黄色い果物10種類を一覧で!味わい・旬など特徴や活用レシピも紹介!

黄色い果物・フルーツといえば何があるか知っていますか?今回は、黄色い果物の種類10選を一覧で〈旬・名産国・値段〉など比較して紹介します。含まれている栄養素などを知り様々な果物を味わってみましょう。黄色い果物を使ったレシピも紹介するので参考にしてみてくださいね。

目次

  1. 黄色い果物といえば?何がある?
  2. 黄色い果物の種類10選を一覧で!
  3. ①バナナ
  4. ②レモン
  5. ③パイナップル
  6. ④黄桃
  7. ⑤クリームスイカ
  8. ⑥ゴールデンキウイフルーツ
  9. ⑦さくらんぼ(月山錦)
  10. ⑧柚子
  11. ⑨カニステル
  12. ⑩スターフルーツ
  13. 黄色い果物を使ったスイーツレシピ
  14. ①バナナのシフォンケーキ
  15. ②黄桃のタルト
  16. ③柚子のゼリー
  17. 黄色い果物を使ってみよう

黄色い果物といえば?何がある?

果物には赤や黄色、オレンジ、緑など様々な色があり、中でも黄色の果物の種類が多いです。色々な種類の黄色い果物を知って、栄養素が豊富な果物をたくさん食べてみましょう。ここでは有名な黄色い果物や、あまり知られていない黄色い果物を紹介します。

黄色い果物の種類10選を一覧で!

黄色い果物は外側や中身が全て黄色のものや、外側は黄色以外の色で中身は黄色のものなだ様々な種類が存在します。ここでは黄色い果物10種類の名産国や旬の時期、値段や栄養素を紹介します。

①バナナ

・名産国:フィリピン
・旬:5月下旬〜10月
・値段(100gあたり):30円前後
・主な栄養素:エネルギー、カリウム、ポリフェノール、食物繊維など

バナナは熟していない時は緑色ですが、熟すと黄色や茶色に変化していく果物です。熟していない時は固く癖のある味わいですが、熟すととろけるような甘い味わいに変化します。そのまま食べたり、ドリンクやスイーツなどに調理しても美味しく食べることができます。

バナナには活力となるエネルギーや、疲労回復効果があるポリフェノールなど豊富な栄養素が含まれているので、朝食や運動前後に食べるのがおすすめです。

②レモン

・名産国:インド
・旬:冬
・値段(100gあたり):130円前後
・主な栄養素:ビタミンC、クエン酸、ポリフェノールなど

レモンは皮も実も黄色い果物で、酸味が強い味わいなのでそのまま食べるのではなく、水やサイダーに入れたり、揚げ物やソテーなど料理の付け合わせにして食べるのがおすすめです。レモンには疲労回復効果のあるクエン酸や、生活習慣病を予防するポリフェノール、さらに美肌効果があるビタミンCも含まれているため、女性の方には毎日でも食べてほしい果物です。

③パイナップル

・名産国:コスタリカ
・旬:4月下旬〜8月初旬
・値段(100gあたり):–
・主な栄養素:ビタミンB1、ビタミンC、食物繊維など

パイナップルは緑とオレンジの分厚い皮で覆われていますが、中の実は黄色い果物です。味わいは酸っぱいものから甘いものまで様々で、もし酸っぱいパイナップルに当たってしまったら、砂糖漬けにしておくと美味しく食べることができます。

パイナップルには疲労を回復してくれるビタミンB1や、腸内環境を整えてくれる食物繊維などが含まれています。栄養が豊富だからといって食べ過ぎてしまうと肥満の原因となってしまうので、量を決めて食べるようにしましょう。

④黄桃

・名産国:山形県
・旬:8月下旬〜10月上旬
・値段(100gあたり):–
・主な栄養素:カリウム、食物繊維など

黄桃とは皮も実も黄色い桃のことで、普段食べている白桃とは違う品種の桃です。実は硬いため主に缶詰などに加工されることが多いですが、近年では生食用の黄桃も増えてきており、果汁がたっぷりの濃厚な味わいが人気を博しています。

黄桃には整腸作用や血糖値を抑える働きがある食物繊維や、血圧を調整する働きがあるカリウムが含まれているため毎日でも食べたい果物の一つです。しかし桃の主成分はフルクトースという単糖類の一種で、食べ過ぎてしまうと、中性脂肪の増大や肥満につながってしまうため気を付けましょう。

(*黄桃について詳しく知りたい方はこちらの記事を読んでみてください。)

黄桃とは?白桃と違いは?味わい・食べ頃や美味しい食べ方・レシピを紹介!

⑤クリームスイカ

・名産国:千葉県成田市
・旬:5月初旬〜6月初旬
・値段(100gあたり):-
・主な栄養素:キサントフィルなど


スイカの実は赤色のものがメジャーになっていますが、元々は白や黄色で甘くなるように品種改良をした結果、赤いスイカができたという歴史があります。黄色いスイカはクリームスイカと呼ばれていて、古くから栽培している千葉県成田市が生産量全国1位です。

赤いスイカにはリコピンなどの栄養素が含まれていますが、黄色いクリームスイカにはキサントフィルという栄養素が含まれており、がんなどの生活習慣病の予防、目の疲労回復効果があると言われています。

⑥ゴールデンキウイフルーツ

・名産国:中国
・旬:4月末〜10月中旬
・値段(100gあたり):100円前後
・主な栄養素:ビタミンC、ビタミンE、カリウムなど

ゴールデンキウイはグリーンキウイと違い酸っぱさが無く、甘い味わいのため子供から大人まで人気の果物です。ゴールデンキウイにはビタミンCやビタミンEなど様々な栄養素がバランスよく含まれています。キウイ自体は小さいですが、含まれている栄養素が他の果物と比べると倍以上のため、食べる量が少なくでも栄養素はたくさん摂りたい人におすすめの果物です。

(*ゴールデンキウイ について詳しく知りたい方はこちらの記事を読んでみてください。)

ゴールデンキウイとグリーンキウイの違いは?栄養・色・カロリーなどを比較して紹介!

⑦さくらんぼ(月山錦)

・名産国:山形県
・旬:6月下旬〜7月中旬
・値段(100gあたり):–
・主な栄養素:B-カロテン、葉酸、ビタミンC、アントシアニンなど


黄色いさくらんぼは月山錦という品種で、さくらんぼの女王と呼ばれている希少価値の高い幻の果物です。酸味のない甘い味わいのなので女性を中心に人気ですが、育てることが難しく市場に出回らず、出まわっとしてもかなり高額で主に贈答用で販売されるようです。

さくらんぼにはがんなどを予防するB-カロテンや、貧血を予防する葉酸などが含まれています。月山錦は入手するのが困難なため、同じ栄養素が含まれている赤色のさくらんぼで病気を予防しましょう。

⑧柚子

・名産国:高知県
・旬:11月〜12月
・値段(100gあたり):–
・主な栄養素:ビタミンC、ミネラル、有機酸など

柚子は皮も実も黄色い果物で、よくお風呂などに浮かべる柚子風呂などが有名です。酸味が強い味わいで、果汁を使い調味料にしたり、果皮を刻んで風味付けにするのがおすすめです。柚子にはビタミンCやミネラルなどの栄養素が豊富で、中でも果皮には果汁の4倍ものビタミンCが含まれているので、皮も実も余すことなく食べるようにしましょう。

⑨カニステル

・名産国:メキシコ
・旬:1月〜4月
・値段(100gあたり):–
・主な栄養素:B-カロチン、ナイアシン、ビタミンCなど


カニステルは日本では沖縄でしか生産しておらず、あまり有名ではない果物です。黄色い皮の中には同じような色の実が入っていて、果物特有の水々しい味わいはなく、お芋やカボチャと似た味わいになっています。

カニステルには皮膚や視力を保護してくれるB-カロテンや、タンパク質の代謝や神経症を防止してくれるナイアシンなどの栄養素が豊富に含まれているため、今ヘルシーフードとして注目されています。

⑩スターフルーツ

・名産国:東南アジア
・旬:9月〜11月、1月〜3月
・値段(100gあたり):600円前後
・主な栄養素:ビタミンC、カリウム、食物繊維など

スターフルーツは緑の皮を切って、残った星型の黄色い部分を食べる果物です。90%以上が水分のため水々しく甘酸っぱい味わいで、そのまま食べても美味しいですが、切ってサラダなどにすると食卓が華やかになります。

スターフルーツには鉄の吸収を助けるビタミンCや、むくみを防止するカリウムなどが含まれています。他にも含まれている食物繊維は腸内環境を整えるだけでなく改善してくれる働きもあるため、お腹の調子が良くない方におすすめの果物です。

(*スターフルーツについて詳しく知りたい方はこちらの記事を読んでみてください。)

スターフルーツの味わいとは?まずい?美味しい食べ方やレシピのおすすめも紹介!

黄色い果物を使ったスイーツレシピ

続いて黄色い果物を使ったスイーツレシピを紹介します。そのまま食べるだけも美味しいですが、果物の甘味や酸味を活かしたスイーツにすることで、さらに美味しく食べることができます。

①バナナのシフォンケーキ

出典:https://cookpad.com/recipe/6956965

エネルギーやポリフェノールが豊富なバナナを使ったシフォンケーキのレシピです。バナナは熟したものを使うことで、砂糖を使わず作ることができるので、多少食べ過ぎても安心です。軽やかな口当たりとバナナの風味はたまらないシフォンケーキ、ぜひ作ってみて下さい。

たっぷりバナナのシフォンケーキ by いっちゃんキッチン☆ 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが359万品

②黄桃のタルト

出典:https://cookpad.com/recipe/5765580

黄桃を贅沢に使用したタルトのレシピです。高見えなタルトですがタルトは既に焼いてあるものを使っているので、作るのはカスタードだけというとても簡単なレシピです。カスタードには砂糖が、さらに黄桃も糖質が多く含まれているため、一日一切れなど量を決めて食べましょう。

焼かない黄桃のタルト by blue・moon 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが359万品

③柚子のゼリー

出典:https://cookpad.com/recipe/4278493

ゆずを丸ごと使用した柚ゼリーのレシピです。作り方は簡単で柚の中身をくり抜き、その中に材料を入れて固めるだけでできる見た目も可愛いゼリーです。甘い味が好きな方は砂糖の量を増やしたり、お好みでハチミツを入れたりと自分好みの味付けで作ることができます。

柚子ゼリー by あゆにゃ♡ 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが359万品

黄色い果物を使ってみよう

黄色い果物はビタミンCやカリウム、食物繊維など重要な栄養素がたくさん含まれています。健康に良いものは食べ辛いものが多いですが、果物は甘味もあり食べやすため手軽に栄養を取ることができます。今回紹介した黄色い果物の栄養素やレシピを参考にして、黄色い果物を美味しく食べましょう。

関連する記事