炭酸が抜けない方法は?保存・注ぎ方のコツや便利グッズを紹介!

炭酸が抜けない方法を知っていますか?缶やペットボトルの炭酸を抜けにくくしたいですよね。今回は、炭酸が抜けない保存方法や炭酸が抜けないように注ぐ方法を紹介します。炭酸が早く抜けてしまうNG行動や炭酸が抜けない便利グッズも紹介するので参考にしてみてくださいね。

目次

  1. 炭酸が抜けないようにしたい…なにか方法はある?
  2. そもそも炭酸が抜ける理由って?
  3. 炭酸が抜けない保存方法
  4. ①栓をしっかりと閉める
  5. ②冷蔵庫などでしっかりと冷やす
  6. ③ペットボトルや缶は立てて保存する
  7. ④空気をなるべく抜く
  8. ⑤逆さまにして保存する
  9. ⑥大容量のペットボトルは小分けにする
  10. ⑦スプーンの柄の部分を容器の口に差し込む
  11. 炭酸が抜けないように注ぐ方法
  12. ①グラスを冷やしておく
  13. ②氷を水で洗っておく
  14. ③グラスを傾けて注ぐ
  15. ④グラスを綺麗に磨いておく
  16. ⑤ペットボトルなど炭酸飲料はあまり傾けない
  17. 炭酸が抜けない便利グッズを使うのもあり!
  18. ①貝印KAI炭酸ペットボトルキャップDaily Plus DH2706
  19. ②佐藤金属興業SALUSソーダキャップ
  20. 炭酸が抜けた炭酸飲料はどうする?捨てる?
  21. 炭酸が抜けないようにしよう!

炭酸が抜けないようにしたい…なにか方法はある?

ビールやシャンパン、コーラなど炭酸飲料のボトルを開けてグラスに注ぐ時、あるいは飲みかけを保存する時、できるだけ炭酸が抜けないようにしたいものです。そのためには、どんな方法があるでしょうか。

そもそも炭酸が抜ける理由って?

炭酸が抜ける理由が分かれば、それを防ぐことで炭酸が抜けずにおいしさを長持ちさせる方法が分かります。炭酸飲料とは、冷水に高圧力をかけて二酸化炭素を溶かして作った炭酸水に甘味料などを加えたものです。二酸化炭素が水に溶けている状態を維持するために、瓶や缶の容器は完全密封されています。

容器が密封状態から開け放たれて圧力が低くなると、炭酸ガスは一気に放出します。振動や衝撃を加えられたり、温度が上昇した場合も水中に溶けた二酸化炭素はガスとなって抜け出ます。コーラなどの炭酸飲料の容器を振ってからキャップを開けた時、飲料が噴き出る現象でおなじみです。炭酸飲料をグラスに注ぐ時、氷を入れた時など、泡が立つことでも分かります。

炭酸が抜けない保存方法

炭酸飲料は密封された容器の栓が抜かれた瞬間から水中の二酸化炭素がガスとなって放出され続けます。放置したままの炭酸が抜けた炭酸飲料には、本来のおいしさがありません。ここでは炭酸が抜けない保存方法について紹介します。

①栓をしっかりと閉める

炭酸飲料を保存する上で重要なことは密封状態を維持することです。瓶であればコルク栓を、ペットボトルであればキャップをしっかりと閉めましょう。缶であれば、炭酸を一旦グラスに入れてラップで二重に密封し、輪ゴムで止めると効果的です。簡単な方法で非常に基本的ながら、一番効果があります。

②冷蔵庫などでしっかりと冷やす

温度も炭酸飲料の保存には重要な要素の一つです。水温が低いほど二酸化炭素は水に溶けやすく、水温が高くなると溶けにくくなる性質があります。温度が高くなると溶けている二酸化炭素の分子運動が激しくなり、水から飛び出してくるからです。炭酸飲料は冷蔵庫などでしっかりと冷やして保存すれば、炭酸は抜けにくく、おいしさが長持ちします。

③ペットボトルや缶は立てて保存する

飲みかけのペットボトルや缶は立てて保存することが基本です。立てている時と横に倒しておく時とでは、液体と空気の容量に変わりはありませんが、液体と空気が接する面の大きさが違います。空気と接した部分から水中の二酸化炭素がガスとなって放出されるので、容器を立てておいた方が液体と空気が接する面が小さく、炭酸の抜けも少なく抑えられます。

④空気をなるべく抜く

炭酸飲料が空気に触れると水に溶けている二酸化炭素が放出されるので、空気を容器からなるべく抜くことが重要です。飲みかけのペットボトルは出来るだけつぶして空気を抜いて、きつくキャップをし密封しましょう。

しかし、ペットボトルをつぶして手でキャップを閉めただけでは完全な密封状態を作ることは出来ずに、結果的に炭酸が抜ける量が増えて逆効果になる場合もあります。あまり効果的な方法とは言えないかもしれません。

⑤逆さまにして保存する

飲みかけの炭酸飲料のペットボトルは逆さまにして保存しましょう。ペットボトルを逆さまして、液体が栓を塞ぐ格好にすることがポイントです。どんなにしっかりと栓を閉めても完璧な密封状態を作ることは出来ませんが、これにより栓の隙間からガスが抜けることを防げます。

⑥大容量のペットボトルは小分けにする

大容量のペットボトルで飲みかけとなった場合は、小さめのものに小分けして保存しましょう。大容量のペットボトルは容器の容量が大きい分、空気と液体が触れる面積が大きいです。従い、小さめのペットボトルに小分けに入れ替えることで、炭酸の抜けを少なく抑える効果があります。入れ替えの時に炭酸に振動や刺激を与えないよう注意することも重要です。

⑦スプーンの柄の部分を容器の口に差し込む

出典:https://twitter.com/how2girl/status/435642633692512256

フランスではシャンパンの飲みかけのボトルにスプーンの柄を差し込んで保存することがあります。そうすると炭酸が抜けずに長持ちすると言われています。スプーンの柄がラジエーターの働きをしコールドプラグになることでボトル内の空気が冷え、栓がなくても炭酸が逃げない仕組みです。

ただ残念ながら科学的根拠に欠け、冷蔵庫で保存することで炭酸が抜けないとの実験報告があります。ロマンチストでありながら実用主義的なフランス人が、飲みかけのシャンパンのおいしさが長持ちするように編み出した方法と言えそうです。

炭酸が抜けないように注ぐ方法

炭酸飲料を炭酸が抜けないように保存するだけでなく、炭酸が抜けないようにグラスに注ぐ方法があるので、ここで5つ紹介します。

①グラスを冷やしておく

炭酸飲料を注ぐグラスは、あらかじめしっかりと冷やしておきましょう。冷えた炭酸飲料を注ぐグラスも同じように冷えていることで、炭酸飲料とグラスの温度差を少なくすることがポイントです。温度差により炭酸が抜けてしまうことを防ぐようにします。

②氷を水で洗っておく

炭酸飲料に氷を入れる場合は、氷をグラスに入れる前に一度水で洗いましょう。水に溶けた二酸化炭素は衝撃によりガスとなって放出される傾向があります。氷は霜がついていたり、角張っていたりと表面は意外に粗いものです。氷を一度水で洗うことで表面をなめらかにし、炭酸飲料を注いだ時の衝撃を抑えます。

③グラスを傾けて注ぐ

炭酸飲料をグラスに注ぐ時には、グラスを傾けて炭酸飲料がグラスの内側を静かに伝うようにしましょう。勢いよく注ぐとグラスにはねたり、氷にぶつかった衝撃で炭酸はガスとなり一気に抜けていきます。見た目の優雅さも意識し、丁寧にゆっくりとグラスに注いでみてください。

④グラスを綺麗に磨いておく

炭酸飲料を注ぐグラスは、あらかじめ綺麗に磨いておきましょう。グラスに注いだ時の衝撃が少ない程、炭酸の抜けを防ぐことができます。グラスの中で優雅に立ち上がる泡を楽しむシャンパンは、泡を効果的に演出するために逆にグラスの底に細工がされている程です。

⑤ペットボトルなど炭酸飲料はあまり傾けない

炭酸飲料を注ぐ時、ペットボトルや瓶はあまり傾けないで注ぐようにしましょう。大量の炭酸が容器から放出され、その勢いで炭酸ガスが発生することを防ぐためです。注ぎ口を液体でふさがないようにすることがポイントとなります。

炭酸が抜けない便利グッズを使うのもあり!

飲みかけの炭酸飲料の炭酸が抜けないように、しっかりとおいしさを長持ちさせる便利グッズがあるので、ここではそのうちの2つを紹介します。

①貝印KAI炭酸ペットボトルキャップDaily Plus DH2706


*購入サイト|楽天市場*
貝印 KAI 炭酸 ペットボトル キャップ Daily Plus

炭酸飲料のペットボトルのキャップと交換して使う、筒状のおいしさ長持ちキャップです。外側がキャップ、内側がピストン用のポンプとなる二重構造になっています。ポンプを上下に往復させて、容器の中に空気を送り込み加圧するのです。外側の筒の先端にはゴム製の逆止弁があり、注入した空気が抜けない仕組みになっています。

②佐藤金属興業SALUSソーダキャップ


*購入サイト|楽天市場*
佐藤金属興業 SALUS ソーダキャップ ピンク

炭酸飲料のペットボトルのキャップと交換して使う、コンパクトなおいしさ長持ちキャップです。キャップの突出した上部がポンプになっていて、これを押してボトル内を加圧します。容器内の空気の圧力で炭酸飲料の炭酸が抜けない仕組みです。キャップはダイヤル式で加圧した日にセットしておくと、何日間保存しているのか分かります。

炭酸が抜けた炭酸飲料はどうする?捨てる?

炭酸が抜けずに、おいしさが長持ちするよう工夫しても、炭酸飲料は一度開封し一定の時間が経つとどうしてもガスとなって抜けてしまうものです。炭酸が抜けた炭酸飲料は捨てる以外に使い道はあるでしょうか。

【活用法】
・花瓶の水として使う
・煮込み料理に使う
・天ぷら料理に使う
・窓・ガラス拭きに使う
・水回りの掃除に使う
・洗濯に使う


炭酸ガスが抜けた炭酸飲料は砂糖水の状態なので、花の栄養分として花瓶の水に利用でき、花は長持ちします。天ぷら粉をガスが抜けた炭酸飲料で溶いて揚げると、食感が非常に軽い衣に仕上がるので、料理の裏技として試してみてください。

コーラにはクエン酸が含まれており、ガスが抜けたコーラを煮込み料理に使い肉を軟らかくしたり、水回りの掃除に利用すると汚れが分解し落ちやすくなります。無糖の炭酸飲料の場合は、スプレーに入れて窓やガラス磨きに利用したり、汚れがひどい衣類の漬け置き洗いの洗剤替わりに利用できます。

炭酸が抜けないようにしよう!

暑い日に冷えた炭酸飲料は、何ものにもかえがたいおいしさです。紹介した炭酸が抜けない便利グッズを利用したり、炭酸が抜けないでおいしさが長持ちする方法をぜひ試して、最後まで炭酸飲料を楽しんでください。それでも炭酸が抜けきってしまったら、料理、掃除、洗濯などで上手に利用しましょう。

関連する記事