理過程で火が入り過ぎてしまうのです。アボカドに含まれるポリフェノールには、高温で加熱すると苦味が出る性質があることが原因です。アボカドを加熱調理する際には、時間や温度に配慮しましょう。

②若い・未熟だったため

食べたアボカドの実が若く未熟な状態だと、苦味・青臭さを感じることがあります。アボカドは果物に分類されるので、実が若い状態だと美味しいとはいえません。未熟な状態で購入したアボカドは自宅で追熟できるので、食べ頃の状態になるまで置いておくと苦味を感じずに済みます。

③熟れ過ぎていたため

購入したアボカドを自宅で追熟していて、熟れ過ぎてしまうことも苦味の原因です。熟れ過ぎたアボカドを切ると、実に黒い点や筋がみられるようになります。これは酸化したポリフェノールで、黒く変色するとえぐみや苦味が出るのが特徴です。また、熟れ過ぎたアボカドを加熱すると、苦味がさらに増してしまいます。

④皮の部分を食べたため

アボカドの皮並びに皮近くの実を食べると、苦味・青臭さを感じることがあります。これはアボカドの皮の内側に、苦味を感じる部分があるからです。アボカドの皮の内側で茶色になっている部分は、苦味があるので避けた方が無難です。アボカドの皮を薄く剝き過ぎないことは、美味しく食べるポイントの1つといえます。

アボカドの苦さ・青臭いのを防ぐ方法や対処法は?

アボカドは若く未熟なものを購入したり熟れ過ぎてしまったりすると、食べずに処分しなければならないのかと、疑問に思う人もいるでしょう。しかしどんな状態のアボカドでも、腐っていない限りは対処法があります。ここではアボカドの苦さを防ぐ対処方法を紹介します。

①加熱し過ぎない・生で食べる

関連する記事

×