明治時代の食事内容・回数は?庶民・貴族で違う?再現レシピも紹介!

明治時代の食事内容はどのようなものだったのか知っていますか?江戸時代からの変化はあったのでしょうか?今回は、明治時代の食事内容や回数を〈庶民・貴族やお金持ち〉ごとに再現画像とともに紹介します。明治時代の食事部屋の様子にくわえ、再現レシピも紹介するので参考にしてみてくださいね。

目次

  1. 明治時代の食事の特色は?江戸時代からの変化はあった?
  2. ①肉食が広がり牛鍋などが誕生した
  3. ②西洋文化の影響で和製洋食が始まった
  4. ③家族団らんが取り入れられた
  5. 明治時代の食事内容や回数は?庶民の食べ物の中心は?
  6. 麦飯中心の一汁一菜
  7. 食事回数は1日3食が基本
  8. おやつは庶民には手が届かなかった
  9. 明治時代食事内容や回数は?貴族・お金持ちの食べ物の中心は?
  10. 和製洋食や米など庶民にとっては高価なものを食べていた
  11. 食事回数は1日3食が基本
  12. ビスケットなどお菓子も食べていた
  13. 明治時代の食事するのはどんな部屋だった?
  14. 明治時代に膳から座式の食卓になった
  15. 明治時代の食事の再現レシピ9選
  16. ①明治風の牛鍋
  17. ②明治風カレーライス
  18. ③シナモンシュガーのパンケーキ
  19. ④あんぱん
  20. ⑤明治時代のオムライス
  21. ⑥ビーフコロッケ
  22. ⑦ビーフカツレツ
  23. ⑧ブラウンソースのハヤシライス
  24. ⑨ビーフシチュー
  25. 明治時代の食事を再現してみよう

明治時代の食事の特色は?江戸時代からの変化はあった?

幕藩政治が終わりを告げて迎えた明治時代は、文明開化によって日本が激変した時代でもありました。そして文明開化を受けて生活が変わったのは、貴族だけでなく庶民や農民も同じだったのです。ここでは食事に焦点をおき、江戸時代から明治時代にあった変化を説明します。

①肉食が広がり牛鍋などが誕生した

江戸時代から文明開化を迎えた明治時代の食事における変化の筆頭といえば、肉食が広がり牛鍋などが誕生したことと言えます。実は明治時代を迎えるまで、日本人は肉食を避ける食事をしていました。これは天武4年(675年)に肉食禁止令の詔(みことのり)が発布されて以来、生き物の死骸である肉は不浄のものとの考えが定着していたことによります。

しかし文明開化を掲げた明治政府は欧米文化を積極的に取り入れたため、貴族を中心に西洋風の生活習慣や食事が取り入れられるようになり、肉食が一般的となりました。明治時代には牛肉は高価だったため、日本人はほとんど食べる習慣を持ちませんでした。しかし農耕具の鋤で牛肉を焼いたことがきっかけで作られた牛鍋は、物珍しさもあって大流行したそうです。

②西洋文化の影響で和製洋食が始まった

文明開化によって西洋文化の影響を受け、和製洋食が始まったことも明治時代の食事の大きな変化です。西洋文化を受け入れ洋食が広まる過程で、主食としてパンやパスタも伝えられました。しかし主食は米と考える日本人の食事に対する考えが、覆ることはありませんでした。貴族が洋食の食事をする際に、パンやパスタを付け合わせる程度にとどまったのです。

また洋風の食事はナイフやフォークで食べることを前提として作られれており、箸では食べにくいものも少なくありませんでした。当時の日本では正座で食事をするのが一般的だったので、フォークやナイフが使いにくいという住宅事情もありました。そうした明治時代特有の背景もあり、米に合う味わいで箸でも食べやすい食事メニューとして和製洋食が発展しました。

しかし明治時代初期に洋食を口にできたのは貴族だけで、庶民や農民が西洋風の食事をするようになるまでには時間がかかっています。これは庶民の住環境が西洋化するまでに、時間を要したからです。そうした庶民や農民の食事に変化がみられるのは、明治中期以降といわれています。

③家族団らんが取り入れられた

文明開化を受けて日本人に西洋文化が広まる中で、庶民や農民の食事や生活の中にも家族団らんが取り入れられました。明治時代まではお膳が分かれていたこともあり一家の大黒柱は一品多いなど載る料理に違いがあったり、食事する順番や場所が違ったりすることも珍しくありませんでした。そのため食事の際には会話を楽しむより、黙々と食べる風習があったのです。

しかし明治36年(1903年)に当時の有識者が座卓で食事をすることで、家族で会話する大切さを説き徐々に家族団らんが定着していきます。江戸時代までは男女で食事をする部屋や時間を分ける習慣があったことを考えると、大きな変化といえます。

明治時代の食事内容や回数は?庶民の食べ物の中心は?

出典:https://plaza.rakuten.co.jp/chira/diary/202006290000/

江戸時代を迎えるまでの日本人は、1日2食で生活していました。江戸時代には1日3食と食事回数が増えたものの、明治時代の文明開化以降の貴族と庶民や農民の内容は主食も含めて様々な違いがあります。ここでは明治時代の食事内容について、庶民と農民を中心に説明します。

麦飯中心の一汁一菜

文明開化以降の明治時代においても、庶民や農民の食事は麦飯中心の一汁一菜でした。米は高価だったので貴族しか口にすることができず、庶民の食事はおかずも質素なものでした。当時は電気もなく保温できなかったため、冷めて食べにくくなった麦飯を油揚げに混ぜたりお粥にしたりと食事のたびに様々な工夫を凝らしていたのです。

庶民や農民には質素倹約を美徳とする価値観が根付いていたこともあり、麦飯に野菜や魚を少量つけるのが普通の食事でした。やがて明治時代に欧米から農耕技術が伝わることで米の生産量が安定し、庶民の主食としても食べられるようになっていったそうです。

食事回数は1日3食が基本

明治時代も江戸時代から続く、1日3食の食事回数は続きました。その時間も現代と同じように、朝と正午と夕方と変わりません。しかし文明開化以降も庶民や農民の食事内容は麦飯に味噌汁、漬物などの和食中心のままです。明治時代の食事回数は、肉体労働者であっても変わりませんでした。

麦飯は栄養価を上げる効果はあったものの、庶民や農民は空腹を抑えるために1日の食事で茶碗5~6杯食べるのが一般的でした。そのため冷めた麦飯を夕食として食べる際には、茶粥にすることも多かったといいます。

おやつは庶民には手が届かなかった

明治時代の庶民や農民にとって、おやつは手の届かない贅沢品でした。食事内容が一汁一菜であることを思えば、当然のことです。そのため庶民の子供たちは、いもをおやつ代わりに食べていたようです。明治時代に文明開化を迎えて北海道の開拓が進み、じゃがいもの栽培が盛んになってからは、いももちが庶民や農民のおやつになる習慣ができたとされています。

明治時代食事内容や回数は?貴族・お金持ちの食べ物の中心は?

出典:https://octane.jp/articles/detail/712

明治時代の文明開化によって、貴族の生活は一気に西洋化しました。貴族は西洋料理を食べる機会も多く、そこから和製洋食が発展したことは前述した通りです。ここでは明治時代の貴族を中心とする、お金持ちの食事内容や回数について説明します。

和製洋食や米など庶民にとっては高価なものを食べていた

明治時代の貴族を含むお金持ちは、和製洋食や米など庶民にとっては高価な食事を日常的に食べていました。洋食自体は江戸時代からあり、幕末には横浜や長崎でも食べる人がいたようです。しかし明治天皇が肉食したことをきっかけに、貴族の中で文明開化の象徴と位置付けられるようになったことから一気に広がっていきます。

しかし明治時代はまだ座卓で食事をすることも多く、西洋の食事習慣をそのまま取り入れにくく、箸で食べられる和製洋食が発展していきました。また日本人の主食は米のままだったので、肉を和食の調味料で調理する牛鍋にするなど、独自のメニューが開発されていきました。貴族でも主食をパンやパスタに切り替えることには、抵抗があったのかも知れません。

食事回数は1日3食が基本

明治時代の貴族の食事回数も庶民や農民と同様に、1日3食が基本です。しかし経済的余裕のある貴族などのお金模試は、食事以外におやつを楽しむことができました。明治時代には主食であるパンやパスタとともに西洋菓子も多く伝わり、やがて日本でも作り始めるようになったからです。そのため家庭によっては食事回数が、おやつを含めて1日4食になっていました。

ビスケットなどお菓子も食べていた

明治時代に貴族が食べていた西洋菓子として、以下のものが挙げられます。

・ビスケット
・ワッフル
・ショートケーキ
・シュークリーム
・エクレア
・キャラメル
・パンケーキ
・チョコレート

上記のほとんどは西洋菓子として伝わったものですが、ショートケーキとホットケーキは実は日本でできたものです。ショートケーキはビスケットにクリームといちごをのせた西洋菓子を、アレンジしたものだといわれています。明治時代にはこうした西洋菓子が日常的に食べられるように、食事内容が変化しました。

明治時代の食事するのはどんな部屋だった?

出典:https://twitter.com/yuyan_mtg/status/800703725874515968?s=20

明治時代の文明開化によって、テーブルやイスが伝えられました。しかし明治時代の日本家屋ではそのまま取り入れることは難しく、日本人の食事習慣に合わせて変化していきました。ここでは、明治時代に食事をしていた部屋の様子について説明します。

明治時代に膳から座式の食卓になった

明治後期以降は箱膳ではなく、家族で座卓を囲む食事スタイルが全国に広がっていきます。江戸時代までの日本人は箱膳と呼ばれる30cm四方程度の箱が1人ずつに用意され、そこで食事をしていました。箱膳は個別の箸や食器も収納できるようになっており、家族は揃っても別々なお膳で食事をしていたのです。

しかし西洋様式として認識された家族で座卓を囲む食事風景が、少しずつ日本人に根付いていきます。そして明治時代の庶民の生活の中でも、休日の午後に座卓で家族揃ってお茶を飲む機会も増えていったようです。しかし箱膳ではなく座卓を使う家庭が増えるのは昭和初期であり、家族団らんの食事が庶民や農民に定着するのは、昭和中期といわれています。

明治時代の食事の再現レシピ9選

文明開化に象徴される明治時代に、洋食が日本に伝わりました。現在でも食卓に並ぶメニューは数多くあるものの、作り方は異なるので再現すると今とは違う美味しさに出会えるかもしれません。ここでは牛鍋を中心に、明治時代の味わいを再現しているレシピを9つ紹介します。

①明治風の牛鍋

出典:https://cookpad.com/recipe/5537659

牛鍋をあえて明治風に作ったレシピで、西京味噌と八丁味噌をあわせて仕上げているのがポイントです。薄切りの牛肉と長ネギだけのシンプルな具材を、あえてだしを使わずに煮ることで当時の牛鍋の味に近づけています。牛鍋とすき焼きとを食べ比べてみるのもおすすめです。

明治式牛鍋 by ガルディエリア 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが357万品

②明治風カレーライス

出典:https://recipe.rakuten.co.jp/recipe/1200000632/

日本に伝わった当時のカレーを再現したレシピで、長ネギを使っているのがポイントで主食である米によく合います。生姜とにんにくをバターで炒めて香りをだし、肉と長ネギだけで仕上げます。カレー粉と塩だけで味つけるので、煮込み時間は長い方が美味しいです。

☆歴史ロマン☆日本最初のカレー レシピ・作り方 by YAMAT☆|楽天レシピ

③シナモンシュガーのパンケーキ

出典:https://cookpad.com/recipe/3147789

明治時代の味に近づけるため、シナモンパウダーを使ったパンケーキです。パンケーキが伝わった当時のレシピでは、白砂糖ではなくシナモンシュガーが使われていました。このレシピでは明治風に仕上げるためにシナモンパウダーを使い、香りを演出しています。

シナモンシュガー・パンケーキ by 栗丸うさぎ 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが357万品

④あんぱん

出典:https://cookpad.com/recipe/238514

明治時代に日本で発祥した和製パンであるあんぱんと同様に、強力粉を使うレシピです。このレシピでは白砂糖を使っていますが、きび砂糖に変えると当時の味わいにより近づきます。つぶあんでもこしあんでも美味しいので、好みで選びましょう。

基本のあんぱん by みんりん 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが357万品

⑤明治時代のオムライス

出典:https://cookpad.com/recipe/6629543

日本にオムライスが伝わった時には今のように卵で包むのではなく、チキンライスを作ってから溶いた卵とあわせ、温めたフライパンで成形していました。ケチャップを使わない味わいが、明治時代を思わせてくれるオムライスです。ご飯もののため主食になり、またこれ一品だけでも十分成り立つメニューです。

明治の元祖オムライス 混ぜ焼きオムライス by Cookオジー 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが357万品

⑥ビーフコロッケ

出典:https://recipe.rakuten.co.jp/recipe/1050000377/

明治時代に青森県むつ市大湊の海軍で誕生したのが、牛肉とじゃがいもだけで作る海軍コロッケです。座卓での食事でも箸で切りやすく、米にも合うと人気でした。このレシピでは牛乳を加えることで、食感が軟らかくなっています。シンプルですが、牛肉の旨味が存分に感じられます。

簡単 じゃがトロッ♪コロッケ♪ めちゃ美味! レシピ・作り方 by suzu.m.rakuten|楽天レシピ

⑦ビーフカツレツ

出典:https://recipe.rakuten.co.jp/recipe/1240008679/

明治時代には肉を1枚ずつソテーしてからオーブンに入れて、カツレツを作っていました。その手間を省くために考案されたのが主食である米にも合い、現代の和製とんかつにつながるカツレツです。明治風のビーフカツレツは、大量のキャベツと付け合わせるのがポイントです。

ビーフカツレツ レシピ・作り方 by tententen48|楽天レシピ

⑧ブラウンソースのハヤシライス

出典:https://recipe.rakuten.co.jp/recipe/1560009763/

カレーライスより歴史が古いとされるハヤシライスのレシピで、ブラウンソースを使ったレシピです。主食である米を楽しめる和製洋食の1つです。日本にデミグラスソースが伝わったのは明治30年とされ、発案当初の和製ハヤシライスには味噌や醤油が使われていたようです。

本格的!ハヤシライス レシピ・作り方 by isao_lucas|楽天レシピ

⑨ビーフシチュー

出典:https://cookpad.com/recipe/1326225

明治時代のシチューといえば、牛肉をブラウンソースで煮込んだものでした。当時は牛肉と野菜をブイヨンで煮込んで作ったブラウンソースで、食べるための肉と野菜を再び煮て仕上げていたようです。具材をゴロゴロにすると明治時代風に近づき、主食である米にも合います。

★ブラウンソースで作るビーフシチュー★ by ちゃーまま 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが357万品

明治時代の食事を再現してみよう

今回は明治時代の食事内容や回数を庶民並びに貴族やお金持ごとに、再現画像とともに紹介しました。明治時代には現在につながる食事風景やメニューが多く登場しているものの、さらに進化しています。いつものメニューを明治時代のレシピで作りその味わいを楽しみながら、当時の生活を思い返してみてはいかがでしょうか。

関連する記事